私たちの肌は食べた物でできています。体に取り込んだ食べ物は胃や腸で分解・消化され、不要なものは体外に排泄され、必要な栄養分は吸収されて体の適切な場所に届けられます。

つまり、摂取したものをきちんと分解・消化ができないと必要な栄養素が届かなくなってしまうということです。

この、分解・消化の過程で非常に重要な働きを担っているのが「酵素」と「腸内細菌」です。

今回はこの「酵素」に焦点を当て、アンチエイジングにつながる方法について述べていきます。

酵素の役割について

まず、酵素とは生体内で起こる化学反応に対し触媒(化学反応を促進させる物質)として働く分子のことです。私たちの体は、何十兆個もの細胞で構成されています。

その細胞一つ一つが化学反応を繰り返し、筋肉を動かしたり、呼吸をしたりして生命活動を維持しています。

つまり、酵素がなければ化学反応を行うことができず私たちは生きていくことができないのです。

このように酵素は食べ物を分解・消化する働きだけではなく、体のあらゆる部分で化学反応を行っています。それでは体内で酵素が不足すると一体どうなってしまうのでしょうか。

まずは生命活動に関わる部分に優先的に酵素が使われるようになります。したがって生命の維持に直接関係のない、肌の細胞の生まれ変わりや髪の毛の成長、髪の色をつくるためなどに使用される酵素はカットされてしまいます。

これが、肌細胞の再生の乱れや肌荒れ、薄毛、白髪などの老化現象につながってしまうのです。「最近急に老けたな」と感じている方は、実は体内の酵素不足が原因かもしれません。

また、酵素不足を放置していると、さまざまな病気を引き起こす原因にもつながります。

例えば、肥満は体内の代謝が追い付かずに脂肪が蓄積される現象です。代謝には酵素は欠かせないので、酵素が足りない状態が続くことで肥満をもたらします。

そこから糖尿病(血糖値が高い状態が続き、さまざまな合併症をもたらす病気)・高血圧・高脂血症(血中のコレステロール値が高い病気で血液をドロドロにしたり血管にダメージを与えたりする)・心筋梗塞(心臓の血管が詰まる病気)・脳梗塞(脳の血管が詰まる病気)といった重大な病気を引き起こす可能性があります。

老化の予防や美肌そして病気を未然に防ぐためには、常に必要量の酵素を体内にキープしておくことが重要です。

十分な酵素を体内に蓄えるための方法

それでは、体内で酵素が不足しないようにする方法について説明します。ポイントは「食事から酵素を補充する」「酵素のムダ遣いをやめる」という2点です。

食事から酵素を補充する方法

酵素は体内でも生産されますが、私たちが一生につくることのできる酵素量は決まっており、さらに加齢によってその生産量は減っていきます。

つまり、食べ物などから酵素を補充する必要があるといえます。

最近、「グリーンスムージー」や「酵素ドリンク」といった健康食品が紹介されているのをテレビや雑誌、インターネットで目にする方も多いのではないでしょうか。

これらの商品は、「酵素を手軽に補給できる」「酵素の力でダイエット」ということなどを売りにしています。しかし、中身のわりに高価格な商品が多く、鮮度の点からも酵素が本当に摂取できるのか疑問に感じるものも存在します。

このような健康食品にわざわざお金をかけなくても普段口にする食事で酵素は十分摂取できます。食事の元となる植物、動物など生命のあるものには酵素が存在するからです。

しかし摂取方法が大切です。酵素は熱に弱く、加熱するとその活性(働き)が失われてしまいます。よって生で食べる必要があります。魚の場合はお刺身で、お肉の場合はたたきにして、野菜の場合は生のサラダで食べましょう。

特に酵素が豊富に含まれているフルーツがおすすめです。

また、酵素の豊富な食品から先に食べることも大切です。先に酵素を取り入れることでその後の消化をスムーズにできます。従ってフルーツは食後のデザートとしてではなく、酵素補給として食前に食べるのが理想です。

さらに食べ合わせも意識してみましょう。

例えば、焼き魚と大根おろしを一緒に食べることで大根に含まれる酵素が魚の消化を助けます。その他にもお肉を食べるときにパイナップルを食べることで消化をスムーズにしてくれます。

また、お肉をりんごのすりおろしに漬けることで柔らかい食感にしてくれるだけでなく、消化しやすい状態にしてくれます。

消化に使われる酵素を外から補充することで、体内の酵素を他のこと(美容面など)に消費できます。

このように食べ方・食べ合わせも意識しながら、毎日酵素を食べ物から摂取するようにしましょう。

酵素のムダ遣いをやめる方法

体内でつくられる酵素の量が決まっていることは述べましたが、実は1日に消費できる酵素の量も決まっています。従って酵素を体内でムダに消費していると、肌の代謝や毛髪・頭皮などにまわせる酵素の量が減ってしまいます。

そこで酵素を効率的に使えるよう、ムダな酵素の消費をなくす習慣を身につけましょう。

・食べ方に気をつける

大食い、早食いは消化酵素をたくさん消費します。よく噛んで細かくすることで消化時間を短くできます。大食いも消化酵素が足りなくなる原因をつくりだします。

また、寝る前の食事は消化酵素の働きが弱く、消化不良を引き起こしてしまいます。消化不良は腸内環境を悪くしてしまい、栄養素の吸収に影響を与えてしまいます。就寝前3時間は固形のものを口にしないようにしましょう。

・化学調味料・食品添加物を避ける

食品添加物や化学調味料、残留農薬は体にとって毒物です。毒物を処理するのは肝臓の役割ですが、このとき大量の酵素を消費しなければなりません。

コンビニ弁当やスーパーのお惣菜、ファーストフード、スナック菓子などには大量の化学調味料や食品添加物が使用されています。これらを毎日食べていると酵素が解毒に使われてしまい、美肌・美髪にまわる酵素がなくなってしまいます。

意識して化学調味料・食品添加物・食品に残留した農薬などの毒物の摂取を避けるようにしましょう。

・お酒の飲み過ぎ

適量のお酒はかまいませんが、飲み過ぎはアルコールを分解するために大量の酵素を消費します。また、二日酔いの原因物質「アセトアルデヒド」が体内に蓄積すると細胞が攻撃されてしまいます。細胞の回復にさらに酵素が消費されてしまいます。

上手にお酒と付き合いましょう。

・砂糖や動物性タンパクの摂りすぎ

砂糖や動物性タンパクの摂りすぎは、消化不良の状態で腸内に留まってしまい腐敗物質を発生させてしまいます。これが腸内細菌に悪影響を与え腸の機能を低下させてしまいます。

酵素と腸内細菌が共に機能することで、栄養素は吸収されて体の必要なところに送られるのです。

また、砂糖の摂取は体内の酵素を消耗してしまいます。砂糖の代わりにはちみつやメープルシロップなどを使うようにしましょう。

酵素の力をかりた化粧品

酵素が含まれた化粧品はたくさん存在します。しかし、実際に酵素として肌の中で働く原料は少ないといえます。なぜなら化粧品は肌の奥深くにまで浸透することができないからです。

その中でも化粧品の中で酵素として働く成分として「パパイン酵素」「コエンザイムキューテン(CoQ10)」があります。

・パパイン酵素

パパイン酵素は果物パパイヤに含まれる酵素で、タンパク分解作用があります。

化粧品では、パパイン酵素は古い角質を取り除いて肌をなめらかにする作用があります。また角質に含まれたメラニン(しみの元になる色素)を除去するので美白効果も期待できます。

さらに、毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除く効果もあります。パパイン酵素は主に、洗顔・クレンジング剤・ピーリング剤に配合されています。

化粧品以外にも、お肉を柔らかくする目的で使われたり、衣服の洗剤にも使用されていたりします。また、鎮痛・抗菌・抗炎症作用を保有するため医薬品にも用いられています。

・コエンザイムキューテン(CoQ10)

コエンザイムQ10は酵素ではなく、補酵素です。コエンザイムとはCo=補う、 Enzyme=酵素の2つの単語から成っています。ユビキタスあるいはユビキノンと呼ばれることもあります。

補酵素は、酵素の働きを高める性質があり、ビタミンB群やマグネシウムなどは補酵素に含まれます。

コエンザイムQ10はビタミンとは異なり体内で合成することができます。コエンザイムQ10は体内の細胞のエネルギー物質ATP(アデノシン三リン酸)の生成に関わっています。

「細胞にエネルギーを補給する」という目的で現在サプリメントや健康食品、医薬品にもコエンザイムQ10は使われています。

そしてさまざまな化粧品にコエンザイムQ10が配合されています。その目的はコエンザイムQ10がもつ高い「抗酸化力」です。

酸化とは日常的に生じている反応ですが、老化を進めるのも、肌をさびつかせるのも、シミの元となるメラニンが合成される反応もすべて酸化反応によるものです。

抗酸化力のある物質は酸化反応を抑えることができます。つまり肌にコエンザイムQ10を補給することで、肌で起こるさまざまな酸化を食い止めることができるのです。

ただしコエンザイムQ10には酸化型と還元型の2種類が存在します。コエンザイムQ10は還元型でないと体内で機能することができません。しかし、酸化型のコエンザイムQ10に効果がないわけではありません。

摂取したあと体内で還元型に変化するからです。ただし、摂取した酸化型コエンザイムQ10が100%還元型に変化するわけではなく、また反応にも時間がかかるので還元型のコエンザイムQ10が含まれている化粧品、サプリメントを選ぶようにしましょう。

・ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は酵素ではありません。この成分は、肌に存在する酵素の力を借りてビタミンCとなり効果を発揮することができます。ビタミンC誘導体が用いられる以前は化粧品にはビタミンCの状態で配合されていました。

しかしビタミンCは不安定な性質で皮膚に塗布しても浸透する前に壊れて効果を発揮できないという問題がありました。そこでビタミンCをより安定な構造にしたのが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体は酵素によって肌の中で分解されてビタミンCとなるため、きちんと効果を発揮することができるのです。

化粧品に使われるビタミンC誘導体には、アスコルビルリン酸マグネシウム、アスコルビルリン酸ナトリウム、アスコルビル酸グルコシド、アスコルビル酸エチル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルリン酸ナトリウムなどがあります。

これらの成分を覚える必要はありませんが化粧品の表示名に「アスコルビン酸」と表示されている場合は誘導体ではありません。「アスコルビン酸~」「~アスコルビル」と表示されている場合はビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体が活性化するために必要な酵素は異なってきます。例えば、アスコルビルリン酸マグネシウムは「ホスファターゼ」という酵素が必要で、アスコルビル酸グルコシドは「グルコシターゼ」という酵素によって肌の中でビタミンCに分解されます。

一方でアスコルビル酸エチルという酵素による分解反応が必要ないビタミンC誘導体も存在します。

ビタミンC誘導体は有効成分として厚生労働省にも認められている美白成分です。ビタミンC誘導体の効果を高めるためには、肌に豊富な酵素を届ける必要があります。

前述した、「食事から酵素を補充する」「酵素のムダ遣いをやめる」ことを心がけることでビタミンC誘導体を含んだ化粧品の効果を高めることができます。

まとめ

酵素は食べ物を消化するときに働くだけでなく、生命の維持・肌や髪を美しく保つ上で欠かせない非常に大切な物質です。

酵素をより効率的に消費し、ムダ遣いをなくし、食べ物からきちんと補充することで、体内で酵素を必要とするところに十分な酵素が送られるようになります。

体内での酵素の不足は老化に直結します。さらに、酵素不足を放置しているとさまざまな病気を引き起こす原因にもつながります。

日常的に「酵素」を意識して、若さを保つようにしましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。