oil-in-water-1438458_640

あなたはシリコーンオイルが配合された化粧品をどのように評価するでしょうか。

「ノンシリコンを使うべき」「シリコーンオイルは肌に悪い」という考えを持つ方が多いと思います。これは、オーガニック化粧品や自然派化粧品のブームにより、化学的に合成されたシリコーンが悪者のように取り扱われるようになったからです。

しかし、シリコーンオイルを使用した化粧品が全て悪いとは一概にはいえません。シリコーンオイルにも長所・短所が存在し、アイテムによってはシリコーンオイルの長所が必要な場合もあります。

今回はそのシリコーンオイルを見極める方法について紹介していきます。

シリコーンとは何か

そもそも、シリコーンとは何かについてまずは知っておく必要があります。シリコーンは現在さまざまなところで使用されています。

例えば、キッチン用品や豊胸手術の素材として使用されていることは多くの方がご存知だと思います。これらのシリコーンは化粧品に配合されているものとは違い、シリコーンゴムと呼ばれるものです。熱に強く、安全性も高いためシリコーンゴムは広く活用されています。

一方、化粧品に配合されているシリコーンはシリコーンオイルです。シリコーンゴムもシリコーンオイルもシリコン(ケイ素)から作られた化学物質です。シリコンからつくられて合成された化学物質を総称して「シリコーン」と呼びます。

今回説明するのはシリコーンの中の、「シリコーンオイル」についてです。

シリコーンオイルにはさまざまな種類が存在します。その中でも一般的に使用されているのが、ジメチコン・シクロメチコン・メチコン・シロキサンなどです。これらの名称の前に「メチルポリ~」「シクロペンタン~」など横文字の名前がつくことも多いです。

シリコーンオイルの長所と短所について

それでは、シリコーンオイルの長所についてみていきましょう。

シリコーンオイルは生理的に不活性(私たちの体へ何も影響がないこと)なため、安全性・安定性が共に高く化粧品の原料として優れています。また、耐熱性も高いので加工しやすい素材です。その他にも、以下のような化粧品に必要な機能を持ち合わせています。

・撥水性(はっすいせい):水をはじく力がある

・揮発性:油であるものの、揮発性がある

・感触が良い:オイルだが、重くベトベトしておらず軽い使用感

・潤滑性:摩擦を減らし、滑りを良くする

・消泡性:泡消しの働きをする

・被膜性:膜を張る性質がある

このようにシリコーンオイルは、非常に利用用途が広く優れた化粧品原料であることがわかります。

続いて、シリコーンオイルの短所についてです。

シャンプーなどで問題視されているのが、毛髪への残留性です。シリコーンオイル自体、体内で不活性ではありますが、毛髪に蓄積してしまうと、トリートメント剤などが浸透しにくくなります。

さらにパーマやカラーの薬剤が浸透しにくくなり、このときパーマやカラーをするためにはより強い薬剤を使用しなければならなくなってしまいます。これは髪にとって負担が大きくなります。

毛髪だけでなく、肌の上でシリコーンオイルが被膜を張っている状態だと美容成分が浸透しにくくなる可能性があります。

アイテム別にシリコーンオイルの良し悪しを確認

それではメイク、日焼け止め、スキンケア、シャンプー、洗い流さないトリートメントについてそれぞれシリコーンオイルの良し悪しについて見ていきましょう。

メイク用品で使用されるシリコーンオイル

メイク用品でシリコーンオイルは広く使われています。例えば、リキッドファンデーションでは軽い使用感をつくるためにシリコーンオイルを配合したり、シリコーンオイルの被膜性で化粧持ちを良くしたりします。

また、メイク用品にはシリコーンオイルだけでなく、化粧品に使用される粉体をシリコーンオイルで加工した「シリコーンパウダー」も配合されています。シリコーンパウダーは撥水性(はっすいせい)があるので、汗による化粧崩れを防ぐことができます。

メイク用品で使用されているシリコーンオイルは長所が生かされており、クレンジングをすれば肌に残ることはないので「シリコーンオイルが配合されているからこのメイクはよくない」と判断すべきではありません。

日焼け止めで使用されるシリコーンオイル

日焼け止めには紫外線吸収剤が広く用いられています。紫外線吸収剤は肌にダメージを与えるUVを吸収し、紫外線が肌の奥に届かないようにする成分です。しかし、決して肌に良い成分ではなく、刺激や肌荒れを生じる原因になってしまいます。

この紫外線吸収剤の刺激を防ぐ役割をするのが環状シリコーンオイルです。シリコーンオイルの中でも環状構造をとっており、紫外線吸収剤を包み込んで肌に吸収剤が直接触れないように設計されています。

日焼け止めで配合される環状シリコーンオイルは主に「シクロペンタシロキサン」です。紫外線吸収剤が配合されていても、同時に環状シリコーンオイルが多く配合されている日焼け止めは、刺激を抑えられる可能性があるので肌に優しい処方設計といえるでしょう。

ただし、環状シリコーンオイルは少量では効果を発揮できません。表示成分について、1%以上の配合されている成分は「含有量の多い順」で書かれています。つまり、最初の方にある成分についてはある程度の量が確保されていることになります。

こうした理由から、表示成分の最初の方(3番目くらいまで)に「シクロペンタシロキサン」の名前がある日焼け止めを選ぶようにしましょう。

紫外線吸収剤の刺激を環状シリコーンオイルが包んで、肌に直接触れないようにしてくれます。

環状シリコーンオイル以外のシリコーンオイルは、撥水性や被膜性で汗に強くする目的などで使用されています。

スキンケア用品で使用されるシリコーンオイル

シリコーンオイル自体に美容効果はありません。そのため、シリコーンオイルを配合することによって肌に何らかの効果をもたらすわけではありません。

スキンケアでシリコーンオイルが使われる目的はメイクや日焼け止めとは異なります。シリコーンオイルが乳液やクリームに配合されるのは、「軽い使用感をつくること」「アイテム自体のツヤをだすこと」「泡を消すこと」などが主な目的です。

例えば、クリームでは多くの油を配合するため使用感が重くベタっとした仕上がりになってしまいます。そのようなときに、シリコーンオイルを用いることで使用感を軽くサラっとした仕上がりにすることができるのです。

また、クリームや乳液を手にとったとき、曇っているクリームよりもツヤがあって見た目にもきれいなクリーム・乳液の方が高級感を感じると思います。シリコーンオイルにはツヤをだす働きがあります。化粧品メーカーは高級感を演出するためにシリコーンオイルを使用することがあります。

泡消しについてですが、乳液もクリームも油と水を混ぜるために乳化剤を用います。乳化剤は乳液やクリームに泡を残してしまいます。シリコーンオイルを配合することにより、その消泡性で泡を消すことができます。

このように、スキンケアに配合されているシリコーンオイルは「お客さんの肌のため」というよりは、「メーカー側の都合」で配合している場合が多いのです。また、シリコーンオイルの被膜性により、美容成分が浸透しにくくなる可能性があります。

見た目や使用感もスキンケアの評価の1つにつながりますが、肌のことを考えるとわざわざシリコーンオイルを使用したスキンケア製品を購入する必要はないといえます。

シャンプーに使用されるシリコーンオイル

シャンプーでは、シリコーンオイルは滑りをよくする目的で配合されています。シャンプーには頭皮の汚れを落とし、泡立てるための界面活性剤が大量に配合されています。

界面活性剤のみだと洗い上がりの髪の毛がギシギシになり、パサついたり絡まったりしてしまいます。シリコーンオイルを配合することで洗い上がりの髪の毛がサラサラに仕上がります。

しかし、前述した通り、シリコーンオイルは毛髪で蓄積してしまいます。これによりトリートメント成分やパーマ、カラーなどの薬剤が浸透しにくくなってしまいます。浸透させるために強い薬剤を使用するのは髪にも負担がかかるのでよくありません。

やはりシリコーンオイルの入ったシャンプーは避けるべきです。だからといって無条件に「ノンシリコンシャンプー」を購入すればいいというわけではありません。質の悪いシャンプーからシリコーンオイルを抜いてしまうと、洗い上がりがキシキシになってしまいます。

ここでいう質の悪いシャンプーとは安価な界面活性剤を大量に配合したシャンプーのことです。ノンシリコンシャンプーを選ぶのであれば、質の良い界面活性剤を配合しているシャンプーを選ばなければなりません。

では、どのように良いシャンプーを探せばいいのでしょうか。高品質のノンシリコンシャンプーを探すのであれば、サロン専売品のシャンプーがおすすめです。シリコーンオイルの使用を嫌がるのは美容師さんです。なぜなら髪に余計なコーティングがされてしまうため、パーマやカラーが上手くいかなくなるからです。

ヘアサロンではシリコーンオイルを配合せずに質のよい界面活性剤のみで洗い上がりをよくするシャンプーを販売しています。

洗い流さないトリートメントに使用されるシリコーンオイル

洗い流さないトリートメントを使用している方も多いと思います。中にはノンシリコンシャンプーを使用して、洗い上がりのパサつきを洗い流さないトリートメントでカバーしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、洗い流さないトリートメントも注意が必要です。「ツバキ油配合」「アルガンオイル配合」と書かれていても、シリコーンオイルが配合されていることがあります。植物油だけだとどうしても髪がベタつき、サラサラに仕上がらないからです。

さらに、自然の植物油だから髪に必ずしもいいというわけではありません。天然のものほど酸化されて変な臭いがしたり、髪に蓄積してしまったりすることも考えられます。

髪のことを考えると、洗い流さないトリートメント自体、使用をおすすめできません。乾燥してどうしても静電気がひどいときだけ、毛先に少しつける程度にしましょう。

なお、「スキンケア用のオイルを髪にも使う」という方もいらっしゃるかと思いますが、シリコーンオイルが配合されている可能性が高いので確認してから使用するようにしてください。

まとめ

シリコーンオイルは利便性が高く、安定性・安全性にも優れているため、化粧品メーカーにとっては欠かせない原料の1つといえます。しかし、シリコーンオイルの長所・短所を知った上でシリコーンオイルが配合されたアイテムを使うようにしましょう。

メイク用品はシリコーンオイルの有無に神経質になる必要はありません。クレンジングできちんと落とせば肌に問題はありません。

日焼け止めについては、紫外線吸収剤が配合されている場合、むしろ環状シリコーンオイルが配合されている方が肌への刺激は少なくなります。汗をはじくという効果もあるのでシリコーンオイルは配合されていても気にしなくてよいでしょう。

一方で、スキンケア用品、シャンプーや洗い流さないトリートメントでは、シリコーンオイルが配合されたものは避けましょう。

シリコーンオイルには特に美容効果はない上、被膜効果が邪魔をして他の美容成分の浸透を妨げます。髪においてはシリコーンオイルが余計なコーティングをしてしまい、トリートメント成分、ヘアケアの薬剤が上手く浸透しなくなってしまいます。

雑誌やネット、またメーカーが宣伝していることだけを鵜呑みにせずに、自分で表示成分を確認し、「なぜこの成分が配合されているのか」ということを考えることも大切です。毎日自分の肌・髪につけるものは、慎重に選びましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。