30代は仕事に育児にと人生の中で最も忙しい年代ではないでしょうか。時間に追われてスキンケアを後回しにする女性も多いと思います。

しかし、30代は肌の老化が少しずつ表面にあらわれる時期です。いきなり肌に大きなシミがあらわれたり、シワやほうれい線が目立ち始めたりすることもあります。

忙しい女性の中には、じっくり鏡を見る時間すらなく「気づいたら顔中がシミだらけに」ということもありえます。手遅れにならないためにも、忙しい中で効率よくできる美白ケアを紹介します。

忙しい30代は時短で効率よく美白対策を!

忙しい30代には時短でできる美白対策をおすすめします。美白の基本である紫外線対策と美白スキンケアにわけてみていきましょう。

時短でできる紫外線対策

朝の身支度になかなか時間をとることができない女性も多いのではないでしょうか。「子どもの送り迎えだけだから」といって日焼け止めを塗らずに外出すると、たとえ数分間であっても肌は紫外線にさらされます。

特に車の運転の場合、直射日光を避けたり、人目を気にしないでいられたりするため、油断しがちです。しかし、車内であっても紫外線UVAは簡単に通過していきます。

UVAはシミの原因につながるだけではなく、肌の奥のコラーゲン(肌の弾力をキープしている)を破壊し、肌のたるみや深いシワをつくりだします。

よって少しの外出、車での移動であっても必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

日焼け止めは、スプレータイプやポンプタイプのものを使うと塗る時間を短縮できます。日焼け止めは一度塗りでは効果が弱く、二度塗りすることが理想です。

また、日焼け止めが1本だけだと塗り忘れてしまったときや、どうしても時間がないときに塗ることができません。従って移動中でも塗布できるよう、かばんや車内にこれらのアイテムを常備しておくようにしましょう。

さらに帽子や日傘、アームカバーやサングラスを併用することでより紫外線を防ぐことができます。特に腕や手などの紫外線対策はおろそかになってしまいがちですが、何も対策しないでいると40代・50代になってシミがあらわれてきます。

簡単に装着可能なアームカバーを持ち歩くことをおすすめします。

また、車の窓にUVカットフィルムを貼るのも効果的です。ただし、UVカットフィルムを貼ったからといって日焼け止めを塗らなくてもいいわけではありません。完全に紫外線の吸収を避けたいのであれば、できる限りの対策を行いましょう。

時短でできる美白ケア

シミが目立ち始める30代の美白スキンケアは、3ステップ(化粧水・乳液・クリーム)にプラスして美容液やパックなども取り入れることが理想です。

しかし、時間やお金に余裕がないという方は美白オールインワンゲル(化粧水・乳液・クリーム・美容液・パックがひとつになった商品)を用いましょう。

また部分的にシミが気になる方は、美白オールインワンゲルにプラスして「スポット美白」とよばれるアイテムを併用しましょう。

スポット美白とは顔全体に塗るものではなく、大きなシミやシミがうっすら見えてきているポイントに部分的に集中して塗る美白用品です。

美白成分が凝縮されて配合されているため高い効果が期待できます。ただし、肌全体のトーンアップにはつながりません。

30代におすすめの美白スペシャルケア

さらに30代の美白特別ケアとして、おすすめのアイテムはピーリングです。私たちの肌は30代に入ると急激に肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)が低下します。

よって10代・20代のころは何もしなくてもなめらかだった肌が、ゴツゴツしてきたりして肌の感触がかわってきます。

古い肌細胞がきちんと剥がれ落ちないと新しい細胞が生まれず、シミが留まったり、肌がくすんだりしてしまいます。肌の再生がきちんと機能していないとスキンケア効果も表れません。

ピーリングは肌の表面の古い細胞を剥がし、肌の生まれ変わりを助ける役割を果たします。ピーリングを行うことで肌のくすみがとれ、美白効果も期待できます。

ピーリング剤にはさまざまな種類や剤形が存在します。スクラブ等で物理的にこするもの、酸の力をかりて古い細胞をやさしく溶かすものなどがあります。

おすすめは、ピーリング効果のある「ふきとり化粧水あるいは乳液」か「洗顔」です。

ふきとりタイプのピーリングは洗顔後、コットンに化粧水あるいは乳液をとって肌をやさしく拭いていきます。その後はいつものスキンケアを実施します。

ピーリング効果のある洗顔にはスクラブ剤が含まれており、泡でやさしく包みながら古い細胞を剥がします。普段の洗顔かわりに使用します。

どちらのアイテムも使用後は肌がなめらかになり、スッキリと感じることができます。これがクセになって毎日使いたくなる方もいらっしゃるかもしれませんが、ピーリングという行為自体肌に負担をかけてしまいます。

従って、週に1回あるいは2週間に1回程度のペースを守るようにしましょう。

またピーリングの際は、あまり力を入れ過ぎないように気をつけてください。ピーリングで肌を傷つけてしまうと、シミをつくる原因につながってしまいます。

ピーリングはむしろ毎日行ってはいけないケアなので、忙しい30代の女性にとっては、まさにライフスタイルに合った美白ケアといえます。

ここでは時短の美白アイテムを中心に紹介しましたが、時間とお金に余裕のある30代の方は徹底した紫外線対策・美白ケアを行ってください。

例外!妊娠中は徹底した美白対策が必要!

ここでは時間を極力かけずに効率よく美白する方法を述べてきましたが、ひとつだけ例外があります。

それは「妊娠中の女性」です。

シミができる原因として日常生活の影響もありますが、実は妊娠中は非常にシミができやすい状態になっています。

妊娠中は女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの分泌量が大幅に増加するからです。プロゲステロンは妊娠の維持に欠かせません。

プロゲステロンにはメラノサイト(シミの色素をつくる細胞)を活性化する働きがあるため、シミやそばかすが濃くなったり、増えたりします。

さらに、メラノサイトが活発になっているため、紫外線に対しても敏感に反応してシミができやすい状態にあります。

よって妊娠中の女性には、時短でできる美白対策はおすすめできません。忙しくてもいつもよりも念入りな紫外線対策と美白スキンケアを行うようにしましょう。

まとめ

忙しい30代の女性はライフスタイルに合った「効率よく美白できる方法」を見つけていくようにしましょう。無理して継続できない美白スキンケアアイテムを購入するよりも、美白オールインワンゲルなど時短につながるアイテムを活用することをおすすめします。

それに併せて、スポット美白やピーリングなどのケアを加えて、美白を目指していきましょう。

紫外線対策では毎日決して油断せずに、手軽に使える日焼け止めや紫外線防御グッツを常に身の回りに置いておくようにしましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。