美白スキンケアでシミのケアをしていても薄くなるには時間がかかり、中には「目立ったままのシミを何とかしたい!」ということもあるのではないでしょうか。

シミには根気強く美白ケアをしていくことが大切ですが、メイクによって一瞬でシミを消すことが可能です。ベースメイクの際にひと手間加えるだけでシミが目立たなくなり、若く見えるようになります。

今回は美白メイクの「シミを消すメイクテクニック」について紹介します。

シミには「コンシーラー」を!

メイクに「コンシーラー」を使えば一瞬でシミを消し去ることができます。

あなたはメイクアイテムにコンシーラーを取り入れていますか。一般的にコンシーラーは「技術が必要」と言われたり、中には「面倒くさい」と言われたりして使用しないという方も多いと思います。

確かに間違った使い方をすると不自然になったり、メイクがよれたりしてしまいますが上手に使えば実はとても使えるアイテムです。

特に「リキッドファンデーションが苦手でパウダーファンデーションしか使わない」というような方には、コンシーラーはお勧めです。パウダーファンデーションではカバーしきれないシミを部分的に隠すことができるからです。

パウダーファンデーションとコンシーラーの組み合わせであれば、厚塗り感も出ないためナチュラルメイクに見せることができます。

コンシーラーの種類

コンシーラーにはいくつか種類があり、部位や目的によって使い分ける必要があります。まず、コンシーラーは「液体タイプ」と「固形タイプ」があり、中身の濃さや硬さもそれぞれ異なります。

液体タイプ

液体タイプのコンシーラーは伸びがよく広範囲をカバーすることができます。また艶やかでハリのある仕上がりになります。液体タイプは肌の柔らかい部分にフィットします。従って特に皮膚の薄い目の下や口元のシミなどに適しています。

伸びがよくムラにもなりにくい液体タイプのコンシーラーは、カバー力に欠けてしまいます。よって色の濃いシミを隠すのには向いていません。

また、液体タイプは衛生上の懸念点があります。液状のものは菌が増殖しやすく、さらに先端を直接肌につけるので不衛生になりやすいです。肌荒れしている部分は避け、開封後は長期間使わないようにしましょう。

・筆ペンタイプ

筆ペンタイプのコンシーラーは非常に使いやすいため初心者向けです。軽いタッチで伸びがいいのが特徴です。

・アプリケータータイプ

アプリケータータイプは先が綿棒のような形をしているリップグロスなどでもよく使われる形状のものです。筆ペンタイプよりも濃い液体のコンシーラーが多いと言えます。

固形タイプ

固形タイプのコンシーラーは密着力が高くピンポイントでカバーすることができます。従って濃いシミを隠すことができます。

一方で液体タイプのように伸びは良くありません。また重ねすぎるとムラができたり、メイクがよれたり、厚く塗っている印象を与えたりする欠点があります。

・クリームタイプ

クリームタイプはパレットに充填されたクリームを小さいブラシで肌につけていきます。パレットには色の濃さの違う2~3色入っている商品が多く、自分で色を調整することも可能です。

・スティックタイプ

ブラシを使わずに直接塗布できます。広い面積の濃いシミにも向いています。

・ペンシルタイプ

固形タイプのコンシーラーの中で最も硬いタイプです。伸びが悪く広範囲の使用はお勧めしません。また、塗布した部分が乾燥しやすくなります。

しかし密着力は最も優れているので濃いシミやホクロにも使えます。

以上が市販されている一般的なコンシーラーです。これらのコンシーラーの中にはUVカット効果(SPFやPA機能のあるもの)や美白効果(美白有効成分の配合されているもの)などの付加価値のついた商品も存在します。UVカット効果や美白効果によって、そのシミがそれ以上大きくなったり濃くなったりすることの防止が期待できます。

液体タイプ、固形タイプのコンシーラーの中で、お勧めは「スティックタイプのコンシーラー」です。薄いシミはリキッドファンデーションやパウダーファンデーションでもある程度カバーすることができますが、濃いシミや大きなシミには固形のスティックタイプが役に立ちます。

また、スティックタイプのコンシーラーは直接塗布できるため使いやすく、さらにコンパクトで持ち歩きにも向いています。

コンシーラーを使った効果的なシミの消し方

それではコンシーラーを用いてシミを消すテクニックについて説明します。

コンシーラーを使う順序として、リキッドファンデーションを使う場合はその後、パウダーファンデーションを使う場合はその前に塗布します。

まず、シミのサイズより大きめにコンシーラーを塗布します。次にシミの部分には触れないように外周を指でぼかします。最後にフェイスパウダーをパフに取って、肌を押さえるように乗せます。

コンシーラーを何度も重ねづけするとメイク崩れの原因になったり、メイクにムラができて不自然な仕上がりになったりしてしまいます。なるべく最小限量を塗布するように心がけましょう。

また、コンシーラーをつける時、あまり力強く塗布したり広げたりしないように気をつけましょう。摩擦によって肌に傷がつき、炎症性によるシミの発生につながります。コンシーラーでシミを増やしていては意味がありません。

以上の手順を守れば誰でも簡単にコンシーラーを使ってシミを消すことができます。

シミ以外にも使える!コンシーラーを使って「マイナス5歳肌!」

コンシーラーを活用した「マイナス5歳肌テクニック」を紹介します。使う場所は「目尻」と「口角」です。

目尻のくすみを消してマイナス5歳肌へ

若い人と年齢を重ねた人のすっぴんでは目の周りのくすみが歴然と違います。メイクでカバーできないのが「目尻のくすみ」です。

そこで、目尻に軽くコンシーラーを塗布して指でぼかすようにひと手間加えてみてください。まずは左右どちらかの目尻で試してみてください。右と左で顔の印象が全く異なるのではないでしょうか。

ぼやけた口角をはっきりさせてマイナス5歳肌へ

意外と気づいていない方も多いと思いますが、年齢と共に唇の輪郭はぼやけてきます。特に顕著なのが口角の部分です。そこでコンシーラーを使ってぼやけた口角の輪郭を整えると、くっきりしたリップに仕上がります。

リップライナーを使って唇の輪郭をはっきりさせる方法もありますが、コンシーラーを使う方がより自然な仕上がりになります。

さらに上手く形を整えることで、下がった口角を上げて見せることができます。

是非片方で試して左右差を比較してみてください。

間違ったコンシーラーの使い方

コンシーラーは肌の欠点を隠すことのできる便利なアイテムですが、「何でも隠せばいい」というわけではありません。

ほうれい線には適さない

小じわをコンシーラーでカバーすることは可能ですが、ほうれい線には適していません。シワよりも深く広い範囲にできるほうれい線を消すためには、どうしてもコンシーラーを厚く塗布する必要があるからです。

確かに、メイクの仕上がり直後はコンシーラーでほうれい線を隠すことができますが、時間が経つとその部分が乾燥したりヨレたりして、ほうれい線にくっきり線が入り一層老け顔になってしまいます。

ほうれい線をコンシーラーでカバーするためにはプロのテクニックが必要なのです。簡単にほうれい線を目立たないようにするには、メイク前のスキンケアでの十分な保湿が重要となります。ほうれい線は肌の乾燥によってよりくっきり目立ってくるからです。

ニキビにコンシーラーを用いると悪化する

「ニキビを隠すためにコンシーラーを使いたい!」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、ニキビにコンシーラーを塗布するとニキビが悪化します。ニキビ菌は閉鎖された空気に触れにくい環境を好むので、コンシーラーでフタをするとニキビ菌がさらに増殖するでしょう。

ニキビは肌を清潔にして炎症を鎮めることが最優先です。ニキビの炎症を放置しているとそのままシミになる可能性もあります。

ニキビ以外の肌の炎症による赤みなどもコンシーラーでカバーするのはやめましょう。コンシーラーの刺激が更なる悪化を招く可能性があります。

このようにコンシーラーの活用方法は様々ですが、逆効果になるような使い方は避けましょう。

まとめ

美しい白い肌を目指すのであれば、日々の美白スキンケアでシミを薄くしていくことが一番大切ですが、コンシーラーによって一瞬でシミを消し去ることができるのです。

またコンシーラーのテクニックを身につけることで、顔の印象をより若く見せることのできる便利なアイテムとなります。

初めはコンシーラーを使ったメイクが上手くいかないこともあるかもしれませんが、毎日使うことでコツが分かってくると思います。

ぜひ、美白メイクにコンシーラーを取り入れてみてはいかがでしょうか。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。