イソフラボンに美容効果があることは一般的にも知られていることだと思います。しかし、イソフラボンの美白効果についてはあまり詳しく知られていないのではないでしょうか。

今回は、イソフラボンの美白効果、美容効果と共に、イソフラボンの効果を最大限に活かした美容ケアの方法について説明していきます。

イソフラボンとは?

イソフラボンはポリフェノールの一種で、マメ科の植物に豊富に含まれます。ポリフェノールとは、体の老化反応を防ぐ働きをもつアンチエイジング成分です。ブルーベリーのアントシアニンや緑茶のカテキンもポリフェノールに分類されます。

イソフラボンには多くの種類が存在します。中でも大豆に含まれる「ダイゼイン」と「ゲニステイン」が最も身近なイソフラボンです。

また、イソフラボンは女性ホルモンの一つエストロゲンと似た化学構造をもつため体内で同様の働きを示します。

エストロゲンは私たちの体内で骨を強くしたり、美しい肌をつくったり、女性らしいふくよかな体を形成したり、感情をコントロールしたりと重要な役割を果たしています。

しかしエストロゲンは加齢と共に減少するため、不足すると更年期障害といった女性特有の病気やさまざまな老化現象を発症してしまいます。

イソフラボンはエストロゲンの働きを補うため、女性が積極的に摂取するべき成分なのです。

イソフラボンがもつさまざまな美容効果について

前述した通り、イソフラボンはエストロゲンと似た働きをするためさまざまな美容効果をもたらします。

加齢と共に肌がゴワつき、なめらかさが失われていくのも女性ホルモンであるエストロゲンが減少することと関係があります。

イソフラボンは、エストロゲンの肌の弾力維持に欠かせないコラーゲンの生成やシワを改善する作用を助けます。

つまり、イソフラボンは女性らしいなめらかでツヤのある肌へと導いてくれます。

イソフラボンの美白作用とは?

それではイソフラボンはどのように美白作用を示すのでしょうか。

実は全てのイソフラボンに美白効果が確認されているわけではなく、先ほど説明した大豆に含まれるイソフラボンの一種「ゲニステイン」にシミの元となる色素、メラニン色素生成抑制効果があることがわかっています。

紫外線を浴びると肌の細胞内で、メラニン合成酵素が働き、メラニン色素が生成されてシミがつくられます。

メラニン合成酵素の重要な酵素として、「チロシナーゼ」と「DTC(ドーパクロムトートメラーゼ)」が挙げられます。現在多くの美白化粧品では「チロシナーゼ」の働きを抑制する美白成分が中心に配合されています。

中でも医薬部外品の有効成分(厚生労働省が効果を認めている成分)であるアルブチン・コウジ酸・エラグ酸などは、チロシナーゼの働きを阻害してメラニンをつくらせないようにする美白有効成分です。

一方で、イソフラボンの一種ゲニステインは、もうひとつのメラニン合成酵素「DTC(ドーパクロムトートメラーゼ)」を抑制することがわかっています。

つまり、アルブチン・コウジ酸・エラグ酸などの美白化粧品とイソフラボンのゲニステインを併用することでメラニン合成酵素の主な2種の酵素、チロシナーゼとDCTの両方の働きを抑えることができるのです。

スキンケア化粧品などでは「美白成分配合」と一つにまとめられていますが、シミへのアプローチはそれぞれです。

美白成分を大きく2つの分類に分けると「メラニン生成抑制」「メラニン除去・移送抑制」のグループに分かれます。アルブチン・コウジ酸・エラグ酸やイソフラボンのゲニステインはメラニンがつくられるのを防ぐ「メラニン生成抑制」グループに含まれます。

「メラニン除去・移送抑制」とは、肌に溜まったメラニンを排泄に促したり、メラニンの色を薄くしたり、合成されたメラニンが肌の細胞へ移送されるのを防いだりしてつくられたメラニンを対処するグループです。

「メラニン除去・移送抑制」に該当する美白有効成分としては、ビタミンC誘導体やニコチン酸アミドなどがあります。

美白化粧品を選ぶときは、「メラニン生成抑制」「メラニン除去・移送抑制」のグループを意識してさらにグループ内でも働きが異なる成分が配合されている化粧品を選ぶ、あるいは組み合わせることで、より高い美白効果を得ることができます。

イソフラボンの美白効果を最大限とり入れるには?

イソフラボンの美白・美容効果をとり入れるためには、イソフラボンを「塗って・食べて・飲む」ようにしましょう。

イソフラボンを塗る

イソフラボンを肌に与えて、直接その美容効果を得ましょう。美白効果も得るには、イソフラボン配合の化粧品の中でも大豆イソフラボン(ゲニステイン)が配合されている商品を選ぶようにしましょう。

最近ではドラッグストアでイソフラボン配合入りの洗顔・化粧水・乳液・クリームが比較的安価に販売されています。全てのアイテムをライン使いする必要はありません。

特に化粧水は大部分が水でできているので安価な商品と高級な商品にそこまでの差が生まれません。よって安い化粧水をたっぷり使うことをおすすめします。

例えば、日常的に最も汎用する化粧水と洗顔をイソフラボン配合の化粧品にして、乳液・クリーム・美容液は美白有効成分の配合された中価格あるいは高価格の化粧品を使用してみるなど、予算と合わせて工夫して組み合わせて使用してみてください。

そのさいに、先ほど説明した美白成分の働きがアイテム毎に異なるものの方が徹底的にシミを予防・退治できます。

イソフラボンを食べる

イソフラボンを肌に塗るだけではなく、体の中へとり入れましょう。イソフラボンが豊富に含まれる大豆食品を摂取しましょう。和食には大豆食品が豊富に含まれています。味噌・醤油といった基本的な調味料から豆腐・油揚げといった食品まで幅広く存在します。しかし、大豆食品は加工過程が多く、途中でイソフラボンが分解されて流れ出てしまいます。

よって加工過程の少ない食品を選ぶようにしましょう。中でも「きな粉」は最もイソフラボンの含有量が高い食品といわれています。きな粉を常に常備しておいて、お餅やアイスクリーム、ヨーグルト、果物にかけて日常的に食べるようにしましょう。

その他にも葛(くず)や納豆にもイソフラボンが豊富に含まれています。

イソフラボンを飲む

大豆イソフラボンを飲むといえば「豆乳」です。しかし一時的に豆乳を飲んでも、すぐに飽きてしまって継続できない方も多いのではないでしょうか。そんな方には、飲むだけではなく料理に使うことをおすすめします。

和食(味噌汁やお鍋など)・洋食(クラムチャウダーやパスタなど)・デザート(ケーキやプリンなど)へも応用して摂取することができます。

また、コーヒーに牛乳がわりに豆乳を入れたり、豆乳にヨーグルトやスムージーを混ぜたりして飲めば朝食にもピッタリです。インターネットなどでも簡単に豆乳を取り入れたレシピが見つけられるのでそれらも参考にしてみてください。

さらに豆乳を選ぶさいも、前述した加工工程の少ないものを選ぶようにしてください。

スーパーやコンビニなどではバラエティー豊かな豆乳製品が並んでいます。フルーティーな味わいが楽しめる商品や飲みやすく調整された豆乳が販売されていますが、「無調整豆乳」を購入するようにしましょう。

調整されていない自然なままの豆乳なので、味は他の加工されている商品に比べると劣るかもしれませんが、無調整豆乳には豊富なイソフラボンが含まれており、さらに余計な添加物などが配合されていない分、体にもよいです。

一方で加工され調整された豆乳は、イソフラボン量が低下しているだけではなく糖分を多く含んでいたり、さまざまな添加物が加えられていたりする可能性があります。

「健康にいいから」と加工された豆乳ばかり摂取していても実際のところあまり意味がありません。

イソフラボンの恩恵を最大に受けるには、より自然に近い無調整豆乳を飲むようにしましょう。

まとめ

イソフラボンは女性らしい美しさをいつまでもキープするための働き、そして美白効果も併せもっている万能の美容成分といえます。身近に摂取できる成分でありながら意識して摂取している方は少ないのではないでしょうか。

イソフラボン配合の化粧品・食品の選び方を参考にして、万能美容成分イソフラボンの効果を最大限にとり入れてみてください。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。