美白化粧水・乳液・クリーム・美容液どれも試したことがある方の中には「次は美白オイルを試してみたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近では「オイル美容液」などオイルの特徴を活かした商品も数多く見られ、スキンケアはもちろん、ボディケアやヘアケアにも応用できるということで人気があります。マッサージ用オイルなども種類が豊富です。

オイルは他のスキンケアアイテムとは少し性状が異なっている上、種類も豊富に存在する分、その性質をよく理解した上で慎重に選んで使う必要があります。

残念ながら美白オイルのみで美白ケアを完結することはできません。しかしオイルという性質をもったアイテムは補助的に用いることで非常にスキンケアに役立ちます。

もう既にオイル美容液を使っている方、これからオイルのスキンケア用品を購入しようと考えている方は、ぜひオイルの種類と特性について理解してください。

オイルの種類について

オイルとはそもそも一体何で、どんな種類があるのでしょうか。

オイルとは液状の油のことです。化粧品で用いられるオイルには大きく分けて「油脂」「鉱物油」「精油」の3つの種類があります。

・油脂

油脂は生物が生成している油のことです。油脂の中で化粧品として一般的に用いられているものには、アボガド油、オリーブオイル、ツバキ油、馬油などがあります。

私たちの体がつくる皮脂や魚が合成する魚油なども油脂に含まれます。

油脂は天然素材で肌にやさしいとされていますが、その多くは不安定で酸化しやすい性質をもっています。

・鉱物油

鉱物油は生体内ではつくることができない油のことを示します。主に石油からつくられたオイルで、ミネラルオイルやシリコーンオイルやワセリンなどが該当します。

鉱物油は石油から人工的につくられているイメージから、化粧品では「肌によくない」とされています。しかし、ワセリンは医療では赤ちゃんに使いますし、ベビーオイルの主な成分はミネラルオイルです。

ただし、人工的に精製される過程の中で不純物が混じったりすると肌にはよくありません。つまり、きちんと精製された鉱物油は安定性が高く酸化しにくいため安全といえます。

しかし、鉱物油は皮膜(膜をはること)を形成する力が強いため、アイテムや分量によっては肌や髪に負担になる場合があります。

・精油

精油は植物の葉や花、果皮などから香り成分を抽出した揮発性の芳香物質です。油脂や鉱物油とは性質が異なり、特定の成分が抽出され凝縮されています。そのため、人によってはアレルギーや肌荒れを起こす場合があります。

化粧品で用いられる精油としてはローズ油、ラベンダー油、イランイラン油など美容成分や香料として配合されます。

美白オイルのメリット・デメリットについて

それではオイルの種類と性質について知ったところで美白オイルのメリット・デメリットについてみていきましょう。

美白オイルのメリット

・しっとりした使用感

美白スキンケア用品の短所として、化粧水・乳液・クリームどれにも共通していることが「乾燥感や肌のきしみ」です。

これは美白有効成分(厚生労働省に効果を認められた成分)が高配合されていることによる影響で、最近では改善されているものも多いですが、乾燥肌の方にとっては依然として不満に挙げられる点です。

一方美白オイルは肌の表面に油膜を形成するため、美白有効成分によるきしみを感じにくく、肌がしっとり潤った感覚を感じるでしょう。

・天然成分の割合が高い

また、美白オイルの場合、成分のほとんどを天然成分でつくることが可能です。「自然に近い原料を使った化粧品を使用したい」という方にはおすすめです。

美白オイルのデメリット

・価格が高い

油脂や精油などのオイルは、非常に原料が高くコストがかかってしまいます。その上、オイルのみだと重い使用感になってしまい消費者うけも悪くなってしまいます。

そこでメーカーは、使用感の改善に加え、コスト削減のために、製品にオイル以外の成分を混ぜて開発する場合があります。例えばオイル以外の成分として、界面活性剤(油と水を混ぜ合わせることのできる成分)や、水溶成分、アルコールなどが配合されます。

また、オイルの中でもシリコーンオイルやミネラルオイルなどの鉱物油が大量に配合されていることもあります。シリコーンオイルは使用感が軽くオイル独特の嫌なベタつきがありません。ミネラルオイルは安定性が高く原料費が安いため、よく用いられます。

従って、メーカーの宣伝イメージだけで「これは植物オイル100%だ」と信じ込まずに、パッケージの表示成分をよくみて実際に何が入っているのかを知った上で選ぶようにしましょう。

・オイルのみでは美白成分の浸透力が低い

オイルアイテムに界面活性剤を配合する目的は、水溶性成分を溶かすためだけではありません。界面活性剤は化粧品の浸透力を高める性質をもっています。オイルのみだと皮膜形成能が高く中まで美容成分が浸透しません。そこで、界面活性剤を加えることで浸透力を高める効果が期待できます。

界面活性剤は乳液やクリームには必ず配合されている成分ですが、その配合量が多いと肌には負担をかけてしまいます。大量の界面活性剤は洗顔やクレンジングには配合されていますが、洗顔もクレンジングも洗い流すものです。よって肌への負担は比較的低くなります。

・オイルのみでスキンケアを完結することはできない

オイルは保湿効果が高いのですが、オイルのみでお手入れを終わらせることはできません。肌の奥まで保湿するために、必ず化粧水などの水分を与える必要があります。

オイル100%でなければならないわけではありませんが、オイルと商品名がついていても実際にはオイルではない成分を大量に溶かした商品も数多く存在します。商品イメージだけで選ばずに、パッケージの表示成分をきちんと確認しましょう。

美白効果のあるオイルとは?

市販されている美白オイルには、美白有効成分が配合された医薬部外品の美白オイルが存在します。しかし、オイルの純度の高いものは、皮膜をつくるためその後のスキンケア用品の浸透を妨げる可能性があります。

よってお手入れの最後につけるのが理想ですが、その場合は美白有効成分が肌の奥まで届かないという矛盾が生じてしまいます。よって少量の界面活性剤が配合されている商品を選べば、浸透力が改善され美白効果が期待できます。

しかし、医薬部外品の美白オイルは非常に高価格になってしまいます。

従って医薬部外品のオイルよりも美白効果をもった天然オイルが配合されたアイテムを選ぶことをおすすめします。

例えば、以下のオイルは美白効果が期待できるといわれています。

ローズヒップオイル

ツバキオイル

グレープシードオイル

アルガンオイル

アーモンドオイル

これらのオイルには、抗酸化作用があります。シミは酸化反応の連続で生成されます。従って抗酸化作用を持つということは美白効果が期待できます。また、酸化反応は老化を進める原因のひとつでもあります。

つまり、抗酸化物質を摂取していくことは美白だけでなく、アンチエイジングにもつながります。

これらのオイルは、医薬部外品のような高い美白効果は期待できませんが、肌以外のボディやヘアにも用いることができます。美白スキンケアのお手入れの最後に塗布することでしっとりと肌を包むことができます。1本持っておくと便利だと思います。

まとめ

「オイル美容液は万能アイテム」といった認識を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、オイルのみでスキンケアを完了してはいけません。オイルはスキンケアの補助的なアイテムとしては非常に優れていますが、メリット・デメリットがあることを認識しましょう。

そしてオイル選びも大切です。広告イメージだけで選ばずに表示成分をきちんと確認しましょう。

純度の高いオイルアイテムの場合はお手入れの最後に用いることをおすすめします。また、肌以外のボディやヘアケアにも使えます。

一方、オイルエッセンスなどオイル以外の成分が含まれている場合は、界面活性剤が配合されて浸透力が改善されている場合があるので、化粧水の後などに使えます。

このようにオイルアイテムの中でも使い方や使用用途が変わってくるので、自分の持っているアイテムには何が配合されているのかをよく知った上で使うようにしましょう。