あなたの肌にはニキビ痕がありますか。目立つニキビに悩まされる方も多いと思いますが、それ以上にやっかいなのはニキビ痕でしょう。自然に消えるものもありますが、間違ったケアなどをするとニキビ痕が残ってしまいます。

しかしニキビ痕はきちんと対処することでキレイに消すことが可能です。今回は「ニキビ痕をキレイに消す方法」を紹介していきます。

ニキビがシミに変わる

「またこんな所にシミができている……」とため息をつくことがあるのではないでしょうか。シミができた原因について「美白ケアを怠ったから」「日焼け止めをマメに塗らなかったから」と考える方が多いと思いますが、シミの原因は紫外線だけではありません。

ニキビがシミに変わることもあります。ニキビは多くの場合、炎症を伴います。長引く炎症によってメラニン細胞(シミの色素をつくりだす細胞)が刺激を受けてメラニンを放出し、メラニンが蓄積することによってシミとして目立つようになります。

従って、「ニキビをつくらせない肌環境をつくること」「ニキビができた場合は早急にケアすること」「ニキビ痕が残った場合は、なるべく早く対処すること」以上の3つがニキビによるシミをつくらせないために重要です。

ニキビ痕には種類がある

ニキビ痕には大きく3種類存在します。

赤味のあるニキビ痕

赤味のあるニキビ痕とは、ニキビの膨らみは引いているものの表面が赤く残ったニキビ痕のことです。炎症によって毛細血管が傷つき血液が滞っているため、皮膚の表面が赤く見えます。毛細血管から血液がにじみ出て紫色に見えることもあります。特に色白の方は毛細血管が透けて見えるので、赤味のあるニキビ痕が目立ちやすくなります。

茶色のニキビ痕

茶色のニキビ痕は、いわゆる「シミ」です。前述した通り、ニキビの炎症による刺激でメラニンが蓄積してシミができてしまいます。紫外線を浴びることでさらにシミは濃くなっていきます。

クレーター状のニキビ痕

クレーター状のニキビ痕は、皮膚の組織が強い炎症によって破壊されることで生じる陥没した状態を指します。基本的にクレーター状のニキビはスキンケアのみで治すことは難しいです。

クレーター状のニキビ痕は肌の弱い方や皮膚が硬い方に生じやすいといわれています。

ニキビ痕をキレイに消すには

ニキビ痕をキレイに消すには、ニキビ痕の種類に応じたケアが必要です。

赤味のあるニキビ痕には

赤味のあるニキビ痕は、毛細血管の傷の修復と血液が滞らないように血行促進することで改善が期待できます。

従って炎症を抑える成分、血行を促進する成分を肌に塗布しましょう。

・抗炎症成分

抗炎症成分として、医薬部外品の有効成分としても用いられる「グリチルリチン酸ジカリウム」や「アラントイン」などがあります。

・血行促進成分

血行を促進する成分として、「ビタミンE」や「センブリエキス」などがあります。

・市販薬を用いてニキビ痕を改善

これらの成分が配合された化粧品を実際に使用して赤味が引かない場合は、市販薬を用いる方法もあります。「ヘパリン類似物質」が配合されたクリームであれば、抗炎症作用、血行促進作用共にあるので赤味のあるニキビ痕に効果的です。

ヘパリン類似物質は処方せん医薬品としても広く使われている安全性も高い薬です。近年ヘパリン類似物質を含んだクリームをスキンケア化粧品として使用する人が増えています。しかしあくまで薬ですので常用はお勧めしません。

赤味のあるニキビ痕に部分的に塗布してキレイに治ったら使用を止めましょう。

また、「ヘパリン類似物質」以外にもニキビ痕に効果があるとされている市販薬として「オロナイン」が挙げられます。オロナインの有効成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という強い殺菌成分です。

ニキビによる炎症を抑制するのに効果は期待できますがニキビ痕に用いても意味はありません。仮に効果があったとしても強い殺菌作用のある薬剤を肌に塗布することは肌にとってマイナスの作用もあります。

強い殺菌剤は皮膚で重要な役割を担っている「皮膚常在菌」を排除してしまうからです。「皮膚常在菌」は雑菌が繁殖するのを防いだり、皮脂を分解して天然の保湿成分を産出したりする有用な働きをします。

従ってオロナインをニキビ痕に塗布するのは止めましょう。

茶色のニキビ痕には

茶色のニキビ痕は、メラニン色素が蓄積したシミです。従ってシミを薄くする、あるいはシミを排出する必要があります。

・美白有効成分

厚生労働省によって効果が認められている美白有効成分は、大半がシミをつくらせないようにする予防目的で配合されています。従って既にできてしまったシミには、メラニン色素を薄くする働きのある「ビタミンC誘導体」を用いる必要があります。

・ピーリング

ピーリングとは、「酸や物理的な摩擦を加えて肌の表面の古い細胞を剥がすこと」です。

肌の奥で生まれた新しい細胞は、ターンオーバーと呼ばれる肌細胞の代謝によって次々に表面に押し上げられ、やがて死んだ細胞として剥がれ落ちます。つまり、ターンオーバーが上手く働けば蓄積したメラニン色素が表面から剥がれ落ちるのです。

ピーリングはターンオーバーを促すことでシミを取り除くことができます。ただしピーリングは外から刺激を肌に与えるので負担がかかります。頻繁には行わないようにしましょう。

クレーター状のニキビ痕には

クレーター状のニキビ痕の場合、深さが浅いものであればスキンケアで改善されるかもしれません。ピーリングやレチノール(ビタミンA)配合のスキンケア化粧品を使ってターンオーバーを進め、凹凸のない肌へと導くことが期待できます。

しかし前述した通り、基本的にクレーター状のニキビ痕はスキンケアでの改善は難しいでしょう。なぜならクレーター状のニキビ痕は肌の奥深くにダメージがあるため、スキンケア化粧品では必要な成分が届かないからです。そのため、美容クリニックや皮膚科で治療してもらう必要があります。

クレーター状のニキビ痕は、「光照射」や「ケミカルピーリング」を用いて治療するのが一般的です。光照射ではレーザーやフォトフェイシャルといった波長の異なる光を用います。ニキビ痕の深さや大きさによって光の種類を使い分けます。

また、ケミカルピーリングでは市販で売っているようなピーリング剤ではなく、強い酸を用いて肌を溶かし凹凸をなくしていきます。

美容クリニックや皮膚科で治療してもらう場合はそれなりのコストがかかります。従ってニキビ痕を残さないようにすることが重要です。

ニキビ痕を残さないためのニキビケア

ニキビができた場合は適切なケアを行いましょう。目立つからといって、赤く炎症を起こしているニキビを爪やピンセットなどで潰してしまうのは止めましょう。またメイクで無理にカバーするのも良くありません。

このような外からの刺激によって炎症が悪化し、クレーター状のニキビ痕やシミを残してしまいます。

ニキビができたときは肌を清潔に保ち、ニキビ専用のスキンケア用品を用いてケアをしましょう。また、規則正しい生活を送ることも大切です。

ニキビが気になって触ってしまうこともあるかもしれませんが、手から雑菌が入り炎症が悪化する恐れがあるので極力触れないように注意しましょう。

ニキビができない肌環境づくりが大切

そもそもニキビができないように肌環境を整えることが最も大切といえます。

食生活で気をつけるべきこと

食生活で気をつけるべきことは、甘いものと脂っこいものの過剰摂取です。甘いものを食べ過ぎると、代謝の過程でビタミンBを消費するため体内でビタミンB不足に陥り、肌荒れやニキビを引き起こしやすくなってしまいます。

また、脂っこいものの過剰摂取は皮脂分泌を過剰にしてしまい、それをエサにアクネ菌が繁殖してニキビが生成されてしまいます。

スキンケアで気をつけるべきこと

スキンケアで気をつけるべき点は「肌を衛生的にきれいな状態に保つこと」です。

過剰に皮脂が分泌される場合は洗顔でしっかり洗い流しましょう。また、メイクで使用する筆やパフ、スポンジはこまめに洗っているでしょうか。パフやスポンジでは菌が繁殖しやすく、汚れた道具を使ってメイクすることは顔中に菌をばらまいているのと同じことです。

メイク道具は専用のクリーナーを用いなくても食器用の洗剤で洗えば汚れは十分落ちます。よくもみ洗いして、日陰に干しましょう。直射日光が当たるとパフは劣化してしまいますので気をつけましょう。

「わざわざ洗うのが面倒!」という方は「100円ショップなどで安価なパフを購入してこまめに換えるようにする方法」も良いのではないでしょうか。

まとめ

ニキビやニキビ痕で悩むのは女性ばかりではありません。今回紹介した「ニキビ痕をキレイに消す方法」は男性の肌でも改善が期待できます。

ニキビの炎症が落ち着いたからと言って油断せずにニキビ痕が消えるまで丁寧にスキンケアを行いましょう。もちろん、ニキビ自体をつくらない肌環境へと導くことが最も大切です。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。