あなたは50代に入った今でも30代や40代と同じスキンケアを行っているでしょうか。

10代の頃は似合っていた服やメイクが年齢と共に似合わなくなっていくのと同じように、スキンケアも年齢に合わせてそのお手入れ方法を変えていく必要があります。美白ケアについても同じことがいえます。

「お気に入りのアイテムを10年以上愛用している」という方もいらっしゃると思います。自分の肌に合ったスキンケアアイテムがあるのであれば無理矢理かえる必要はありません。しかし、年齢に合わせたスキンケアの足し算・引き算は必要です。

50代以降は肌質が大きく変わる時期!

50代の女性は我が子も大きく成長して、時間にもお金にも余裕がでてくる頃ではないでしょうか。

美容ケアにも力を入れたいところですが、気をつけなければならないことがあります。それは、50代以降は「肌質が大きく変わる時期」だということです。

それまでどんな化粧品を使っても肌荒れしなかった方が急に敏感肌になったり、今まで使用してきた化粧品が急に合わなくなったりすることがあります。

その原因は女性ホルモンの分泌量と大きく関わっています。40代から女性ホルモンの分泌量は低下し続け、50歳を過ぎると、女性ホルモンの分泌がほぼなくなってしまいます。

女性ホルモンの分泌がほとんどなくなってしまうことでみられる大きな肌質の変化として「肌の非薄化(ひはくか)」が挙げられます。肌が非薄化すると一体どのような影響を受けるのでしょうか。

50歳を過ぎると肌がペラペラに?!

女性ホルモンは肌の弾力に欠かせない、コラーゲンの生成を促進する働きや、肌の生まれ変わりをコントロールする役割を果たしています。

女性ホルモンの分泌がほとんどなくなってしまうと、コラーゲンが減り、肌の細胞が上手く再生されないため肌が薄くなってしまう非薄化という現象があらわれます。

このような状態の肌を「ペラペラ肌」「ビニール肌」と呼ぶこともあります。非薄化している肌は、一見なめらかにみえるので肌にいいことだと誤解する方もいらっしゃるのですが、顕微鏡などで覗いてみると肌の表面のキメが非常に粗い状態になっています。

「キメが細かく整った肌」は美肌の基本です。このキメとは表面の細胞がきれいに規則正しく並んでいる状態で、光を反射しツヤのあるなめらかな肌にみせることができます。

肌の生まれ変わりが悪いと、キメが乱れて粗くなってしまいます。そしてキメが粗いと毛穴が広がったり、シミが目立ったりします。

さらに非薄化した肌はさまざまな弊害をもたらします。

肌が敏感になる

肌が非薄化するとバリア機能が低下し、肌が傷つきやすくなったり、敏感肌になったりすることがあります。何年も愛用してきた化粧品で肌荒れをおこしたり、メイクをすると皮膚がかぶれたりするのもこのためです。

少しでも異常が見られたら、まずは原因と思われるアイテムの使用を中止して様子をみましょう。

そして美白を含めたスキンケア・メイク用品は肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。ドラッグストアなどで販売されているプチプラ(安価)なスキンケア化粧品やメイク品はコストを抑えている分、刺激の強い原料が使われていることがあります。

肌にやさしい低刺激な化粧品を購入するのであれば、少し高価格帯のシリーズを選んだ方が厳選された原料・成分が使われており、安心して使えるでしょう。

シワやたるみができやすくなる

前述した通り、肌の弾力を支えるコラーゲンの量が減ることで肌の奥の土台が崩れ、深いシワやたるみができやすくなってしまいます。

また、皮脂腺の活動が低下するため肌が乾燥しやすくなり、ますますシワができやすい肌環境になってしまいます。

乾燥やたるみを防ぐためにも、自分の肌に合った油分リッチなスキンケア化粧品を用いるようにしましょう。

紫外線のダメージを受けやすくなる

肌が薄くなるということは「紫外線も通過しやすくなる」ということです。シミができやすくなるため、紫外線対策はきちんと行わなければなりません。

しかし紫外線防御効果の強いものは肌に刺激を与えたり、負担をかけたりすることもあるので、極力肌に優しい日焼け止めを選びましょう。そして、こまめに塗り直すようにすることをおすすめします。帽子やサングラスなどで紫外線をカットすることも大切です。

プチ肌断食も検討してみて

肌断食(はだだんじき)」という言葉をご存知でしょうか。

断食を肌に対して行う行為で、スキンケアやメイクを一切あるいは極力辞める、という全く新しいスキンケア方法です。肌をリセットしたり鎮静化させたりするために肌断食を数日間行う人もいれば、スキンケアやメイクを一生辞めるという選択をする人もいます。

肌荒れがひどい場合に数日間の肌断食を実施するのはいいですが、完全に肌断食した生活を一生おくることはおすすめできません。

それはスキンケアを全くしてこなかった人の肌をみれば一目瞭然です。深いシワがきざまれ、肌は黒く、実年齢よりも老けてみえます。

従って、肌断食をするのであれば「プチ肌断食」をおすすめします。

例えば急に敏感肌になってしまい、スキンケア・メイク自体怖くなってしまった方は、数日間一切のスキンケア・メイクを中止して様子をみてみましょう。

そして様子をみながら、まずは化粧水とクリームあるいは乳液のみあるいはワセリンのみでお手入れしましょう。そこから乾燥を感じなくなるまでアイテムを少しずつ足していきましょう。

メイクは極力避けて、日焼け止めは弱いものを塗ることをおすすめします。

「極端なプチ肌断食はできない」という方は、今までのスキンケアを少し見直してみましょう。

例えばピーリングは50代以降はやめた方がよいです。

なぜなら、ピーリングは肌の表面の細胞を剥がして肌を薄くする働きがあるからです。ただでさえ肌が非薄化しているところに、さらにピーリングを行うと肌はますます老化してしまいます。

メイクについても厚化粧はやめましょう。夜にクレンジングを行わなくてもいい程度のメイクが理想です。

日焼け止めと薄いメイクであれば、夜のクレンジングは必要ありません。クレンジングは洗顔フォームだけで十分です。そして朝は洗顔料を使わずに水洗いで済ませましょう。

クレンジングや洗顔料に含まれている界面活性剤(かいめんかっせいざい)は、メイクとのなじみを良くしたり、モコモコの泡を立てたりする目的で配合されています。しかし、長期使用し続けることで肌の表面の細胞をはがしてしまい、肌を薄くしてしまいます。

少しでも肌への負担を減らすには、クレンジングや洗顔料が肌に触れる時間を短くすることも大切です。

つまり、肌の非薄化を進めてしまう要因につながるので、クレンジング、洗顔料を使用する回数、時間をできるだけ少なくしましょう。

ファンデーションはリキッドタイプではなくパウダーのものを、アイライナーやマスカラはやめて、色の薄いアイカラーのみでアイメイクを完成させましょう。

また、プチ肌断食を始めたのであれば、外からのケアのかわりにインナーケア(体の内からのケア)をしっかり行ってください。美白サプリメントの摂取、女性ホルモンの働きを高めるイソフラボンの摂取を積極的に取り入れましょう。美容と健康は常に隣り合わせです。食事を見直し健康志向を高めることも大切です。

ビタミンなどの栄養素も外から補給するようにしましょう。

まとめ

いつまでもきれいでいるためには、年代に合った美白ケア・スキンケアを行う必要があります。

ライフスタイルや肌の状態、体内の状態によって適切なケアに変えていくことで、より高い美容効果、美白効果が期待できます。

50代以降は、女性ホルモンの影響で肌質が大きく変化してしまいます。そのため美容の足し算ばかりではなく、ときにはプチ肌断食といったケアの引き算も必要です。その分、食事やサプリメントなどで肌への栄養素を補うようにしましょう。