「アスタリフト」は写真やカメラで有名な富士フィルム株式会社がプロデュースしている化粧品ブランドです。「なぜフィルムメーカーが化粧品へ参入したのか」多くの方が疑問に思っているのではないでしょうか。

私も「フィルムで培ってきた技術を化粧品に応用している」ということは知っているのですが、具体的にどのような技術を使っているのか興味がありました。

そこで、実際に試してみることにしました。参考までに、美白のお試しセットが税込1080円で申し込み可能です。サンプルを使用しながら、使用感だけでなくアスタリフトの化粧品の技術力にも触れていきたいと思います。

アスタリフト美白トライアルキットが家に届いた

注文するとネコポスでこのような箱が届きました。

中にはサンプル以外に明細書・メッセージレター・お手入れクイックガイド・お買い物ガイド・キャンペーンチラシ・使用者の声・商品リーフレットが同封されていました。

そして肝心のサンプルは、アスタリフトジェリーアクアリスタ・ホワイトブライトローション・ホワイトエッセンス インフィルト・ホワイトクリームの4セット入っています。これに加えて5回分のUVクリア美容液化粧下地がついていました。

こちらの美白トライアルキットは5日分です。

富士フィルム・アスタリフトについて

まずはアスタリフトというブランドについて調べてみました。アスタリフトが誕生した背景には、「フィルムメーカーは写真やカメラだけでは生き残れない」という事情がありました。

写真のデジタル化によって写真を現像する人は激減しました。デジタルカメラの市場も飽和する中、新たな新規事業を開拓するためフィルムメーカーとしてのノウハウを活かせる化粧品市場に新規参入することを決意したのです。このようにしてアスタリフトが誕生しました。

ちなみに富士フィルムは化粧品業界に続いて医療業界への参入も果たしています。製薬会社や試薬メーカーを次々に買収し、今は再生医療に力を入れています。今後はフィルムの技術だけでなく、再生医療の技術が化粧品に応用されるかもしれません。

実は化粧品市場は最も新規参入しやすいマーケットと言われています。なぜなら、化粧品の開発は初期投資・運営費が低いにも関わらず高い利益を期待できるからです。

実際に富士フィルムだけではなく、製薬メーカー・飲料水メーカー・食品メーカー、玩具メーカーまでもが次々に化粧品市場へと参入してきています。

それでは富士フィルムが実際に活用したフィルム技術とは一体どのようなものなのでしょうか。アスタリフトこだわりの4つのテクノロジーについて見ていきましょう。

テクノロジー1:ナノテクノロジー

写真フィルムと肌の角層(一番表面の層)の厚さは同じ約20マイクロメートルです。きれいな写真を現像するには非常に薄い層で「写真のフィルムに必要な微粒子を決められた所に安定的に届ける技術」が必要になります。

これは肌でも同じことで、美容成分をナノ化することで肌の隙間を通って、必要な場所に成分が届けられるのです。

「ナノテクノロジー」と聞くと非常に難しく聞こえるかもしれませんが、「圧力をかけることで粒子を細かくしている技術」と言えば分かりやすいのではないでしょうか。

テクノロジー2:コラーゲン研究

実は写真フィルムの原料の半分はコラーゲンでできています。また、皮膚の中ではコラーゲンは肌の弾力を保つ上で欠かせない成分です。富士フィルムでは長年紫外線などのダメージで劣化しないコラーゲンの研究に取り組んできました。

そしてこれらの培ってきた技術を活かしてコラーゲンの肌での役割を研究し、働きの異なる3つのコラーゲン「水溶性コラーゲン」「浸透性コラーゲン」「ピココラーゲン」を組み合わせて肌のハリにアプローチしています。

テクノロジー3:抗酸化技術

古くなった写真が色あせてしまうのは、「活性酸素による色素の酸化」が原因です。これは肌の老化やシミにおいても同じことがいえます。富士フィルムでは「写真の色あせを防ぐ研究」を行い、抗酸化技術を蓄積しました。

そして4000種類もの抗酸化成分を発見し、これをスキンケアに応用したのです。そこで、肌にとって大事な抗酸化成分として「アスタキサンチン」と「リコピン」を選びました。

テクノロジー4:光解析、コントロール技術

写真は光をコントロールすることで美しく見せることができます。肌も同様に、肌表面に反射する光の角度と色を操ることで美しくみせることができます。そこで、光解析やコントロールの技術を応用してベースメイクの開発に活かしています。

以上の4つがフィルムメーカーである富士フィルムが培ったノウハウを化粧品に応用したテクノロジーです。正直な感想としては「それだけ?」と思ってしまいました。

しかし同時に「マーケティングが上手い」と感心してしまいました。ナノテクノロジーは今や多くの化粧品メーカーが使っているため画期的な技術とは言えません。

ただ、成分をナノ化するには、先に述べた通り圧力をかけないといけないため製造に手間がかかります。そしてナノ化することで成分を安定させ、高濃度で配合することが可能になります。さらにナノ化された成分は浸透力が高く、肌の奥に行き渡ります。

次に、コラーゲン研究についてです。写真の主原料がコラーゲンということで化粧品との共通点はあるのですが、いまいち応用方法がよく分かりませんでした。3種類のコラーゲンを組み合わせる程度のことは、どんな化粧品会社でもできることです。原料メーカーから、3タイプのコラーゲンを購入すればいいだけだからです。

そして抗酸化技術では、「アスタキサンチン」と「リコピン」を選んだ理由がフィルムといまいちリンクできていないと感じました。私の想像ですが、恐らくイメージカラーを「赤」にすることで視覚的にも「効果感」を演出したかったのだと思います。

とは言っても、アスタキサンチンは実際にアンチエイジング効果があるとして期待されている美容成分です。自然界では鮭やエビ、カニに含まれる天然の赤い色素として存在します。強力な抗酸化作用を始め、抗炎症作用、免疫強化作用などがあります。

最後にテクノロジー4の光解析・コントロール技術に関しては納得できました。ベースメイクは光の反射をどのようにコントロールするかが重要なポイントとなるので、写真の現像や画像解析で培ってきた技術を活かすことができると思います。

実際にトライアルキットを使用した感想

アスタリフトホワイトはジェリー状先行美容液・美白化粧水・美白美容液・美白クリームの順番で、4STEPのお手入れを推奨しています。実際に使用した正直な感想を述べていきます。

・ジェリー アクアリスタ(ジェリー状先行美容液)0.5g×10包

通常価格60g、12000円(税別)です。こちらの商品は美白ラインの4STEPに含まれていますが、医薬部外品ではなく美白効果はありません。

肌のバリア機能に欠かせない2種類のセラミド「ヒト型ナノセラミド」「ヒト型ナノアシルセラミド」が配合されていて、肌の土台づくりを行います。

アクアリスタはアスタリフトの看板商品とも言えるゼリー状の美容液です。私も初めてこの商品を見たとき、ゼリーのような外観、ぷるんぷるんの触り心地、きれいな赤色に衝撃を受けたことを覚えています。

このゼリー状の美容液を見て「コラーゲンが大量に配合されている!」と誤解する方もいらっしゃるかもしれませんが、ゼリー状に形成されている成分はコラーゲンではありません。

化粧品にとろみをつけたりジェル状にしたりする目的で使われる「増粘剤」と呼ばれる高分子の合成ポリマーが、アクアリスタにも高配合されているのです。

写真を見ても分かるように、これだけの量でも十分な赤色をしています。全成分を確認しましたが合成の着色料などを使っているわけではなく、アスタキサンチンが持つ天然の赤色色素によって色がついています。

この点からアスタキサンチンは「トーク成分(セールスのアピール成分としてほんのわずか加えられている美容成分のこと)」ではなく、ある程度の分量が配合されていることが分かります。

見た目もぷるぷるしていて、感触もみずみずしいのですが、肌に塗布するとパシャっと潰れ、塗り込んでいるうちに油膜が張ってきます。このような形状の変化を楽しめるのもジェリーアクアリスタならではといえます。塗布後はさらっとした仕上がりです。

ジェリーアクアリスタの使用感は個人的にとても好きです。

・ホワイトブライトローション(美白化粧水)18ml

通常価格130ml、3800円(税別)です。美白有効成分「アルブチン」と、肌荒れ有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されたダブル主剤の医薬部外品です。

「アルブチン」は、メラニンの合成を抑制してシミの生成を防ぐ働きがあります。また「グリチルリチン酸ジカリウム」は肌荒れやニキビの改善だけでなく、長引く炎症で引き起こされる色素沈着によるシミの生成を防ぐことができます。

こちらもきれいな赤色のついた化粧水です。「美白化粧水なのに赤色?」と正直驚きましたが、アスタリフトの統一されたブランドイメージを感じました。

非常にしっとりした使い心地で、人によっては乾いた後のベタつきが気になるかもしれません。私はしっとりした化粧水が好みなので全く問題ありませんでした。表面だけ潤っている感じではなく、肌が内側からふっくらしているように思いました。

・ホワイトエッセンス インフィルト(美白美容液)5ml

通常価格30ml、7000円(税別)です。美白有効成分「ビタミンC誘導体」の医薬部外品です。ビタミンC誘導体にはメラニン合成を抑制するだけでなく、すでにあるシミの色を薄くする働きがあります。

ビタミンC誘導体が配合されているのは、ホワイトシリーズの中でこちらのアイテムのみです。メラニンへのアプローチが異なる有効成分が配合されているため、ライン使いすることでより高い美白効果が期待できます。

外観は少しとろみのある美容液です。他のアイテムに比べると赤色が少し薄くオレンジ色のように見えます。肌なじみが良く、サッと肌に浸透していきます。塗布後は軽く油膜が張った感じがあり、肌が柔らかくなった印象を受けます。表面はサラっとしています。美容液の使用感も気に入りました。

アスタリフトホワイトシリーズには乳液が存在しないのですが、美白美容液で十分保湿されるので乳液がなくても物足りなさを感じることはありませんでした。

・ホワイトクリーム(美白クリーム)5g

通常価格30g、5000円(税別)です。美白クリームは美白有効成分「アルブチン」が配合された医薬部外品です。ここで、美白化粧水は「アルブチン」と「グリチルリチン酸ジカリウム」のダブル主剤なのに対し、美白クリームは「アルブチン」のみの単独主剤であることに違和感を覚えました。

そこで少し調べてみたところ、以前は美白美容液も美白クリームもダブル主剤で有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されていたようです。リニューアルのタイミングで有効成分のひとつを削ったと考えられますが、なぜこのようなことをしたのか不思議です。

コストの問題か安全性の問題か何かメーカー側の事情があって、有効成分を一つ減らしたことは間違いないでしょう。

クリームの外観はツヤのあるきれいなオレンジ色です。サッと肌になじみ、塗布後はベタつかずさらさらしています。保湿力はあるのですが個人的にはもう少しコクのある濃厚なクリームが好きです。

4STEPのアイテム全てを使用した直後の肌はしっかり潤って満足感があり、ベタつきもなくアイテム同士の相性も良いです。朝のお手入れでは、このままメイクをして特に問題ありませんでした。

しかし、夜のケアではしばらく時間が経つと乾燥感を覚えてしまいました。美白化粧品では仕方のないことなのですが、美白有効成分が高濃度配合されています。アルブチンは3%程度、ビタミンC誘導体は3~5%配合されています。

具体的な濃度を聞いてもピンと来ないかもしれませんが、通常の美容成分は1%以下の配合が一般的です。トーク成分だと0.001%配合なんてことも珍しくありません。高配合されているアルブチンもビタミンC誘導体も粉末状の原料なので、肌が乾いてくると粉による乾燥感が生じてしまうのです。

人によってはこの粉っぽさから、かゆみを感じてしまうかもしれません。敏感肌の方は慎重に使用することをお勧めします。

結局、夜のケアでは乾燥感が気になり、別の濃厚なクリームを追加で塗布してしまいました。

・ホワイトパーフェクトUVクリアソリューション(UVクリア美容液 兼 化粧下地)0.7g×5包

通常価格30g、3900円(税抜)です。「SPF(UVBをカットする指標)50+」「PA(UVAをカットする指標)++++」という最大スペックの日焼け止め効果があります。

高い日焼け止め機能に加えて美容液の機能、化粧下地としての機能も持ち合わせた多機能アイテムといえます。そしてこちらのアイテムは世界初のDeep紫外線までカットできるとのことです。

UVAの中でもより肌に透過しやすく防御が難しかったDeep紫外線を「D-UVガード」という技術を用いることで、カットすることを可能にしました。「D-UVガード」は日焼け止めに配合される紫外線散乱剤と紫外線吸収剤をくるんで結合させることでDeep紫外線の防御に成功しているのです。

美白のために紫外線を徹底的に防ぐアイテムといえます。

パーフェクトUVクリアソリューションの本体容器はキャップの部分に「UVセンサー」が採用されていて、紫外線にあたると色が変わるとのことです。キャップの色が変わったら「日焼け止め塗らなきゃ!」と思えますよね。面白い工夫が容器にも施されているなと感じました。

化粧下地なので、リキッドファンデーションのようにがっつり色はついていません。「SPF50+」「PA++++」というハイスペックな日焼け止めなので日焼け止め特有の嫌なきしみなどを想像したのですが、軽いつけ心地に驚きました。これなら真夏の紫外線の強い日以外にも普段使いできる使用感だと思いました。

肌馴染みが良いのですが、毛穴が完全に隠れるほどのカバー力はありません。しかし化粧下地としては十分です。アイメイクをしていなければクレンジング剤を使用しなくても洗顔料で十分落ちます。

アスタリフトホワイトの商品展開と価格について

アスタリフトホワイトの美白トライアルセットには入っていなかったその他のアイテムや、商品価格・お得な注文方法などについてご紹介します。

商品展開について

アスタリフトホワイトには洗顔フォームやクレンジング剤などの「オフするアイテム」はありません。スペシャルケアとして、「クリアトリートメント」と「ブライトニングマスク」が存在します。

・クリアトリートメント(ふきとり美容液)

通常価格100ml、3800円(税別)です。ふきとりアイテムというのは、「洗顔後コットンにアイテムを染み込ませ、優しくふきとる」という使用方法になります。

肌の表面に存在する古い角質(死んだ細胞)にはメラニンや肌の汚れが含まれています。これをふきとって取り除くことでシミが薄くなったり、くすみが取れたりしてクリアな肌へと導くことができます。

ただし、摩擦を生じて物理的な刺激があります。肌に負担がかかるため、毎日使用することはお勧めしません。

・ブライトニングマスク(美白シート状マスク)

通常価格1枚25ml、1315円(税別)です。アルブチンを美白有効成分とした医薬部外品です。顔のシミができやすい部分を2重構造にしているため、シミに効率的にアプローチできるマスクです。

1回で1315円は少し高いですが、エステに行くことを考えたらそこまで大きな負担にはならないでしょう。

商品価格について

ライン使いでは「ジェリー状先行美容液・美白化粧水・美白美容液・美白クリーム」の4品揃える必要があります。4品の料金は約2ヶ月分で通常価格2万7800円(税別)です。1ヶ月約1万4000円とすると、10代や20代の方には高いでしょう。

ただ、定期便を申し込むと初回は2万850円(税別)と1ヶ月あたり1万円ほどです。とりあえず1ヶ月試してみるのも良いのではないでしょうか。

また、アスタリフトホワイトの4品は全て「レフィル」という詰め替え用の商品が用意されています。アイテムによってレフィルの価格は異なりますが、本体価格よりも300円から1000円ほど安く購入できます。

さらに2回目以降は10%割引で購入が可能で、セットで注文しなくても単品で頼めます。初回限定価格でセットを注文して、後は気に入ったアイテムのレフィルだけを好きなときに注文すればお得に購入できます。

アスタリフトホワイトを試した総合的な感想

アスタリフトホワイトの総合的な感想について、良い点・残念な点を共に述べたいと思います。

良い点

・見た目にも飽きさせない工夫

アスタリフトホワイトの4STEPのアイテム全てにきれいなアスタキサンチンの色がつけられ、見た目にも楽しい商品でした。サンプルでは分かりませんでしたが、UVクリアソリューションの本体キャップは紫外線を感知することができます。

このように、消費者を飽きさせない工夫がなされているところがアスタリフトの人気の理由ではないかと感じました。

・香りが良い

アスタリフトホワイトシリーズの香りが気に入りました。ローズの香りに包まれてリラックスした気分でお手入れができます。ただし、「無香料が好き」という方には香りが強いかもしれません。

・ジェリー状先行美容液の使用感が良い

ジェリー状先行美容液を指にのせたときは、ゼリーのようで肌に塗布するとパシャっとつぶれ、みずみずしさが一瞬あらわれます。そして塗り込んでいると油膜が張ってきます。この変化は毎回「おもしろい!」と感じます。

・レフィルがある

アスタリフトホワイトの4STEPアイテム全てにレフィルが用意されています。毎回化粧品の容器を捨てる際、「もったいないな」とか「環境に悪いな」と思ってしまいます。従ってレフィルがあると環境にもお財布にも優しいですよね。

残念な点

・夜のお手入れ後の乾燥感

朝のお手入れとしてアスタリフトホワイトの4STEPで十分なのですが、夜のケアとしては時間と共に乾燥感を覚えてしまい、別の保湿クリームを足さずにはいられません。

私が夜にアスタリフトのホワイトシリーズを使うのであれば、ジェリー状先行美容液・美白化粧水・美白美容液の3STEPで済ませ、クリームはアスタリフトではなくいつも使用しているこってりした保湿クリームを選ぶと思います。

・フィルムメーカーとしての技術がイマイチ活かされていない

アスタリフトでは「フィルムメーカーとして長年の蓄積したノウハウを化粧品の開発に応用している」とのことでしたが、技術内容は正直どこの化粧品メーカーでも使える技術ばかりで、無理矢理フィルムと化粧品を結び付けてマーケティングに利用していると思えてしまいました。

しかし、富士フィルムでは製薬会社の買収をすすめ、医療分野に積極的に参入していることから今後は医療技術を化粧品に応用した商品開発が期待できます。

アスタリフト ホワイトの商品レビューまとめ

5日分の美白トライアルセットは税込1080円で非常に楽しめる内容でした。化粧品とは関係のない写真屋さんがこれだけの化粧品ブランドを築き上げたのは単純に「すごいな」と感心しました。全体的に商品の使用感のレベルも高く、お勧めの美白化粧品です。

まるでゼリーのようなぷるんとした美容液や、アスタリフト全てに共通するきれいなアスタキサンチンの色、世界初のDeep紫外線までカットできる日焼け止め、紫外線を感知する容器などおもしろいアイテムが数多く存在します。

美白有効成分が配合されているため美白効果が期待でき、ライン全体の使用感が良いので継続して使うことができます。

まずは5日間のサンプルや約2ヶ月分の初回限定セットを試してみて、その中から気に入った商品を活用するようにしましょう。