美白スキンケア、美白インナーケア(体内からのケア)、美白治療…。

美白ケアにはさまざまな選択肢が存在します。美白を目指す上で「スキンケアと紫外線対策」は絶対に外せない項目ですが、その他の選択肢も気になるかと思います。

今回は「美白エステ」について紹介していきます。エステといえば、「贅沢の象徴」「いくらかかるか分からないから怖い」とネガティブなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

エステサロンの中には確かに、年間契約をして多額の費用がかかるところや、高級な化粧品・美容機器の購入を促すところが存在します。

しかし、最近では一回からでの施術を受けられたり、料金体制が分かりやすかったりする良心的なエステサロンも存在します。お試し体験に行ってみるのもよいのではないでしょうか。

「エステで美白を目指したい!」と考えている方のために、美白エステ利用での効果・施術内容・費用などについてみていきましょう。そして通い続ける価値があるのか、どのように利用するべきかについても触れていきます。

エステの効果について

「エステへ行けば綺麗になれる」とイメージしている方が多いと思いますが、「なぜ綺麗になるのか」「なぜ美白効果が期待できるのか」についてのメカニズムをきちんと理解している方は少ないのではないでしょうか。

エステで期待できる肌の美容効果としては美肌・小顔・美白・アンチエイジングなどが挙げられますが、これらの効果はエステによって主に「リンパの流れが改善されること」「筋肉が刺激されること」「顔の歪みがとれること」で得られると考えられます。

リンパの流れが改善される

まずは「リンパ」について説明します。リンパ液・リンパ節・リンパ管を総称してリンパと呼びます。リンパ液は体液のひとつですが血液とは異なります。血液は心臓のポンプによって血管を通り栄養や酸素を全身に届け、老廃物を回収します。

一方、リンパ液は体中に存在するリンパ管を通って余分な水分や細菌・ウィルス、癌細胞、老廃物などを回収します。回収された異物等はリンパ節に運ばれ免疫機能によって処理されます。つまりリンパは体を感染症や癌などから守る重要な免疫機能の役割を担っています。

一見リンパと美容には関係がないように思えるかもしれませんが、このリンパの流れが悪いと老廃物や余分な水分が流れずに肌荒れの原因につながったり、くすみを生じたり、むくみにつながったりします。

つまり、リンパの流れがよくなることで、肌荒れが改善され美肌効果が得られ、くすみがなくなることで肌のトーンアップつまり美白につながり、むくみが解消されることで小顔効果が得られるのです。

筋肉が刺激される

顔には「表情筋」と呼ばれる目・口・鼻などを動かす筋肉が存在し、豊かな表情をつくりだしています。

しかし顔の筋肉も肩と同様「コリ」が存在します。コリが存在すると筋肉が硬くなります。また、加齢と共に表情筋は自然に衰えていきます。さらに人には誰でも表情を動かす際のクセが存在し、使う筋肉と使わない筋肉が生じます。

このように顔の表情筋のコリや衰え、使わない筋肉を放置していると、さまざまな老化現象を引き起こします。

例えば目の周りの表情筋が衰えると、たるんで目の位置がさがったり、目尻にシワができたりします。頬の表情筋の場合、口角が下がったり、ほうれい線の原因につながったりします。

また、あごの筋肉が衰えると二重あごやフェイスラインが崩れるといった顔の輪郭に影響を及ぼします。さらに一部の筋肉だけ動かしていると顔全体に歪みを生じます。

エステで表情筋のコリをほぐし、表情筋全体の筋肉に刺激を与えることで、たるみの改善・シワやほうれい線の改善・二重あごの改善といったアンチエイジングにつながります。

顔の歪みがとれる

顔の歪みは前述した表情筋のコリや衰えが原因となっているものもありますが、「頭蓋骨の歪み」による影響もあります。

頭蓋骨は23個の骨から構成されており、全てがうまく噛み合うことでズレのない左右対称の顔になります。しかし、頬に手をつくクセがあったり、姿勢が悪かったりといった日常生活の習慣によって少しずつズレが生じてしまい、顔の歪みをもたらしてしまいます。

顔の歪みが解消されることで、左右対称の顔・小顔・血行促進効果などが得られます。

エステの施術内容とは?

エステのメニューにはダイエット・アンチエイジング・ブライダル・小顔そして美白など目的によってさまざまなメニューが用意されています。

エステサロンでは前述した「リンパの流れを改善する」ためにリンパマッサージを行います。「筋肉を刺激する」ために表情筋をほぐすマッサージや機器を用いて筋肉に刺激を与えます。「顔の歪みをとる」には、エステでの施術だけではなく、整体(筋肉をほぐして骨格を矯正すること)、カイロプラティック(神経系の機能を回復させること)といった一見美容とは関係のない施設でも施術を受けることができます。

エステサロンではこれらの施術方法を組み合わせて、さらにそれぞれの用途に合ったスキンケア化粧品や機器を用いることで目的とする効果の実現へと導きます。

エステで施術に使うアイテム

エステでは主に手を使ったマッサージが基本ですが、施術に機器を用いることもあります。

・超音波を用いた方法

超音波とは「音波」です。高い振動数(周波数)の音波を用いることで肌の奥に振動を与え細胞や筋肉に刺激を与えます。細胞の活性化や筋肉の引き締まり効果が期待できます。

その他にも毛穴の奥深くに詰まった汚れを超音波によって浮き上がらせるクレンジング効果や、超音波による温熱効果で脂肪の燃焼効果や血行促進効果リンパの流れを改善する効果が得られます。

・電気を用いた方法

外から電気による刺激を与えて顔の筋肉を収縮させます。普段使わない筋肉、肌の奥にある筋肉を動かすことで表情筋のコリや衰えを解消します。

・光を用いた方法

「フォトエステ」とも呼ばれます。光の波長はその長さによって強さ、透過率が異なってきます。フォトエステで用いられる光の長さは弱い光ですが透過率が高いため肌の奥にまで届きます。エステサロンによって、またメニューの内容によって用いられる光の種類はそれぞれ異なります。フォトエステではコラーゲン(顔の弾力を維持している繊維)の再生の活性化や、肌の生まれ変わりを高めシミの排出を促す効果が期待できます。

・カッサやホットストーンを用いた方法

「カッサ」とは、元々中国の民間療法「刮痧(かっさ)療法」が原点です。刮痧療法では滞った血液の流れをよくすることで病気を治療します。

美容では、「カッサプレート」という特殊な道具を用いて、皮膚の経路や反射区(各器官や内臓に繋がるとされる末梢神経の集中箇所)をこすって刺激を与えることで毛細血管に力を加え血液の老廃物を流し、血行をよくしていきます。

血行促進効果以外にもカッサプレートを用いたマッサージによって筋肉のコリがほぐれ、小顔効果や老廃物が流れてくすみが改善され肌のトーンアップが期待できます。

「ホットストーン」とは45度程度に温めた玄武石のことです。顔や全身のツボにホットストーンを置いてオイルを用いてマッサージします。

ホットストーンからは遠赤外線(電磁波の一種で体を温める効果がある)が発生するため、冷えや血行促進、筋肉の緊張をほぐすといった働きをします。リラックス効果やむくみの改善も得られます。

美白エステのメニュー内容とは?

続いて具体的な美白エステの一般的なメニュー内容をみていきましょう。

・ディープクレンジング

ディープクレンジングでは蒸気を用いて毛穴を開け、専用のブラシや吸引器を用いて毛穴の奥深くに詰まった汚れ、角栓を取り除きます。毛穴の黒ずみが取れることで肌が明るくみえます。

・マッサージ

リンパマッサージや表情筋のマッサージなどを行い、顔をスッキリさせ血行をよくして肌のトーンアップを目指します。

・機器を用いたケア

前述した機器を用いて美白ケアを行います。

・パック

炭酸パックや美白有効成分(厚生労働省が認めた成分)が配合されたパックを用いて美白へと導きます。

美白エステの費用はいくらくらいかかるのか?効果の持続はどのくらい?

エステの効果は人によって、サロンによって、そして何より施術したエステティシャンの腕によってその効果は異なってきます。

気になる費用ですが、1回1時間程度で1万円前後です。ただし1回行ったからといってその効果が持続するわけではありません。残念ながらエステの効果は一時的なものであり、通い続けなければすぐに元に戻ってしまいます。

一般的に、10日から2週間に1度通えば効果を持続することができるといわれています。しかし、月に2万円から3万円をエステ代につぎ込むことは現実的に難しいのではないでしょうか。

とは言え、自分でリンパマッサージや表情筋のマッサージを自宅で行うことは決してお勧めできません。体・顔のリンパの流れや筋肉の構造は非常に複雑で、素人が間違ったマッサージを行うとかえってたるみやシワの原因につながってしまいます。

そこで、エステの上手い利用方法を紹介したいと思います。

エステは一度での施術でも、それなりに満足のいく効果が得られると思います。したがって、結婚式・同窓会といったビッグイベントの前に単発で行くとよいでしょう。

エステの効果をできるだけ持続させるには、やはり日々のスキンケアが重要です。また、顔のゆがみや表情筋のコリの根本の原因につながる生活習慣の見直しも大切です。

例えば頬に手を当てる習慣を止めたり、表情筋を動かすために硬い食事、ガムなどを噛む習慣をつけたり、姿勢の悪い人は姿勢を改善したりするように意識しましょう。体を冷やす行為も血行の流れ、リンパの流れを悪くする原因につながります。

また、気をつけなければならないのがエステサロンで販売されている化粧品です。エステサロンで販売されている化粧品は価格も少し高めに設定されています。

しかし、「エステサロン専用品」と聞くとそれだけで一般で販売されているスキンケア化粧品とは効果が違うのではないかと思ってしまう方も多いと思いますが、一般的に販売できる化粧品の中身は薬機法で細かく決められています。

したがって、エステサロン専用品に特別な効果のある美白成分・美容成分が配合されているわけではありません。自分が気に入っているスキンケア化粧品があるのであれば無理に購入する必要はないでしょう。

まとめ

エステは上手く利用すれば、一時的ではありますが美しくなることが可能です。また、セルフスキンケアでは難しい、「背中の美白ケア」も実現できます。したがってウェディングドレスを着る前のエステは価値があるのではないでしょうか。

しかし定期的に通い続けるとなると費用も時間もかかってしまいます。さらに通い続けたとしてもエステに行くのを止めると、やはり時間と共にエステによる効果は元に戻ってしまいます。

したがって、エステはあくまで特別なイベントの前に利用するに留めておき、日々の美白スキンケア化粧品に重点をおいてケアする方が、より確実な美白効果を得られることができるため賢い選択といえるのではないでしょうか。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い