あなたは顔だけでなく、体の美白ケア・紫外線対策をきちんと行っていますか。

ときどき、「体は少し焼けているくらいの方が引き締まって見えるからケアはしない」という声を聞きます。確かに、肌の色は小麦色くらいの方が、体が引き締まって細く見える効果があります。

しかし、若いうちに浴びた紫外線は年齢と共にシミとなってあらわれてきます。顔のシミはメイクなどで隠すことが可能ですが、体のシミは目立ってしまいます。また、シミだけではなくシワやたるみといった老化のサインもでてきます。

したがって、顔の美白ケアと共に体のケアも同時に行いましょう。

なぜ体も美白・紫外線ケアが必要なのか

ここでは、体の美白・紫外線ケアがもたらす美容効果について説明します。

デコルテにはレフ版効果がある!

レフ版」とは、写真、テレビ、映画の撮影などで使われる被写体(写すもの)に光を反射させる機材のことです。例えば、女優さんが顔の撮影をするときに、顔のすぐ下にレフ版を当てることで光を反射させて肌を白く美しくみせることができます。

顔のすぐ下に位置するデコルテ(首から胸元にかけての部分)も、レフ版のような効果をもっています。シワがなく、白くツヤのあるデコルテは光を反射し、顔を美白に見せることができます。デコルテは顔ではありませんが、顔と同様のケアをすることをおすすめします。

また、首のケアも大切です。いくらデコルテがきれいでも首がシワシワでは意味がありません。特に首はシワのつきやすい部分です。

枕の高さや起きているとき寝ているときの姿勢も、首のシワをつくる原因になってしまいます。首に負担のかからない自分に合った枕を使用すること、また寝るときは仰向けに寝るなど「首にシワをつけない姿勢」も意識しましょう。

デコルテのレフ版効果を高めるために、白い真珠のネックレスをつけることも肌を白く見せるのに効果的です。

紫外線はボディラインをくずす!

紫外線は皮膚の弾力をキープするコラーゲンを破壊してしまいます。年齢と共に二の腕がたるんでしまうのは脂肪がついたからだけではありません。いくら痩せていても紫外線を浴び続けてきた二の腕の場合、皮膚がのびたようにたるんでしまいます。一方で、10代であればぽっちゃり体型であっても二の腕にはハリがあります。

つまり、二の腕を含めたボディラインのくずれは、皮膚や脂肪組織のコラーゲン繊維の劣化によるものなのです。

ボディラインのくずれを防ぐには紫外線対策をきちんと行うことです。特に洋服では覆われない露出される体の部分、手先、首、デコルテは1年中日焼け止めを塗りましょう。

夏場は足や腕の露出も増えてくるのでその場合は必ず日焼け止めを塗り、紫外線からコラーゲンを守りましょう。また、日差しの強い日は洋服の下にも紫外線が通ります。下着の状態で全身に日焼け止めを塗りましょう。

ボディの美白ケア方法

「ボディの美白も始めるならお金がさらにかかるのではないか……」と心配する方もいらっしゃるかもしれません。しかし、首とデコルテ以外は顔のように入念にケアする必要はありません。なぜなら体の皮膚は顔の皮膚に比べると強いからです。

それでは、体の美白ケアのポイントを紹介します。

高価な美白化粧品を使用する必要はない

先に述べた通り、体のケアにはお金をかける必要はありません。もちろん美白効果のある医薬部外品のボディ用品を使用するのがべストですが、コストがかかってしまいます。

また毎晩、体に化粧水・乳液・クリームを塗るのは大変で、おそらく継続できないでしょう。そこで、どれか1アイテム美白用品を使用してください。おすすめは乳液です。伸びがいいので量が必要なく、油分も水分も両方含んでいるからです。

顔用の安価な美白用乳液を購入して、体に塗るようにしましょう。顔用の美白乳液が費用的に難しいのであれば、保湿乳液でもかまいません。最低限、保湿はきちんと行いましょう。肌が乾燥しているとそれだけ紫外線のダメージを受けやすく、シミもできやすくなってしまいます。シワやたるみの原因にもつながります。

全身に保湿乳液を塗り、シミの気になる部分にだけ美白用アイテムを使用してもよいです。

ビタミンCの摂取

シミの生成は体の内側から防ぐことも可能です。そこで美白効果のあるサプリメント(ビタミンC、L-システイン、ビタミンE、ビタミンB、エラグ酸など)を摂取しましょう。顔だけではなく全身への効果が期待できます。

日焼け止めはきちんと塗ってきちんと落とす

面倒ではありますが、出かける前は体の露出している部分に日焼け止めを塗りましょう。ボディには短時間で広い範囲に塗布できるスプレータイプがおすすめです。

また、日焼け止めは決して体にいいものではありません。お風呂できちんと流すようにしましょう。ウォータープルーフ(耐水性)のものを使用した場合は、クレンジングを使用して落としましょう。

ピーリングケアがおすすめ

ボディの美白ケアでは「ピーリング」がおすすめです。ピーリングは皮膚の角層を柔らかくして古い細胞を剥がす役割をします。肌の生まれ変わりを促し、溜まったシミを排出します。ピーリングは透明感のあるきれいなツヤ肌へと導いてくれます。

顔の場合、ピーリングに使われる酸やスクラブなどの物理的刺激が肌への負担につながることがあるのですが、前述した通り体の皮膚は顔よりも強いので顔ほど神経質になる必要はありません。

ピーリング効果のある酸(AHA、BHA)の配合されたアイテムやボディスクラブを使ってなめらかで透明感のあるボディを目指しましょう。ただし、ピーリングのやりすぎは禁物です。必要以上に角層を溶かしてしまうとバリア機能が低下し、肌荒れや乾燥を招いてしまいます。

体であっても1週間に1度程度を目安にしましょう。

まとめ

美白を目指すのであれば、顔も体も全身ケアしましょう。顔・首・デコルテの美白ケアは入念に、ボディは少々適当でもかまわないので美白アイテムを使用あるいは保湿アイテムを使用するようにしましょう。

紫外線対策を怠るとボディラインが崩れてしまうので気をつけてください。今は気にならなくても年齢と共に体のシミが目立ってきます。できてしまってから改善するのは時間もコストもかかるので、できるだけ早いうちに対策するようにしましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。