bun-268237_640

あなたは普段、肌の「糖化」を意識しているでしょうか。肌が糖化しないように、何か心がけていることはあるでしょうか。糖化は、肌を老化させるだけでなく、肌を黄色くしたり、肌にたるみやしわをつくったりします。

美白ケアといえば、紫外線からの肌のケアに集中しがちですが、「糖化」という美白の敵が存在することも知っておく必要があります。

「美白ケアはしているけれど、糖化についてはよく知らない」という方は、「抗糖化ケア」についても取り入れることをおすすめします。スキンケアと生活習慣によって、糖化の改善・予防が可能です。

糖化とは何か。

化粧品に詳しい方であれば、一度は雑誌やテレビなどで「糖化」に関する化粧品や健康特集を目にしたことがあるかと思います。なぜ糖化がそこまで注目されるのでしょうか。それは、糖化が肌の老化だけではなく、体の健康にも関わってくるキーワードになるからです。

糖化とは、体内の余分な糖分がタンパク質と反応して、体温などで熱せられることによりAGE(Advanced Glycation End products)とよばれる老化物質をつくりだす反応のことです。

実は、糖化は毎日のように私たちが目にしている反応です。

例えば、お菓子作りをイメージしてみましょう。ケーキやクッキーを作るとき、生地にたっぷりの砂糖を入れます。これを焼くと生地の色が茶色く変色すると思います。これが糖化です。

加熱によって生地の中で糖分とタンパク質が反応し、褐色のAGEが生成されます。砂糖が多ければ多いほど焦げやすいのは、それだけ糖化が進むからなのです。

糖化は非常に身近な反応ですが、糖化によってつくりだされたAGEは、私たちの体内でさまざまな悪影響をもたらします。

AGEがもたらす体の影響についてみていきましょう。

シワやたるみ

AGEは肌の弾力を保っているコラーゲンを壊すため、シワやたるみを引き起こします。

肌が黄ばむ

AGEは褐色の物質のため、AGEが溜まると肌が黄色くなってしまいます。その分だけ、美白から遠ざかると考えてください。

肥満を悪化

糖化は体内のさまざまな代謝反応を妨げるので、内臓脂肪をますます溜めてしまい、肥満が悪化します。ダイエットしにくい体を作る原因になるのです。

動脈硬化(血管が硬くなる)

AGEが血管に弾力をもたらしているコラーゲンを破壊するので、血管は硬くなりやがて動脈硬化を引き起こします。動脈硬化は血流の流れを悪くして血管を詰まりやすくするので、血管詰まりが原因の脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病気をもたらします。

骨粗しょう症(骨がもろくなる病気)

コラーゲンは骨にも存在しているため、AGEによってコラーゲンが壊されることで骨の強度も弱くなってしまいます。骨がもろくなると骨粗しょう症のリスクが上がります。

骨粗しょう症を発症すると、骨がスカスカになります。その結果、わずかな衝撃によって骨折しやすくなります。

白内障(目の水晶体がにごって見えにくくなる病気)

目の水晶体に存在するタンパク質と反応して糖化がすすむことでAGEが蓄積し、白内障を引き起こしてしまいます。

アルツハイマー(認知症の1つ)

脳内にAGEが蓄積することで、脳の神経細胞を死滅させる一因となります。その結果、アルツハイマーを発症することがあります。

糖尿病の合併症(糖尿病がきっかけで併発する病気)

糖尿病とは、血中の糖分が常に過剰に余っている状態です。そのため糖化がすすみやすくAGEが蓄積されてしまいます。毒性の強いAGEは糖尿病の3合併症とも呼ばれる神経障害、網膜症、腎症の発症に関わっています。

このように説明すると、毎日糖分を摂取している私たちは全員これらの病気を引き起こすのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれません。ただ、AGEは通常腎臓でろ過されて尿中に排泄されます。

しかし、多量のAGEが存在する場合、ろ過が追い付かなくなり、体内に溜まってしまいます。

糖化を防ぎ、改善するスキンケア法とは?

糖化によって黄ばんだ肌は、美白化粧品では改善されません。糖化ケア専用のスキンケア商品を使用しましょう。近年、抗糖化のためのスキンケア商品がさまざまなブランドから発売されています。

肌の色が濃い理由が、日焼けによるものなのか、糖化によるものなのかわからない方は以下を参考にしてみてください。

・美白化粧品を使用しているが効果を得られない

・ケーキや菓子パンなど甘いものが大好き

・加工された炭水化物である、うどんやラーメンが大好き

・肌全体が黄色くくすんで見える

・肌に弾力がない

これらに該当するものが多い方は、肌が糖化している可能性があります。いつものスキンケアに抗糖化ケアを取り入れてみてください。

糖化に効果のあるスキンケア成分

抗糖化効果のあるスキンケア化粧品を使ってみましょう。

ただし、「抗糖化」という表現自体が、薬機法(旧薬事法)によって化粧品にも医薬部外品にも使うことが認められていません。実際に抗糖化作用を期待できる商品であっても、メーカーが直接「抗糖化」を訴求することができないのです。

ではどのように抗糖化コスメを探せばいいのでしょうか。

自ら成分を見て、以下の抗糖化成分の配合された商品を探しましょう。あるいはコスメカウンターなどで「抗糖化に効果のある化粧品はありますか」と尋ねたら販売員さんが紹介してくれるでしょう。

・桜の花エキス

桜の花から抽出された成分には、糖化反応を抑えAGEの生成を抑制する効果と、AGEの働きを阻害する作用があります。

・ビタミンB1

ビタミンB1は糖の代謝(糖をエネルギーに変換する)に欠かせないビタミンです。糖の代謝を進めることでAGEの生成を間接的に防ぐことができます。

・ヨモギエキス

ヨモギエキスはYACエキスとも表記されます。ヨモギエキスの抗糖化作用はPOLAが発見しました。ヨモギエキスにはAGEの分解作用があり、蓄積したAGEを除去できます。

POLAの研究では、「ヨモギエキスを肌に塗布すると肌の弾力、黄ばみの改善がみられた」と発表しています。

・シャクヤクエキス

シャクヤクエキスもAGEを分解できる成分とされています。

・マロニエエキス

マロニエエキスは西洋トチノキの実から抽出されます。マロニエエキスには糖化抑制効果があります。

・西洋オオバコ種子エキス

西洋オオバコ種子エキスも糖化反応を抑制する働きをもっています。

以上、抗糖化を保有する成分は植物由来の成分が多いことがわかります。抗糖化化粧品を探すさいには、これらの抗糖化成分が含まれているかどうかを確認しましょう。

AGEを分解することのできるエキスはヨモギエキス、シャクヤクエキスです。また、AGEの生成抑制の働きをもつエキスは、桜の花エキス、マロニエエキス、西洋オオバコ種子エキスです。一つの化粧品に「AGEの分解と生成抑制」に関わる成分がそれぞれ配合されているかどうかに注目して選ぶようにしましょう。

生活習慣から糖化を予防するには?

私たちには生きるために糖が必要な以上、糖化をすべて食い止めることはできません。しかし、AGEの蓄積量は生活習慣によって変わってきます。少しでも糖化を抑えられる生活習慣にするにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、食事と生活の大きく2つに分けて説明していきます。

食事で気をつけること

・急激に血糖値を上げない

急激に血糖値を上げることは肌だけではなく、体にも大きな負担がかかります。急激な血糖値の上昇により、「細胞膜に炎症をもたらす」「AGEの生成が促進される」ことがわかっています。

例えば、空腹時にクッキーやケーキをいきなり食べると急激に血糖値が上がるのでよくありません。コース料理のように、サラダ、メインディッシュ、パスタやライスなどの炭水化物、デザートといった順番で少しずつ血糖値を上げていくのが理想です。

ただ、毎日コース料理を優雅に食べられる人はほとんどいないと思います。そこでGI値を意識するようにしましょう。

GI値はGlycemic Indexの略です。食べ物が体内で糖になってから血糖値を上げるスピードをあらわしたものがGI値です。GI値が高いほど体に負担がかかり、低いほどゆるやかに血糖値を上昇させるのでダメージの少ない食品といえます。

GI値の高い食品は、白砂糖と精製された白い穀物(うどん、白いパン、ご飯など)です。白砂糖を多く含むものには清涼飲料水も入ります。コーラなどの甘い飲み物やクッキー、ケーキといった甘いお菓子は白砂糖が多く含まれるため、GI値が高いといえます。

一方、GI値の低い食品には、ピスタチオ、マカダミアンナッツ、アーモンド、チーズ、みかん、洋ナシなどがあります。小腹が空いたときにはこのようなGI値の低い食品を摂ることをおすすめします。

また、GI値の高い食品を摂るときは、空腹時にいきなり食べるのは避け、量を摂りすぎないように気をつけることを意識しましょう。

・低温調理のものを選ぶ

同じ食べ物でも生の状態と加熱した状態ではAGEの量が異なってきます。

糖化は熱反応を利用するので、高温の加熱によって反応が促進されます。そのため、「揚げる、炒める、焼く」よりも、「蒸す、ゆでる、煮る」といった低温調理されたものを食べるようにしましょう。

・糖化を阻止する食べ物を一緒に摂る

糖化反応を阻止する食べ物を食事の際になるべく一緒に摂るようにしましょう。糖化を抑制する食品として、生姜、シナモン、クミン(カレーのスパイスの1つ)、緑茶、黒コショウ、バジル、りんご、レモン、にんにくなどがあります。

どれも料理と組み合わせれば同時に摂取することが可能です。ぜひ、これらの食材を食事に積極的に取り入れてみてください。

生活で気をつけること

・紫外線対策をきちんと行う

肌の糖化は紫外線を浴びることで進むといわれています。抗糖化ケアだけに限らず、スキンケアにとって紫外線対策は欠かせません。

・有酸素運動の習慣をつける

有酸素運動を行うと、それだけエネルギーを消費します。つまり、糖を代謝します。適度な運動は体内の余分な糖を消費し、糖化を防ぐことができます。

・タバコの煙を吸わない

タバコの煙はAGEの生成を促進するといわれています。タバコの煙ですので、本人が吸わなくても周りに吸う人がいれば、自然に吸ってしまうことになりますので気をつけましょう。

まとめ

肌にいいことを心がけることは、体にいいことにも間接的につながるのです。抗糖化ケアはまさに、これに該当するといえます。

抗糖化を意識すれば、肌の黄ばみやたるみ、しわを防ぐことができます。ただ、それだけではなく肥満や糖尿病、動脈硬化といった重大な疾患の予防にもつながります。

スキンケアでは抗糖化効果のある成分(桜の花エキス、ビタミンB1、ヨモギエキス、シャクヤクエキス、マロニエエキス、西洋オオバコ種子エキス)の配合された化粧品を使用するようにしましょう。

そしてスキンケアだけではなく、生活習慣も抗糖化を意識することが大切です。急激に血糖値を上げない食事を心がけ、低温調理されたものを選び、糖化反応を抑制する食材を一緒に摂取するように心がけましょう。

生活面では紫外線対策を怠らないようにし、有酸素運動の習慣付けをすることなどを意識しましょう。

抗糖化ケアを意識することによって肌の黄ばみを防ぎ、改善することで美白にさらに一歩近づくことができます。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。