青く見えるヒゲに悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。

朝しっかりヒゲ剃りを行っても夕方には口の周りが青くみえる……なんてこともあると思います。青ヒゲが目立つと身だしなみが整っていない印象を与えてしまいます。

さらに青ヒゲは「間違ったケアを続けているとシミがつくられてしまう」のをご存知でしょうか。青色のヒゲに加え茶色のシミまで増えてきたら、いくら顔立ちが整っていても肌がきれいでも台無しです。

特に青ヒゲが気になって仕方ない男性ほど、シミはできやすくなってしまいます。なぜなのでしょうか。

ここでは、青ヒゲの正しいケア方法・シミをつくらせない方法、根本解決法などについて説明していきます。

ヒゲをきれいに剃ってもなぜ青く見えるのか

産毛(うぶげ)の場合、剃ると目立たなくなります。しかしヒゲの場合は、なぜ剃っても青く見えてしまうのでしょうか。

ヒゲは皮膚の深い部分から先端にいくに従って細くなるように生えています。またヒゲは産毛よりも太くて硬い毛であることはご存知でしょう。ヒゲを肌の表面で剃るとさらに太い断面が見えるようになります。また、どんなに丁寧に剃っても毛穴の中まで剃ることはできません。

従って、薄い皮膚から毛の断面と毛根の色が透けて青く見えるのです。

青ヒゲは色白の男性に多く見られます。肌が白いと毛根が透けてしまうからです。

青ヒゲがシミをつくる?

冒頭で述べた通り、青ヒゲに悩む男性ほどシミができやすくなります。青ヒゲがシミをつくるわけではありません。「青ヒゲをどうにか対処しよう」と間違ったケアをした結果、シミが生成してしまうのです。

シミの原因は紫外線だけではない

シミの原因と言えばまず、「紫外線」を思い浮かべる方が多いでしょう。しかしシミの原因は紫外線だけではありません。「炎症性色素沈着」と呼ばれるシミがあることをご存知でしょうか。

炎症性色素沈着は肌の炎症が長引いた結果、メラニン細胞(シミの元になるメラニン色素をつくりだす細胞)が刺激されることで生じるシミです。例えば虫に刺された時、強く掻いていると跡が残った経験はありませんか。

他にも赤いニキビが治った跡に茶色いニキビ跡が残ったり、やけどの跡が残ったりとそれらは全て炎症性色素沈着によるシミです。

青ひげの間違ったケアがシミをつくる

ヒゲを剃るという行為は肌に大きな負担をかけます。カミソリで傷つけたり、目には見えないかもしれませんが細胞が壊れたりして、炎症が生じるのは希なことではありません。

青ヒゲを気にしている人ほど、必死にヒゲの手入れをして肌にダメージを与えている可能性があります。炎症が続くと炎症性色素沈着によるシミができるのです。

また、炎症性色素沈着は紫外線を浴びることでさらに大きく濃くなっていきます。

つまり、

「ヒゲを毎日剃る→肌が炎症を起こす→炎症性色素沈着によるシミができる→紫外線を浴びる→シミが大きく濃くなる→青ヒゲに加えて茶色いシミが目立つようになる」

といった悪循環によって青ヒゲの悩みは、ますます大きくなっていくでしょう。

今のままのケアを続けていると、「青ヒゲ+茶色のシミ」によって更に清潔感が失われていくかもしれません。しかし悲観する必要はありません。これからご紹介する「正しい青ヒゲケア」を行えば、今の青ヒゲが悪化することはないでしょう。

正しい青ヒゲのケア

それでは正しい青ヒゲのケア方法について見ていきましょう。

ヒゲ剃りは電動シェーバーを使う

インターネットの情報の中には、「青ヒゲは刃数の多いカミソリを使用した方が深く剃れる」とカミソリを推奨するものがあります。しかしカミソリは肌を切ってしまう可能性が高く、傷口から雑菌が繁殖したり肌荒れを招いたりして炎症を生じやすくします。

カミソリによってできた傷が治らない状態で、またカミソリでヒゲを剃ると炎症は長引きシミを生成させてしまうでしょう。

一方で、電動シェーバーは肌への負担を考慮して設計されています。カミソリは刃が皮膚に直接当たるのに対し電動シェーバーは皮膚をつまんで刃が皮膚に直接当たることなくヒゲをカットします。もちろん電動シェーバーで肌を切らないわけではありませんが、安全性はカミソリよりは高いです。

従って、肌に優しい電動シェーバーを使用して炎症性色素沈着を防ぎましょう。

スキンケアを行う

あなたはヒゲを剃った後、お風呂上りなど顔を洗った後にスキンケアを行っていますか。

女性のように化粧水・乳液・クリーム・美容液といくつものアイテムを塗布する必要はありません。乳液かクリーム1アイテム、あるいは化粧水+乳液、化粧水+クリームの2アイテムを使ってケアを行えば肌荒れを防ぐことができます。

既に「ヒゲのところにシミがある」という方は美白化粧品あるいはシミ用の化粧品を用いてケアするようにしましょう。「美白して色白になったら余計に青ヒゲが目立つのでは?」と心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、シミの部分だけ塗布すれば全体がトーンアップすることはありません。

また、美白化粧品を用いたからといって地肌以上に肌が白くなることもありません。シミが大きくなる前にケアすることが大切です。

紫外線対策を行う

「青ひげを少しでも目立たなくするために日焼けをする」という男性もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに色白の肌の方が青ヒゲは目立ってしまいます。

しかし、紫外線はシミの生成や既にあるシミの成長を促進し、青ヒゲに加えて茶色いシミを増やしてしまいます。またシミの生成だけではなく、紫外線はシワやたるみなど肌の老化を加速させる大きな要因となります。

「青ヒゲが目立たなくなるから」と紫外線を積極的に浴びると、シミ・シワ・たるみが増えて顔が一気に老けてしまうでしょう。肌の老化を防ぐという意味でも紫外線対策は重要です。

従って日焼け止めは毎日塗るようにしましょう。特にレジャーなど屋外で長時間強い日差しを浴びる場合は、必ず日焼け止めを塗って紫外線対策を行いましょう。

コンシーラーを使う

青ヒゲ隠しとして「コンシーラー」は役に立つアイテムです。コンシーラーとは「部分用のファンデーション」のことで、ベースメイクで隠しきれないクマやシミ、シワなどをカバーするメイク用品です。

「メイクをするのは抵抗がある」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではファンデーションや眉メイクを行う男性が増えてきています。

従って青ヒゲの部分をコンシーラーで隠すことを「恥ずかしい」と感じることはありません。

男性用のコンシーラーがドラッグストアやインターネットで販売されているので是非活用してみましょう。

また「メイクをするのであればメイク落としも必要なのか」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、コンシーラー程度であればわざわざメイク落としを使わなくても洗顔フォームでしっかり洗えば落ちます。

メイク落としは肌に優しいものではないので極力使わないようにした方が賢明です。

青ヒゲの根本解決は「脱毛」

いくら電動シェーバーでヒゲを剃っても、念入りなスキンケアを行っても、コンシーラーでしっかり隠しても青ヒゲ自体が消えるわけではありません。

青ヒゲを根本から無くしたいのであれば「脱毛」することをお勧めします。

「脱毛」とは毛が生える毛根部分にダメージを与え、毛をつくる細胞の数を減らして毛が生えてこないようにすることを示します。

一般的な脱毛には「光脱毛」と「レーザー脱毛」の2種類あります。

・光脱毛

光脱毛は比較的エネルギーの弱い光をいくつも組み合わせて毛根のメラニンを刺激し毛根細胞にダメージを与えます。メラニンはシミをつくる色素として前述しましたが、髪の毛を黒くするのもメラニンによるものです。

光脱毛は脱毛サロンで受けることができます。

・レーザー脱毛

レーザー脱毛はエネルギーの強い光を利用するためクリニックなどの医療機関で施術されます。レーザー脱毛も光脱毛と同様にメラニンを壊して毛根細胞にダメージを与えます。

従ってメラニンの含まれていない白髪では光脱毛やレーザー脱毛の効果は得られません。白髪になってからでは脱毛は遅いということになります。

さらに日焼けをしている場合、肌のメラニン量が増えているため光に反応しやすくなり火傷する危険性があります。

また、光脱毛は毛の周期に合わせて定期的に光照射をするため効果が得られるまで時間がかかるのに対し、レーザー脱毛の場合はエネルギーが強いため1回の施術で効果を得られます。しかし、医師による施術のためコストがかかります。

仕事で忙しい男性の場合は短期間で効果が得られるレーザー脱毛が良いのではないでしょうか。「少し時間がかかっても安い方がいい」という方には光脱毛が適しています。

・脱毛の注意点

光脱毛もレーザー脱毛も肌に負担がないわけではありません。脱毛中は念入りにスキンケアする必要があります。

また一度脱毛をすると、ヒゲはほぼ生えてこなくなるので、それなりの覚悟も必要です。「たまにはヒゲを伸ばしたい」という方は全体を脱毛するのではなく、一部を残すと良いでしょう。

青ヒゲNGケア

ここでは青ヒゲの間違ったケアや意味のないケアについて述べます。

・ヒゲを毛抜きで抜く

青ヒゲを改善するためにヒゲを毛抜きで抜く方がいらっしゃると思います。毛根ごと抜くので一時的に青ヒゲを無くすことはできますが、脱毛のように根本から解決するケアではないのでまたヒゲが生えてきます。

また毛を抜くことは「埋もれ毛」や「毛包炎」、「炎症性色素沈着」といった様々な肌トラブルを招きます。

「埋もれ毛」は、毛穴周りの皮膚が厚くなることで毛穴を塞ぎ毛が埋もれてしまうことです。毛を無理矢理抜くことで毛穴や毛穴周辺の細胞が傷つき、それを治そうと細胞が増えることで皮膚は厚くなります。

毛が埋もれてしまうと青ヒゲはさらに目立つようになるでしょう。

「毛包炎」とは毛包(もうほう)が傷つき雑菌が繁殖することで、膿がたまった白い出来物ができることです。毛包炎が長引くと炎症性色素沈着によるシミが増えてしまいます。

ヒゲを抜いても一時的な気休めにしかならない上、埋もれ毛や毛包炎、シミを招いてしまいます。ヒゲを抜くことに時間をかけるのであれば脱毛やスキンケアに時間を使いましょう。

・抑毛クリームや除毛クリームを使う

自宅で簡単に青ヒゲのケアができるとして「抑毛クリーム」や「除毛クリーム」が売られています。

「抑毛クリーム」とは、毛の生え方を弱くしてヒゲを薄くする効果を期待するクリームです。

「除毛クリーム」とは、タンパク質を溶かす作用があり毛を溶かして除去するクリームです。

「青ヒゲのケアにピッタリ!」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、抑毛クリームも除毛クリームも産毛の処理には役に立ちますが濃くて太いヒゲには効果が期待できません。

また、除毛クリームの場合はタンパク質を溶かす成分が配合されているため、顔に塗布するには刺激が強く肌荒れや炎症を招く可能性があります。

抑毛クリームや除毛クリームを使った青ヒゲの無駄なケアは止めましょう。

・家庭用光脱毛器を使う

脱毛サロンやレーザー脱毛はお金と通う手間がかかるため、家庭用光脱毛器の購入を検討する方がいらっしゃると思います。しかし家庭用に開発された脱毛器は光のエネルギーが弱いため、濃くて太いヒゲの脱毛には適していません。

効果が無いというわけではありませんが、青ヒゲの脱毛効果を得るにはかなりの時間と回数が必要になります。時間対効果を考えるのであれば脱毛サロンや医療機関でのレーザー脱毛をお勧めします。

まとめ

青ヒゲをどうにか改善しようと、あれこれ間違ったケアをしている方は要注意です。シミが増えたり、ヒゲが太くなったりして青ヒゲがますます目立つようになるかもしれません。

正しい青ヒゲのケアを行って、清潔感のある若々しい肌を目指しましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い