apple-624156_640

ピーリングには美白効果があることをご存知でしょうか。

ピーリングは美白化粧品には分類されません。しかし物理的にシミを剥がすことができます。「シミを剥がす」と聞くと、少し怖いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ピーリングは正しい使い方さえ理解していれば、お肌を白く導くことができます。さらに美白化粧品と併せて使用すれば、美白の相乗効果も期待できます。

ぜひ、日常ケアにピーリングアイテムも取り入れてみてください。

ピーリングとは何か?

ピーリングは英語の「peel:皮をむく」から派生した言葉です。つまりピーリングは、「肌の一番表面にある角層(皮)という部分を剥ぐ」という意味をもっています。剥ぐというと少し乱暴な印象を受けると思いますが、いきなり剥ぐのではなく、ピーリングは「角層を柔らかくし、溶かして、剥がす」といった流れですすみます。

それではなぜ、ピーリングをすると美白になるのでしょうか。

肌は通常約28日の周期で生まれ変わります。これをターンオーバーと呼びます。ターンオーバーが正しく働いていると、肌の奥で生まれた新しい肌細胞は28日間かけて少しずつ表面に上がっていきます。

28日が過ぎると古い肌細胞(角層)は、肌の表面から自然に剥がれ落ちます。このようなサイクルで私たちの肌は常に肌が再生しているのです。

紫外線によってできてしまったメラニン(シミのもとになる色素)は肌の奥で生まれ、タンパク質によって表面に移送されます。表面に移送されたメラニンはシミとして肌で目立つようになります。

紫外線はシミを増やすだけではなく、肌のターンオーバーも遅らせてしまいます。また、加齢もターンオーバーを遅らせる大きな原因の1つです。つまり、肌の生まれ変わりがうまくいかず、肌にシミが溜まってしまうのです。

例えば子供の頃は、日焼け止めクリームを塗らないまま、いくら紫外線をあびてもシミができなかったと思います。それは、肌の生まれ変わりが速いからです。

つまり新しい細胞を生み出す再生能力が高いためメラニンが溜まる前に肌の外へ排出することができ、シミを生じないのです。

要は、子供のときと同じように肌のターンオーバーを高めることができれば、シミをつくりにくい肌にすることができます。

ピーリングは肌の表面の古い細胞を柔らかくして溶かし、自然に剥がす役割を持つので、肌のターンオーバーを促すことができます。つまり、肌の表面に溜まったシミを排出することができるので美白効果が期待できます。さらに、肌の生まれ変わりを促すので透明感のあるきれいな肌へ導いてくれます。

ピーリングに使われる成分について

一般的なピーリング化粧品に使用されている成分について解説します。ピーリング化粧品は、「酸の働きで古い細胞を溶かすもの」「力を加えて物理的に剥がすもの」の大きく2つに分類できます。

1. 酸の働きで古い細胞を溶かすもの

・αヒドロキシ酸(アルファ-ヒドロキシ酸)

αヒドロキシ酸は英語名がAlpha Hydroxy Acidであるため、化粧品のパッケージなどではAHAと表記されることが多いです。αヒドロキシ酸は「フルーツ酸」とも呼ばれます。AHAにはグリコール酸、クエン酸、乳酸、リンゴ酸などが該当し、これらの酸の総称と考えてください。AHAはフルーツやサトウキビ、玉ねぎなどから抽出されます。

AHAの中でも、最も酸としての力が強く、高いピーリング効果をもつ成分はグリコール酸です。

・βヒドロキシ酸(ベータ-ヒドロキシ酸)

βヒドロキシ酸の英語名はBeta Hydroxy Acidであり、BHAと表記されることが多いです。BHAの中で主にピーリング化粧品に使用されている成分はサリチル酸です。サリチル酸は医薬品として水虫やイボ、タコの治療に使われています。

医療機関で実施されるケミカルピーリングでは高濃度のサリチル酸を使って肌の奥からピーリングします。

しかし、強いピーリングは炎症や腫れなどを引き起こす可能性があり危険なので、化粧品に使用できるサリチル酸の濃度は0.2%までと定められています。

化粧品には非常に低濃度のサリチル酸しか配合することができないのでピーリング効果が低く、AHAと組み合わせて配合されることが多いです。

・硫黄(イオウ)

イオウはAHAやBHAとは違って酸ではないのですが、空気に触れると強い還元作用をもちます。イオウの還元作用は「特定の結合を壊す働き」があるので、肌細胞の結合を壊し、剥がしとることができるのです。

イオウには独特の臭いがあるため、イオウが配合されている化粧品はあまり見かけませんが、ピーリング効果のある洗顔などに配合されていることがあります。

2. 力を加えて物理的に剥がすもの

・スクラブ

スクラブとは、細かい粒子に汚れや古い角質を吸着させて摩擦でピーリングする方法です。細かい粒子には、塩や海藻、植物の皮などの天然素材、ナイロンパウダーなどの合成素材などが用いられます。ただし、塩は目に入ると刺激になります。

粒子の細かい合成素材(ナイロンパウダー、マイクロビーズなど)は、お風呂などで使用した後、粒子が細かいため汚水処理で除去されずに海に流れでてしまうこともあります。

これが海を汚染したり、魚が間違って食べたりして環境問題が指摘されています。そのため粒子の細かい合成素材をスクラブとして配合することを禁止している国もあります。

・ピーリングジェル

ピーリングジェルにはカルボマーとよばれるゲル化剤(水分で膨張するもの)が配合されています。このカルボマーは、肌の上にある汚れなどに反応して白いカスのようなものを生じます。

これが肌の上で転がることによって、肌表面の不要な角層をさらに吸着して剥がすことができるのです。

・ピーリングパック

ピーリングパックとは、「ピーリングパックを塗った後一定時間放置させて固まったらめくる」というものです。通常のパックのように何か肌に美容成分を与えるというよりは、肌の不要なものを取り除くことが目的です。

固めてめくる際に肌の汚れと共に古い細胞を一緒に剥がすことが期待できます。ジェルタイプのものやクレイパックと呼ばれる泥でできたものが存在します。

これらスクラブやピーリングジェル、パックに加えて、先ほど説明したAHA、BHA、イオウなどのピーリング成分を配合して売られている商品も多いです。

ピーリングの美白以外の効果

ピーリングには美白効果以外にもさまざまな美容効果を期待できます。

・毛穴の汚れを取る

ピーリング成分が毛穴に詰まった汚れを溶かしたり、スクラブなどに吸着したりして、毛穴の汚れを取り除くことができます。

・にきび予防

にきびの原因となるアクネ菌は毛穴の角栓の奥に住み着いて増殖します。前述した通り、ピーリング剤は毛穴の汚れを取り除く効果もあるのでアクネ菌が増殖しにくい肌環境をつくることができます。その結果、にきび予防につながるのです。

・化粧品の浸透をよくする

古い角質は肌をごわつかせ、化粧品の浸透を妨げます。ピーリングで不要な角質を取り除くことによって肌をやわらかくし、化粧品の浸透がよい状態に導きます。

また、古い角質が排出されずに肌の上で重なると「角質肥厚」という状態を引き起こします。これには乾燥や紫外線などで、肌が防衛しようという機能が高まりすぎて皮膚を厚くしてしまうのです。

ピーリングでターンオーバーを促し、さらには保湿、紫外線対策をきちんとすれば元の状態に戻ります。

ピーリングのアイテムを使うなら何を選ぶべきか

ピーリングのアイテムには化粧水、乳液、パック、洗顔に至るまでさまざまな種類が存在します。どのような基準でどんなアイテムを選ぶべきか紹介しましょう。

化粧水

ピーリング化粧水で多いものが「ふきとり化粧水」あるいは「にきび用化粧水」です。

ふきとり化粧水とは、化粧水をコットンに含ませて肌の古い角層を物理的にふきとるタイプの化粧水です。ピーリング成分が含まれている商品も存在します。

ふきとり化粧水でピーリングを行うと、確かに汚れや角層が取れた感じがして気持ちいいのですが、コットンの繊維が肌を傷つけて炎症をもたらすことがあります。

また、にきび用化粧水は多くの場合でピーリング効果があるものの、すべてにピーリングの成分が含まれているかというとそうではありません。

外国製のにきび化粧水には比較的ピーリング作用をもつものが多いといわれています。前述した通り、ピーリングにはニキビの予防効果があるからです。

ただ、ニキビ用化粧水にわざわざ「ピーリング作用あり」とは表記されていません。パッケージの表示成分を見て、AHAやBHAが配合されているかどうかを確認してみましょう。これらの成分が含まれていれば、ピーリングによるニキビ予防まで期待できます。

乳液

乳液タイプのピーリングの場合は、AHAやBHAが配合された乳液を肌に塗布して、塗布している間に自然に角質を溶かして落とすといったようなタイプが多いです。ピーリング効果は弱いため、毎日使っても問題ないように開発されている商品が多いです。

乳液タイプのピーリングの中には、ふきとり化粧水のような使い方を推奨しているものもあります。ふきとり化粧水よりも、ふきとり乳液の方が油を含んでいる分、摩擦力を減らせるのでコットンによる肌への刺激を軽減できます。

ただし、刺激を避けるために毎日ふきとることはやめましょう。

洗顔フォーム

顔に使用するピーリングアイテムは洗顔フォームがおすすめです。特にお風呂で、ピーリング効果のある洗顔フォームを使用するいいです。元々温かい湯気で肌がふやけてやわらかくなっているので、ピーリング効果が発揮されやすい環境にあるといえます。

前述した、AHA、BHAなどを含んだスクラブ入りの洗顔フォームを選ぶとよいでしょう。ただし、肌に負担がかかるので毎日の使用しないでください。肌の状態にもよりますが、週に1回程度にしておきましょう。

美白に熱心な方の中には、「フルラインで美白アイテムを使用した方が、効果が高いのではないか」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

美白スキンケアラインの中には洗顔フォーム、クレンジングも一緒に売られていることがあります。正直、洗顔フォームやクレンジングにいくら美白成分が配合されていても、洗い落としながら美白成分が浸透していくということは期待できません。それならピーリング効果のある洗顔フォームを使用した方が美白効果は高いといえます。

さらに、肌に美容成分を与えるアイテムである、化粧水、乳液、クリーム、美容液を美白化粧品にすることは高い美白効果が期待できます。ただ、洗い流すアイテムである、クレンジング、洗顔フォームに美白ラインのアイテムを使用しても高い美白効果は期待できないといえます。

もちろん、安い製品がいいというわけではありません。安いクレンジングの中には、肌によくない界面活性剤や油が使用されていることもあるので高級なクレンジング、洗顔フォームの方が安心ではあります。

しかし、日本国内で販売されている製品でも、粗悪品でなければ問題ないです。その分、肌に与えるアイテムにお金を回す方がかしこい美肌ケアだといえます。

パック

ピーリング効果のあるパックも肌への負担が低いといえます。毎日の使用はおすすめできませんが、「肌の表面がごつごつする」など、なめらかさがなくなったときなど、スペシャルケアとして取り入れるとよいでしょう。

ボディこそピーリングケアが美白への近道

あなたはボディの美白ケアに何を使用していますか。顔と同じ美白化粧品をそのまま使っているでしょうか。それともボディ用の美白化粧品を購入しているでしょうか。

顔に塗るのと同じ美白化粧品を体にも使用しているなら、もちろん美白効果が期待できます。あるいは顔用の美白スキンケアの安いアイテムを体に用いている方も多いかと思います。これも美白効果が期待できます。

注意していただきたいのが「医薬部外品ではない、なんとなく美白のイメージを謳ったボディ用のアイテム」を使用している方です。

そのアイテムが安い価格であれば美白効果は期待できないかもしれません。ボディ用として売られている商品は大容量のものを安く売る必要があり、美白の有効成分を高濃度で配合することがコスト的に厳しいからです。

医薬部外品として販売されているボディ用美白アイテムは別ですが、単なる化粧品で美白をイメージしたボディケアアイテムには美白の有効成分は低濃度しか配合されていないと考えてください。

例えば美白ラインと同じブランド名で販売されているような医薬部外品ではないボディケアアイテムです。美白有効成分は原料自体の価格が高いため、メーカーはコスト的に量を多く配合できません。

顔に使用する化粧水、乳液などの場合は大容量にしなくてもいいので、比較的安い価格でも美白効果のある医薬部外品を販売できます。しかし、ボディ用品の場合は医薬部外品で美白効果のある安価な商品をつくるのは、メーカーにとってあまりメリットがありません。

つまり、顔にもつけられるような美白スキンケアを表面積の広いボディに使わなければ美白効果は期待できません。または、医薬部外品の美白ボディケアアイテムを活用する必要があります。

ただし美白成分が配合されている医薬部外品をボディイケアに対して使うとなると、高額なお金がかかってしまいます。そこで、ボディの美白ケアにはピーリングをすすめします。

顔につける美白化粧品を体につけるのはもったいないです。そこで、ボディこそピーリングアイテムを使用しましょう。

体は顔に比べると刺激に強く、いたわりすぎる必要もありません。AHA、BHAの配合されたボディソープやボディスクラブを使用するとよいでしょう。肌が乾燥していないのであれば、毎日使用しても問題ありません。

ピーリングを使用する際の注意点

最後にピーリングを美容ケアに取り入れる場合の注意点について説明します。ピーリングには美白効果だけでなく、さまざまな美容効果もあることを記しました。ただ、もともと自然に行わなければならない肌のターンオーバーを何かの力を借りて進めているので、肌に負担がかかることも忘れないでください。

ピーリング後の注意点は以下の通りです。

・バリア機能低下

ピーリングで角質を剥がせば、比較的新しい肌細胞が表面にでてきます。

それまで角質が壁となり、外界からの刺激から守っていたのですが、新しい細胞にはバリア機能が十分備わっていません。そのため、肌のバリア機能が低下してしまい、刺激に敏感になってしまったり、紫外線も浴びやすい状態になってしまったりします。

そこでピーリング後は「肌のバリア機能を高めるセラミドが配合されたクリーム」を塗るようにしましょう。紫外線対策もいつもより入念に行うようにしてください。

・肌の乾燥

バリア機能が弱くなると、肌の水分保持能力も低下してしまうため肌が乾燥します。ピーリング後は特に入念に保湿しましょう。

・肌荒れ、ニキビ

強いピーリングやピーリングのやりすぎは、肌に刺激を与えて肌荒れやニキビを生じます。特に肌荒れがひどいとき、ニキビがひどいときは肌が敏感になっているのでピーリングは控えましょう。

・使用頻度

ピーリング後は肌がなめらかになり気持ちのいいものです。しかし使用頻度をあやまると肌には悪影響しかありません。パッケージに書かれた使用頻度以下で使うようにしてください。

また、「肌の調子が悪いとき」「肌につけるとピリピリするなど成分が肌に合っていないと考えられるとき」は無理して使用しないようにしましょう。

さらに、肌に合わない成分を使い続けると炎症をおこします。長引く炎症は、肌に炎症性のシミをつくってしまいます。

・外国製のものは気を付ける

日本人は欧米人に比べて角質層が薄いといわれています。海外では効果があって人気のアイテムであっても、日本人の肌に合うとは限りません。

ピーリングの場合は成分が強い場合があります。外国製の商品は「日本人の口コミ」などを確認して、自分の肌でも使えるか確認するようにしてください。

まとめ

ピーリングには肌の生まれ変わりを促進することで肌に溜まったシミを排出することができ、古い細胞を剥がすことで透明感のある肌へ導くことが期待できます。

ピーリングのアイテムにはAHAやBHA、イオウなどのピーリング成分と一緒に、物理的な刺激を与えるものが組み合わさって商品として販売されています。その中でも顔には美白が期待できるスクラブ洗顔がおすすめです。

ボディの美白ケアには、医薬部外品の美白化粧品か、ボディスクラブなどのピーリング剤を選ぶとよいでしょう。

さまざまな美容効果のあるピーリング剤ですが、ピーリング後は肌がデリケートになっているためしっかり保湿ケア、紫外線対策を行いましょう。

使い方をきちんと守り、自分の肌にあったピーリングアイテムを選べば、ピーリングは美白効果を高めてくれる心強い味方になります。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。