あなたは「薬を使用した美白方法」を考えたことはあるでしょうか。「薬は医療機関で処方してもらわなければならないから面倒」と思っている方も多いと思います。また、薬だと効果は期待できるものの副作用の心配をする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし実際のところ、美白効果を期待できる飲み薬・塗り薬は、病院や調剤薬局へ行かなくてもドラックストアやインターネットで購入できるものが存在します。正しく商品を選び、使用方法を守ることで副作用を避けながら高い美白効果を得ることは可能です。

医薬品・医薬部外品・化粧品の分類について

美白の飲み薬・塗り薬を説明する前にまずは、医薬品・医薬部外品・化粧品の分類について説明します。

医薬品は病気の予防や治療を目的としているのに対し、医薬部外品は副作用のリスクが低く特定の症状の予防のみを目的としています。化粧品は、「身体を清潔にし、美化し、皮膚をすこやかに保つ」ことを目的とした作用の緩やかなものを示します。

図に示す通り、医薬品の中でも一般用医薬品は医師の処方箋無しで直接購入が可能です。さらに一般用医薬品はそのリスクの高さによって第1類から第3類に分類されています。

引用元:厚生労働省 「一般用医薬品のリスク区分」

また、これら医薬品・医薬部外品とサプリメント(健康食品)は分類が異なります。医薬品、医薬部外品は有効性や安全性を示して厚生労働省や都道府県知事の承認を得る必要があります。

一方でサプリメントは、日常生活において不足しがちな栄養素を補充する目的でつくられた健康の保持・増進を期待できるものです。中には一般用医薬品とサプリメントで配合成分が似たものも存在します。しかし、一般的に医薬品の方が配合できる分量が多いため、その分効果も高いといえます。

つまり、高い美白効果を期待するのであれば、医薬部外品やサプリメントではなく一般用医薬品に分類される飲み薬・塗り薬を選べばいいといえます。

では美白を期待できる飲み薬・塗り薬には一体どのようなものがあるのでしょうか。

美白を叶える飲み薬

一般用医薬品の分類ごとに美白成分をみていきましょう。

第1類医薬品

第1類医薬品で美白効果のある成分として「トラネキサム酸」が挙げられます。トラネキサム酸は医薬部外品の美白スキンケア化粧品にも配合されている成分ですが、飲み薬としては副作用のリスクがあるため第1類医薬品に分類されます。

トラネキサム酸は現在でも医療用医薬品として広く使われています。医療用医薬品としての作用は「止血剤(出血を止める薬)」としての働きです。トラネキサム酸は、血液中に含まれる血を固まらないようにする成分「プラスミン」の働きを抑制して止血作用を示します。

医療用のトラネキサム酸は、内出血や術後出血などの出血傾向を抑える目的で服用されます。その他にも、のどの痛みや充血などに効果があります。

では、トラネキサム酸の美白メカニズムについてみていきましょう。

実は、プラスミンの働きは「血を固まらないようにする作用」だけではありません。シミの元をつくりだすメラニンを活性化する働きも併せもつと考えられています。そのため、プラスミンの阻害作用があるトラネキサム酸は、メラニンが活性化されてシミがつくりだされるのを防ぐことができるといわれています。トラネキサム酸はシミの中でも「肝斑」と呼ばれる女性ホルモンが原因で発生するシミに効果があります。

第3類医薬品

第3類医薬品に分類されている美白成分には「L-システイン」「アスコルビン酸」「パントテン酸カルシウム」「ビタミンE」などがあります。

・L-システイン

L-システインはメラニン(シミの元)をつくりだすのに欠かせない酵素「チロシナーゼ」の生成・活性を阻害します。さらに皮膚の生まれ変わりを高める働きももつため、溜まったメラニンを排出することができます。

このようL-システインは「シミをつくらせない」「できたシミを皮膚の外へ排出する」ことで美白効果を示します。

・アスコルビン酸

アスコルビン酸とはビタミンCのことです。美白スキンケア化粧品にもビタミンCは広く用いられています。

アスコルビン酸はL-システインと同じチロシナーゼ活性阻害作用があります。また、メラニンの前駆体である「ドーパキノン」という化合物を前段階の「ドーパ」に戻す働きも示します。さらには、生成されたメラニンの色を薄くする効果もあります。

・パントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムはビタミンB5とも呼ばれます。体内で補酵素の構成成分として代謝に欠かせない重要な成分です。他のビタミンと協力して皮膚の健康の維持を助ける働きもします。皮膚の新陳代謝を促すため、肌の生まれ変わりを高めシミの排出に作用します。

・ビタミンE

ビタミンEは「トコフェロール酢酸エステル」のことで、医療現場では血流改善効果をもつため、しびれや頭痛・冷え性などの治療薬として用いられています。

また、ビタミンEには強い抗酸化作用と皮膚の新陳代謝を促進する作用があるため美容効果が期待できます。

酸化は老化の原因につながります。つまり高い抗酸化作用はアンチエイジングに有効です。そして皮膚の新陳代謝を促進することで肌の再生が進み、シミやくすみが排出されます。

選ぶときのポイント

一般用医薬品は医薬部外品や化粧品とは異なり、成分の配合量がパッケージに記載されています。上記に挙げた美白成分の配合量の多いものを選ぶようにしましょう。

その他配合されているビタミン剤や、用法・用量・価格を比較して継続して服用できる商品を選ぶことが大切です。

副作用に注意!

一般用医薬品とはいえ、医薬部外品・化粧品・サプリメントとは違い副作用のリスクは高まります。また、他の薬との飲み合わせにも気をつけなければなりません。

常に服用している薬がある場合は薬剤師に相談するようにしましょう。さらに診察にかかるときも、一般用医薬品を服用していることを医師に伝えるようにしましょう。

美白を叶える塗り薬

続いて美白効果のある塗り薬についてみていきましょう。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、強力な漂白作用をもつ医療用美白剤として美容クリニックなどで使用されてきました。

「漂白剤」と聞くと人工的に合成された成分とイメージする方も多いと思いますが、実はイチゴやコーヒーなどにも含まれている天然成分です。

以前はハイドロキノンの作用の強さから厚生労働省によって化粧品への配合が禁止されていました。しかし2001年の薬事法(現:薬機法)の改正により、一般の化粧品に配合できるようになりました。ただし厚生労働省が推奨しているハイドロキノンの配合濃度は2%です。

一般的に販売されている化粧品に配合されているハイドロキノンの量は2%前後ですが、中には4%~10%という化粧品も存在します。高配合のハイドロキノン化粧品は高い美白効果が期待できますが、その分副作用のリスクも高まるのでインターネットやドラッグストアでの高配合の商品の購入はおすすめできません。

ちなみに、ハイドロキノンは商品パッケージなどでは「HQ」と表記されることもあります。

ハイドロキノンの作用について

ハイドロキノンはどのように肌に働きかけて強力な美白作用を示すのでしょうか。

ハイドロキノンには高いチロシナーゼ活性阻害作用があります。つまり、メラニンがつくられるのを防ぐ働きがあるのです。そしてもう一つ、メラニンの生産工場であるメラノサイトという細胞の働きを弱める効果があり、メラニン色素の量自体を減らすことができます。

このように、シミの生成予防・できてしまったシミを薄くする作用を併せ持つことで強力な美白効果を表します。

注意点について

・肌全体のトーンアップには向いていない

強力な美白剤の副作用として知られているのが「白抜き」または「白斑(はくはん)」と呼ばれる肌トラブルです。

肌が必要以上に漂白されてしまい、肌色を通り越して部分的に白くなってしまう症状です。特にシミのない健康的な肌にハイドロキノンを大量に塗布すると白抜きができやすくなる可能性があります。

従って、一般的な美白スキンケア化粧品のように顔全体に塗るのではなく、気になるシミの部分にのみ塗布するようにしましょう。

また、ハイドロキノンは肌に刺激を感じやすい成分です。そのような点からもハイドロキノン配合剤は肌全体のトーンアップを目的にするのではなく、部分的なシミに用いるようにしましょう。

さらに、シミが薄くなる、あるいは消えたら使用を止めましょう。長期使用はおすすめできません。

・「ハイドロキノン誘導体」に騙されてはいけない

化粧品のパッケージなどに「ハイドロキノン誘導体配合!」などと書かれている商品を見かけますが、ハイドロキノン誘導体とは「アルブチン」のことでハイドロキノンの美白作用とは全く異なる成分です。

アルブチンは一般的な美白有効成分(厚生労働省に認められた成分)で美白化粧品には広く使用されています。しかしハイドロキノンに比べるとその美白効果は100分の1ともいわれています。

いかにハイドロキノンの作用が強いかが、お分かり頂けることでしょう。

決してアルブチンに美白効果がないわけではありません。むしろアルブチンは安全性が高く、肌全体に塗布しても問題ありません。肌のトーンアップを期待するのであればハイドロキノンではなくアルブチン配合の美白化粧品を選ぶべきです。

・紫外線対策はいつも以上に!

ハイドロキノンを塗布している肌は紫外線に敏感になってしまいます。従って、いつも以上にしっかりと紫外線対策を行うようにしましょう。

・保管方法

ハイドロキノンは熱と光に弱い性質を持っています。従って保管場所は冷蔵庫など冷暗所に置くようにしましょう。また、ハイドロキノンは空気と反応しやすいため、開封後は1ヶ月を目安に使うようにしてください。

ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶ際は、その配合量を確認し2~3%程度の商品を選びましょう。また、白斑などの副作用を避けるために用法・用量をきちんと守って使用しましょう。

トレチノイン

トレチノインもまた、医療用医薬品として使われている薬剤です。トレチノインはビタミンAの誘導体で、体内での活性(反応性)はビタミンAの約50~100倍あるといわれています。

トレチノインは残念ながら日本では皮膚科や美容クリニックで処方してもらう必要があります。しかしアメリカではシワ・ニキビの治療薬として一般的に広く使われ、ドラッグストアなどでも直接購入できます。

日本国内からでも個人輸入のサイトを通じて購入することはできます。ただし、高い効果がある分、副作用のリスクも生じるので自己判断で使用することはおすすめできません。

トレチノインの作用について

トレチノインは、細胞を分裂・増殖させて高い皮膚再生効果を示します。したがって肌の細胞が新しい細胞に置き換わり、肌の奥のシミやくすみが排出され、美白・美肌へと導きます。

また、肌の奥のコラーゲン(肌の弾力を保つ成分)の分泌を高めるため肌にハリを与え、シワの改善にも効果があります。

さらにヒアルロン酸などの天然保湿成分の分泌を高めて肌の潤いを保つ効果もあります。

ハイドロキノンとトレチノインの相乗効果について

多くの美容クリニックではハイドロキノンとトレチノインを併用する「トレチノインハイドロキノン療法」を採用しています。

ハイドロキノンとトレチノインを併用することで相乗効果が期待でき、より高い美白効果が得られるといわれています。

注意点について

・刺激が強い

トレチノインは皮膚への刺激が強く、敏感肌ではない人でもヒリヒリ感やかゆみを生じることがあります。刺激の強さから継続使用を断念してしまう人も多いようです。

・紫外線対策はいつも以上に!

トレチノインもまたハイドロキノン同様、塗布している肌は紫外線に対して敏感になってしまいます。細胞の生まれ変わりが高まる中、バリア機能が低下してしまうためです。紫外線対策はいつも以上に念入りに行いましょう。

・妊婦は使用できない

ビタミンAには催奇形成作用があり妊婦は禁忌です。したがってビタミンAよりも活性の強いトレチノインも、妊婦または妊娠している可能性のある人、授乳中の人には使えません。

・保険適用外なので高額

美容目的でハイドロキノンやトレチノインを処方してもらう場合、健康保険の適応外になるので薬代は全て自己負担です。その相場は月5万円程度といわれています。

「トレチノインハイドロキノン療法」では高い美白効果が期待できますが、毎月5万円の負担は大きいのではないでしょうか。

まとめ

薬を用いた美白方法は、美白化粧品を用いた場合よりも即効性・高い効果が期待できますが副作用のリスクがあることは忘れてはいけません。

また、美白治療の飲み薬・塗り薬を使用しているからといってスキンケアや紫外線対策を怠れば、美白効果は得られないでしょう。いつものケアは継続してください。

薬となると費用がかかってしまうため、予算も考えながら上手く自分に合ったものを見つけるようにしましょう。