あなたは10代からスキンケアを始めていますか。10代の肌はたとえ何のケアをしなくても、自然のままで肌にツヤがあり、キメが整っていて美しく健康的な肌をしていると思います。

よってスキンケアを意識し始めるのは20代からの方が大半ではないでしょうか。もちろん20代の肌も若く美しいのですが、すでに老化は始まっています。肌の水分量が減って乾燥しやすくなったり、日々の紫外線やメイクなどのダメージの積み重ねによって肌の奥では少しずつ変化がみられたりしています。

少しでも早くダメージを修復して老化を遅らせることで、将来の肌の美しさは大きく変わってきます。特に、いつまでもシミのない白くて健康的な肌をキープするためには20代からのケアが大切です。

しかし、いきなり大そうな美白スキンケア化粧品を購入して徹底的に美白ケアをする必要はありません。20代はシミを消すことよりもシミをつくらせないことを意識するようにすることが大切です。

20代という年齢に合わせた美白方法を取り入れていきましょう。

20代は保湿と紫外線対策の徹底を!

20代はキレイの習慣を身につける時期です。メイク法、スキンケア方法など自分に合ったやり方をトライして見つけていく時期ではないでしょうか。

美肌の基本は「保湿と紫外線対策」です。この2つを軽視して、いくら美白ケアやシワやほうれい線対策といったアンチエイジングケアを行っても残念ながら意味がありません。

逆にいえば、保湿と紫外線対策さえ徹底していれば、特別なケアやお金をかけなくても肌を美しくキープできます。

20代は活動的に動くことが多いため、紫外線を浴びる量が多い年代でもあります。20代で浴びた紫外線量が将来の肌のシミの量を左右するといっても過言ではありません。

よって20代では美肌の基本、「保湿と紫外線対策」を徹底的におさえるようにしましょう。10代ではあまり意識していなかった、肌を保湿する習慣と日中は日焼け止めを塗る習慣を徹底的に身につけましょう。

20代の美白スキンケアとは?

20代前半からスキンケアにお金を特別かける必要はありません。特に20代前半であれば、美白スキンケアを用いる必要もありません。

なぜなら20代前半までは肌の再生能力が高いため、特別なケアを行わなくても美肌を保つことができるからです。ドラッグストアなどで販売されている保湿を重視した化粧水・乳液・クリームを用いるようにしましょう。

肌をしっかり保湿しておくことで、紫外線のダメージを受けにくい肌にすることができます。

そして20代後半からは、お金に余裕がでてくること、10代20代で浴びた紫外線量によってはシミが目立ち始めることもあるので、美白スキンケアを使った美白ケアをスタートしてみましょう。

予算に合わせて、デパート・ネット通販・ドラッグストアなどさまざまなチャネルのスキンケアブランドを試してみるのもスキンケアを楽しむ方法のひとつです。

20代で習慣づけてはいけないこと

一度習慣づいたクセはなかなか直らないものです。間違ったスキンケアを10代・20代で覚えてしまうと大変です。

20代の女性はメイクに力が入る年齢でもあります。社会人になると「それまで全く化粧をしたことがなかった」という人でもビジネスメイクを毎日しなければなりません。

人にもよりますが20代は比較的バッチリメイクをする方が多いのではないでしょうか。濃い色のアイシャドウ、ウォータープルーフ(撥水性)のマスカラやアイライナーをひいて、オシャレを楽しむ女性が多いと思います。

メイク力を高めて魅力的な女性を目指すのは女性の特権ですが、習慣づけてはならないことが2つあります。それは、「肌に摩擦をかけないこと」「メイクをしたまま寝ない」ということです。

肌に摩擦をかけない

メイクのときの摩擦やクレンジングのときの摩擦によって肌が刺激を受けると、シミをつくる細胞が反応してメラニン(シミの元になる色素)を生成してしまいます。

よって紫外線対策を徹底していても、メイクブラシで肌を強くこすったり、クレンジングでゴシゴシ摩擦をかけたりする行為を与えているとシミが生成します。

特に皮膚の中でも目の周りの皮膚は薄いのでアイメイク、アイメイクのクレンジングは気をつけなければなりません。

美白を目指すのであれば、メイクのときもスキンケアのときも肌には余計な力をかけず、優しく触れるように習慣づけましょう。

メイクをしたまま寝ない

メイクは肌にいいものではありません。「ミネラルファンデーション」や「オーガニックコスメ」「保湿力のあるコスメ」などが販売されていますが、メイク自体にスキンケア効果はなく、むしろ肌には悪いものです。

「肌にやさしいコスメを使っているからそのまま寝ても大丈夫」とメイクをとらずに寝てしまうと、メイクの成分が酸化されて老化の原因物質をつくりだしてしまいます。

また、メイクをしたまま寝ると顔ダニが肌の上で繁殖し、肌に炎症をもたらします。炎症が慢性化(長期に渡り続く)すると、前述した刺激によってつくられるシミを生成してしまいます。

つまり、「メイクをしたまま寝ると顔が老ける」ということです。一回だけでも肌には大きな負担となってしまうのでメイクをした日はかならずきれいにクレンジングして、スキンケアを行ってから就寝するようにしましょう。

20代が徹底すべき紫外線対策とは?

紫外線対策では、日焼け止めを塗る習慣を身につけることが大切です。家の中にいるときでも紫外線は窓を通過して入り込んできます。シーンに合わせて紫外線防御効果の弱いもの・中間のもの・強いものを用意するようにしましょう。

紫外線防御の強さをあらわす指標にはSPFとPAの2種類があります。SPFは紫外線の一種UVBを防ぐ度合いを、PAは紫外線の一種UVAを防ぐ度合いをあらわしています。

日焼け止め効果の強いものはSPFとPA値の両方が高いものを示します。日焼け止めを選ぶときはこの二つの指標のバランスを見て選ぶようにしましょう。

そして日焼け止め効果の弱いものは家の中や少し外出するときに、中間のものは日常使いに、強いものはレジャー時にという様に3種類常備しておくことをおすすめします。

特に、レジャーなどで1日中強い紫外線を浴びる可能性がある日はウォータープルーフタイプの強い日焼け止めを重ねづけするようにしましょう。日焼け止めは一度塗りではあまり効果がないといわれています。

なぜなら化粧品メーカーが日焼け止めの効果を測定する場合、何度も重ね塗りした状態で測定しているからです。

つまり、日焼け止め本来の効果を得ようと思うのであれば、最低2度塗りは必要です。このひと手間をかけるだけで、防御できる紫外線量が大きくかわってきます。そして、こまめに塗り直すことも大切です。

真夏はもちろん、冬も家にいる日も日焼け止めは毎日塗ることが基本です。

まとめ

20代のうちに正しいスキンケア方法を身につけておくことは将来のためにも非常に大切です。美肌の基本である「保湿と紫外線対策」を徹底して、プラスアルファとして余裕があるのであれば美白化粧品を用いた美白ケアも始めてみましょう。

そして「肌をゴシゴシこする」「メイクをしたまま眠る」といった間違った習慣を身につけないようにすることも大切です。

20代は、「シミを消す」ことよりも「シミをつくらせない」ということに重点を置いた美白ケアを行いましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。