毎晩、肌のクレンジングを習慣にしている方は多いと思います。しかし、腸のクレンジングを考えたことはあるでしょうか。腸内クレンジングは、肌のクレンジング以上に美肌に影響を与えると言えるのです。

今回は海外セレブやモデルなどからも注目の高い、腸内クレンジングの効果や方法について説明していきます。

腸内クレンジングとは?

「腸内クレンジング」と聞いても具体的なイメージが浮かばない方も多いのではないでしょうか。腸内クレンジングとは、腸内デトックスとも呼ばれる「腸に溜まった不要な物質や老廃物を外に出し腸内をきれいにする」というものです。

そもそも腸は「消化機能」と「免疫機能(体をウィルスや菌から守る働き)」という生命維持に欠かせない重要な役割を果たしています。

・消化機能

腸は小腸と大腸に大きく分けることができます。小腸では胃から流れてきた食べ物を消化して必要な栄養素を吸収します。続いて大腸で不要な物質から便をつくり外に排出します。

・免疫機能

私たちの体の中で最も大きな免疫器官が腸です。なんと免疫細胞の約60%が腸内に存在していることがわかっています。

腸の消化機能が低下すると栄養素がきちんと吸収されなかったり、便が上手くつくりだされず腸内に毒素や老廃物が溜まったりします。これらが血流に乗って全身を巡り肌荒れやくすみを引き起こすのです。

また免疫機能の低下は感染症を発症しやすくなり、さらなる肌トラブルへとつながります。

腸内クレンジングを行うことで、これら2つの消化機能・免疫機能を高めることが期待できます。また腸内クレンジングで腸内フローラ(腸内細菌の生息環境)を良くすることも可能です。

それでは、腸内クレンジングをするには一体どのような方法があるのでしょうか。

腸内クレンジングをするには?

腸内クレンジングをする方法として、腸内洗浄・ファスティング・クレンズフードの摂取といった方法が存在します。

腸内洗浄

腸内洗浄は「コロンハイドロセラピー」とも呼ばれる大腸全体を水で洗浄するもので、主にクリニックで行われます。大腸を丸ごと洗ってきれいにするイメージです。

・腸内洗浄の方法

大腸に温水を注入してマッサージを行います。薬品やポンプなどは用いずに、ゆっくりと水を流していきます。

腸内洗浄によって宿便や不要な毛細血管・腸内ガスを排出します。さらには腸内細菌のうちの悪玉菌・悪玉菌が産生した有害物質も取り除きます。

・腸内洗浄の効果

腸内洗浄で得られる効果は「美容効果」と「ダイエット効果」です。

美容効果では、溜まった老廃物や有害物質を排出することで、肌荒れやニキビの改善・肌質改善が期待できます。さらには腐敗ガスの除去によって口臭改善にもつながると言われています。

ダイエット効果では、便秘の解消や新陳代謝のアップなどの体質改善による体重の減量が期待できます。また疲労回復やむくみの改善効果も得られると言われています。

ファスティング

ファスティングとは「断食」のことです。腸内洗浄はクリニックで行うのが一般的ですが、ファスティングの場合自分で行うことができます。

・ファスティングの方法

ファスティング方法はいたって簡単で、「食事を摂らない期間を数日程度つくる」というものです。

断食と言えば、「全く何も口にしない」というイメージを持たれる方も多いと思いますが、健康や美容目的のファスティングは一般的に酵素ドリンクや野菜ジュースなどを用いて最低限のカロリーやビタミン補給を行います。

過度なファスティングは危険です。独自の方法でいきなり数日間のファスティングを行うのはやめましょう。

まずは「夕食を抜く」など1食の断食や、1日のファスティングなど無理のない範囲から始めてみましょう。

最近では、ファスティング用のプログラムに応じた様々なドリンクが販売されています。ファスティング用のドリンクを選ぶ際は、なるべく新鮮な野菜や果物の入ったジュースを選ぶことをお勧めします。新鮮でないと酵素などの栄養分が摂取できないからです。

もちろん、自分でフルーツや野菜を選んでジューサーを使って作ってみるのも良いでしょう。

・ファスティングの効果

ファスティングは現代の食べ過ぎの時代に合った腸内クレンジング方法と言えます。私たちは毎日お腹が空くと食事を摂り、空腹状態を継続させません。

また、時には食べ過ぎたり、食品添加物のたっぷり入ったお菓子や加工食品を口にしたりします。揚げ物など高カロリーな食事を日常的に食べている方も多いのではないでしょうか。

満腹状態の時、体は消化吸収のために胃腸に血液を送ります。一方で空腹時には体内の血液がその他の脳や肝臓・腎臓といった臓器に送られ毒素を排出することができます。このように、空腹を感じることはデトックスという視点からも非常に重要なのです。

食べ過ぎの食生活の中では内臓は、消化・解毒作業に追われ、負担がかかっています。ファスティングは腸を含めた内臓に休息を与えて、溜まった老廃物を排除し、体が本来もつ消化・吸収・排出の機能を高めることが期待できます。

さらに、3日以内のファスティングを実施することで内臓の働きが高まるだけではなく、味覚にも変化が起こります。私たちは外食やお惣菜などで味の濃い食事に慣れていますが、ファスティングによって味覚がリセットされ薄味で満足することができるようになります。

その結果、塩分や糖分を抑えられるようになり高血圧や糖尿病の予防にもつながります。

定期的にファスティングする習慣を身につけることは腸内クレンジングだけではなく、体全体のデトックスにつながります。またダイエット効果に加え、美容・健康な体へと導くことができます。

クレンズフードの摂取

最近「クレンズフード」という言葉をテレビや雑誌でよく目にする方も多いのではないでしょうか。

クレンズフードとは、「体に不要なものを排出して体の浄化を期待できる食品」のことです。腸内洗浄やファスティングに比べるとそのクレンジング効果は弱いと言えますが、手軽に腸内クレンジングを行えます。また、クレンズフードによって腸内の汚れの蓄積を防ぐことが期待できます。

・クレンズフードの種類

実はクレンズフードの明確な基準は現在のところ存在しません。ただし「クレンズフード協会」といった機関による認定はあります。

一般でクレンズフードとして販売されている食品には、グルテンフリーのパスタ・ヨーグルト・スムージー・スープなどがあります。

クレンズフードを一度摂取しただけでは腸内クレンジング効果はありません。いつもの食事に置き換えて、継続して摂取することが大切です。

腸内クレンジング後は腸内環境がリセットされる

最近さまざまな研究から「腸内環境が美容・健康さらには精神状態までにも影響を与えている」ことが報告されています。腸内では、善玉菌と悪玉菌そして日和見菌が一定のバランスで生息しています。善玉菌が優位の場合、腸内環境は良い状態と言えます。

しかし、腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が優勢になると、有害物質を作ったり、便秘を引き起こしたりします。悪玉菌が優位な腸内環境を放置していると腸壁に傷をつけ、がんを生じる可能性もあるのです。

この腸内環境を変えることで美肌・健康を手に入れようと「腸活」という言葉がブームになっています。

食生活を見直す腸活が一般的ですが、実は腸内フローラを変えることは難しいと言われています。外から乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を摂取することで、一時的に腸内に留まり腸内環境を改善してくれます。しかし外から摂取した善玉菌は定着することなく、便として排出されてしまうと言われています。

つまり良い腸内環境を保つには、善玉菌を摂取し続けなければなりません。このように食生活の見直しのみでは、腸内に善玉菌を定着させ腸内フローラを変えるということは難しいのです。

しかし腸内洗浄やファスティングでは、溜まった悪玉菌を除去し腸内環境を一度リセットすることができます。

つまり腸内洗浄やファスティングの実施後こそ、腸活を始める絶好のタイミングです。そして、腸活のために善玉菌や善玉菌のエサになる食品をしっかり摂取しましょう。具体的には食物繊維の豊富な野菜、ヨーグルトや納豆、味噌、チーズといった発酵食品を意識して摂るようにしましょう。

まとめ

肌をきれいにするには化粧品以外にも体の内側からできることがたくさんあります。しかも肌質を改善するには体の中から変えていくことが大切です。

腸内クレンジングは、腸の機能を高めて老廃物や毒素を排出するだけではなく腸内環境を改善することもできます。それによって肌荒れ・くすみをなくし、ツヤのある美肌へ導くことが期待できます。

腸内洗浄・ファスティング・クレンズフードの摂取の中でも、特に手軽に自分で行えるファスティングはお勧めです。1ヶ月に1回など定期的にファスティングをする習慣を身につけることで、体内をきれいにリセットし美肌と健康を共に手に入れましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い