あなたはいつパックを使うでしょうか。「毎日のお風呂上りに」という方もいれば、「肌がひどく乾燥しているときだけ」「特別な日の前日」あるいは「メイクをする前」と答える方もいらっしゃるでしょう。

現在市販されているパックにはさまざまな種類が存在し、それぞれに適した使い方があります。パックに関する正しい知識を身につけ、パックの効果を最大限に引き出すことで美肌を手に入れることができます。

それではパックの種類・使用方法・裏ワザなどについて詳しく説明していきます。

パックの種類について

パックとは「美容のためになるものを顔に覆うこと」と定義されています。広い意味では化粧水や乳液、クリームもパックに該当します。しかし、今回は日常使う化粧品とは違うスペシャルケアの位置づけで販売されているパックについて述べます。

パックの種類は、大きく「与えるもの」「洗い流すもの」の2つに分けることができます。

与えるパック

「与えるパック」は、美容成分を覆った肌に送り届けます。シートマスクやクリームパック、ジェルパックといったパックが該当します。

・シートマスク

シートマスクはパックアイテムの中でも最も愛用者の多いアイテムです。便利な上、ひんやりした使用感が気持ちよく、さらにパック後は確実に肌のうるおいを実感できます。密閉力が高いためマスク液の肌への浸透力が高いからです。その分高い美容効果が期待できます。

シートマスクの素材といえば、コットンやポリエステルなどの繊維でつくられたものから、マスク液をゲル状にかためたジェリーシートとよばれるマスクまで存在します。ジェリーシートは通常のシートマスクに比べると価格は高めですが、ジェルのプルプルとした感触、ひんやりした冷感が特徴的です。

また、シートマスクには3Dマスクと呼ばれる、顔の立体構造により合ったデザインが施されているもの、セパレートマスクと呼ばれる顔の上半分と下半分に分かれてより顔にフィットしやすいもの、さらにはフェイスラインのリフトアップ効果を狙い、耳にかけてマスクを引っ張り上げるようなタイプのものまで存在しています。

デコルテ・目元・口元といった部分用のシートマスクも、気になる部分を集中的にケアできるとして人気があります。シートマスクには、保湿・美白・アンチエイジング・たるみ用などの目的のケアに合わせて、シートに含まれるマスク液の美容成分がそれぞれ設計されています。

・クリームパック(マスク)やジェルパック(マスク)

続いてクリームパック(マスク)やジェルパック(マスク)と呼ばれるアイテムについて説明します。

これらは、化粧品メーカーがスペシャルケアアイテムとして販売していることが多いアイテムです。顔にクリームやジェルを塗布してパックし、その後そのまま続きのお手入れをするタイプや、浸透しきれなかったクリームやジェルは拭き取るという場合もあります。

特別なアイテムのようにみえますが、実際には中身は通常のクリームやジェルと変わらないことが多いです。スペシャルケアという位置づけにすることで通常のアイテムよりも高価格で販売できる上、使用アイテムを増やせるのでメーカーにとってはメリットが大きいのです。

これらのアイテムが「全く効果がない」というわけではありませんが、クリームパックやジェルパックにお金をかけるのであれば日常使いのクリームやジェルにお金を費やすことをおすすめします。

与えるパックの中では、低価格のシートマスクがコストパフォーマンスの高い商品といえます。シートマスクにはたっぷりのマスク液を浸さなければなりません。

マスク液は化粧水や乳液の基本構造と大きく変わりません。50枚入りや100枚入りといった大容量のシートマスクでは、1枚あたり10~20mlのマスク液が浸っています。

化粧水、乳液の1本あたりの内容量は商品にもよりますが200ml前後ではないでしょうか。つまり、シートマスクは約5~10回の使用で化粧水1本に該当するマスク液を肌に与えることができるという計算になります。

美肌のための基本は「保湿」です。普段のお手入れだけでは「肌が乾燥する」という方は、日常的にシートマスクのお手入れを取り入れることをおすすめします。

比較的低価格なシートマスクであれば頻繁に使用することも可能ではないでしょうか。

洗い流すパック

洗い流すパックは、保湿がメインの与えるパックとは異なり、余分な角質を除去したり、毛穴をきれいにしたりする目的のアイテムが多くなります。肌にのせたまま浸透させるパックとは違い、一定時間が過ぎたら洗い流す必要があります。

洗い流すパックとしては、ピールオフパック・クレイパック・クリームパック・炭酸パックなどの種類があります。

・ピールオフパック

ピールオフパックとは、肌の汚れや余分な角質を物理的な力で剥がすピーリング作用をもったパックです。ペースト状のパックを肌に広げ乾燥させて固めます。固まった後に剥がすことで毛穴の汚れや余分な角質を取り除くことができ、肌が明るくなります。

・クレイパック

クレイパックは「泥パック」と呼ばれることもあります。クレイとは地中深くの粘土層から取り出されるきれいな粘土を意味します。クレイには、豊富なミネラルが含まれており、汚れを取り除くクレンジング効果だけではなく、肌荒れ改善効果も期待できます。

クレイは産地によって品質が大きく異なるといわれています。安価に販売されているものの中には、質の悪いクレイを使用している可能性があるので購入時には産地が表示されているものを選ぶようにしましょう。

・クリームパック(マスク)やジェルパック(マスク)

与えるタイプのクリームパック、ジェルパックは通常のクリームやジェルと中身が相違ないと説明しましたが、洗い流すタイプの場合は、使用目的によっては効果が大きく変わってきます。

例えば、クリームパック、ジェルパックにピーリング効果がある場合は通常のクリーム、ジェルとは全く異なる作用を示します。

一方で、美白成分を配合した洗い流すタイプのクリームパックやジェルパックも存在します。この場合は結局洗い流してしまうので、通常の美白クリームや美白ジェルを使用する方が高い美白効果が期待できます。メーカーの都合に惑わされないように自分で判断できるようになりましょう。

・炭酸パック

炭酸が美容で注目されて以降、炭酸パックがさまざまなメーカーから販売されました。

炭酸には「血行促進効果」があります。炭酸は分子量が小さく、肌の血管まで浸透します。炭酸には二酸化炭素が含まれているため血管に届くと、不要な二酸化炭素を排出しようと血管が広がります。

これによって、血行が促進され溜まった老廃物を流し、さらに酸素や栄養分が肌全体に行き渡るようになります。

炭酸パックは、炭酸ガスを使って容器をワンプッシュするだけで瞬時にモコモコの気持ちいい泡をつくります。炭酸ガスを含んだ泡を肌にのせて一定時間置くことで、炭酸が血管に働きかけ、血行を促進し、くすみ・くまなどを除去するようにも働きかけます。

また、炭酸ガスに含まれる炭酸ナトリウムには肌を柔らかくしたり、余分な角質や毛穴の汚れを取り除いたりする効果もあります。これらの効果により肌が明るくなることが期待できるため、美白のスペシャルケアとして位置づけられて販売されていることもあります。

このように炭酸パックはいいこと尽くめのようにみえますが、商品選びには注意が必要です。

泡をつくるために使用されるガスには、「炭酸ガス100%」のものだけでなく、石油系の原料でつくられた「LPGガス」が混合されている商品が多く存在します。LPGガスは液化石油ガスとも呼ばれ、決して肌に良いものではありません。むしろ肌の上でパックしていると刺激を感じることも少なくないでしょう。

ではLPGガスが含まれた商品かどうかを判断するにはどうしたらよいのでしょうか。それは、表示成分をみれば簡単にわかります。表示成分が「炭酸ガス」のみであれば余計なガスは混合されていません。

しかし「炭酸ガス、LPGガス」などと表記されている場合には使用は避けましょう。特に敏感肌や肌荒れしているときには使わない方が良いといえます。

炭酸パックに限らず、ガスを使っている化粧品アイテムは注意が必要です。ムースファンデーション、ムースタイプの日焼け止めなどは購入のさい、配合されているガスの種類を確かめてから選ぶようにしましょう。

パックの正しい使用方法・注意点

パックを効果的に使うための正しい使用方法・注意点について述べていきます。

シートマスクを使用するベストタイミングは?

シートマスクの美容効果を最大限に引き出したいのであれば、湯船に浸かりながら使用することをおすすめします。

全身きれいに洗って最後に湯船に浸かる方が多いと思います。このときの肌は、湿気・温度・洗浄によって肌の表面がふやけ、皮脂も少なくなっているためバリア機能が低下している状態になっています。つまり、美容成分が最も浸透しやすいタイミングといえます。

またお風呂に浸かっている間、実は肌はますます乾燥していることをご存知でしょうか。

洗浄後の肌は、本来肌に存在する天然うるおい成分が流されてしまい、バリア機能も低下しているため、肌の奥の水分がどんどん蒸発していくのです。

従って、全身をきれいに洗った後の入浴中はシートマスクでパックしながら浸かることで、肌の乾燥を防ぐだけでなく、美容成分を肌の奥に届けることが期待できるのです。

ただし、湯船の温度が熱く汗がダラダラ流れる状態では、シートマスクでパックを行っても美容成分が流れてしまい、あまり効果がありません。そもそも熱すぎるお湯に浸かることは体にもよくありません。理想の湯船の温度は「体温+3~4度」といわれています。適切な温度の湯船に浸かるようにしましょう。

「毎日湯船に浸かる習慣がない」という方は、お風呂上りすぐにシートマスクを使いましょう。お風呂上りは湿度の差によって肌の水分が急激に奪われてしまいます。

また、シートマスクは長時間肌にのせると乾き始めたシートが逆に肌の水分を奪い始めます。10分程度で取るようにしましょう。

洗い流すタイプのパックはいつ使えばいいのか?

洗い流すタイプのパックをシートマスクと同様に入浴中に使用するのは意味がないどころか逆効果です。洗い流す必要のあるアイテムは、もともと全てが肌に良い成分ではないことを意味しています。それらの成分が入浴中に肌の奥に浸透してしまうと肌にダメージを与えてしまいます。

洗い流すタイプのパックはクレンジング後、あるいは洗顔後に用いるようにしましょう。特にピールオフパックやクレイパックは使用後肌が乾燥するので、その後の保湿ケアはいつもより入念に行うことが大切です。

パック時間についても使用方法を守り、指定時間以上肌に塗布しておかないようにしましょう。

パーツ用パックの裏ワザ

最近は唇用パック、目元用パック、ハンドパックなど体のパーツ別の保湿パックが販売されています。顔全体の保湿パックはシートマスクの使用をおすすめしますが、部分用のパックはわざわざアイテムを購入しなくても簡単にパックができてしまいます。

唇用パックはワセリンとサランラップで

赤ちゃんの肌にも使える「ワセリン」は実は万能アイテムです。「リップクリームをいくら塗っても乾燥する」という方は、ワセリンを唇に塗ってその上からラップをつけて5~10分程度パックしてみてください。リップクリームよりもはるかに保湿されます。

目元用パックはコットンと化粧水で

冬場は特に目元の乾燥が気になる方が多いのではないでしょうか。また、目元のシワを改善するため目元専用のパックやアイクリームを購入している方も多いと思います。

もちろんアイクリームや目元専用のパックに効果がないというわけではありませんが、コットンと化粧水で代用できます。コットンにたっぷりの化粧水あるいは乳液を含ませて目元にあててパックします。10分程度ではがすようにしてください。

パック後に目元がひんやり冷たく感じれば、水分がきちんと浸透したサインです。パックに用いる化粧水や乳液は安価なものでかまいません。

ハンドパックは寝ている間、あるいは食器洗いのときに

「年齢は手元をみればわかる」というように、手は年齢があらわれやすい部分です。顔はメイクで隠すことができますが、手は常に露出している部分であり意識してお手入れしたい部分です。

ドラックストアなどでは手袋の形をしたシート状のハンドパックが販売されています。美容成分を含んだシート状の手袋に手を入れてパックするスタイルのものです。しかし、毎日のお手入れに取り入れるとなるとコストがかかってしまいます。

そこでおすすめは、自分の手にフィットした綿の手袋を購入することです。寝る前にたっぷりのハンドクリームを塗ってその手袋をはめて寝れば、次の日手元の肌のトーンが明るくなっていることを実感できます。綿の手袋の場合は洗濯も可能ですので、繰り返し使うことができます。

「手袋をつけたまま寝れない」という方には、食器を洗っている時間を利用したハンドパックをおすすめします。

食器を洗うさいに使用するゴム手袋をはめる前に、たっぷりのハンドクリームを塗布し、その後ゴム手袋をはめて熱めのお湯で食器を洗えばその間に蒸気とクリームの成分で手元がしっかり保湿された美しい手に生まれ変わります。

まとめ

パックは用途に合わせて賢く使いわけることが大切です。購入のときは、まずパックが「与えるタイプのもの」か「洗い流すタイプのもの」か、その目的を確認してください。

またクレイパックの場合は粘土の産地、炭酸パックの場合はガスの種類というように成分もきちんと確かめることが大切です。使用方法についてもアイテムによって異なるので間違った使い方をしないように気をつけましょう。

パーツ用のパックについてはお金をかけない裏ワザ試してみてください。