「年齢は手に出る」ということを耳にしたことはないでしょうか。顔はメイクでカバーすることが可能ですが、手は手袋などをしない限りシワやシミなど隠すことはできません。「人の年齢を判断するときは手を見れば分かる」と言われることさえあります。

つまり、手を美しく保つことは「若く見られる」ということなのです。一方で、顔のスキンケアに力を入れても手のケアをしないでいると、実年齢よりも老けて見られることもあります。顔のお肌と同様、手のお手入れもきちんとしておくことで年齢の表れ方が大きく異なってきます。

今回は、手の美しさをキープするための3つの習慣やハンドケア・美白ケアの方法、さらには指先まで美しく見せるための方法についてご紹介していきます。

手を美しく保つために気をつけるべき3つの習慣

これから紹介する3つの習慣を守ることで手を美しく保つことが期待できます。

1.手を焼かない

手を焼かないというのは「日焼けをしない」ということです。紫外線は肌を老化させ、シミやシワの大きな原因につながります。手は顔と違って日焼け止めを塗っても洗ったりするためあまり意味がありません。

従って、冬は手袋をして夏はアームカバーなどを使用して紫外線を遮るようにしましょう。特に自動車や自転車の運転は知らない間に日焼けにつながるものです。

2.手を洗わない

「手を洗わない」と聞くと「不衛生」「汚い」と感じるでしょう。ここでは「必要以上に手を洗わない」「洗う回数を減らす」という意味です。私たちは日常生活で料理の前、食事の前、トイレの後など1日に何度も手を洗い、その度に手のうるおい成分が流れています。

特に小さな子どものいる母親は手を強力な洗剤で洗ったり、アルコール消毒をしたりと過剰衛生になり手に負担をかけてしまうことがあります。確かに手洗いは食中毒や感染症、風邪の予防に重要です。

しかし洗いすぎは手の皮膚にダメージを与えてしまいます。洗う回数、洗剤の強さ、水の温度など見直してみましょう。特に冬場になると熱いお湯で手を洗いたくなりますが、それでは手の乾燥を招いてしまいます。水またはぬるま湯で洗うことを心がけましょう。

3.手を荒らさない

手が荒れて炎症を引き起こすと、それこそ不衛生な状態と言えます。手が荒れていると皮膚のバリア機能は低下し雑菌が侵入しやすくなってしまいます。一度手が荒れると治りにくい上、バリア機能が壊れた手は水や洗剤に触れるたびにさらに荒れていき悪循環を引き起こします。

手を荒らさないためには保護することが大切です。お皿洗いの際は必ずゴム手袋を装着し、手を洗った後は自然乾燥はせずにすぐに拭いてハンドクリームで保護するようにしましょう。特に手の平には皮脂腺が存在しないため、クリームで油分を与えることが重要なのです。

また、手荒れに悩んでいる人の中には原因が別のところにあったりします。例えば成人型アトピー性皮膚炎(成人になってから発症するアレルギー反応のうち、皮膚の炎症を引き起こすもの)の場合、ハンドクリームで保護したところで手荒れは治りません。

アトピー性皮膚炎の場合はステロイド外用剤(炎症の治療に用いられる強力な薬)のような塗り薬を使用しなければ改善されません。手荒れが長期治らない場合は一度病院で診てもらいましょう。

以上の3つの習慣を意識するだけで手の負担が減り、年齢の表れない美しい手をキープできることが期待できます。

効果的なハンドクリームの塗り方

水に濡れたときや手を洗ったあとはハンドクリームで皮膚を保護するように述べました。その際、ただハンドクリームを塗りたくるのではなく、丁寧に塗ることが大切です。以下の手順に従うと効果的にハンドクリームを塗ることができます。

ハンドクリームの塗り方

1.手の平でハンドクリームを温める

クリームを温めることで、より肌に馴染みやすくなります。

2.指1本1本に塗り込む

手の甲と平、全体に広げたら次は指1本1本軽くさすりながら塗り広げます。指先は血行を促進するために少し強めにつまむと良いです。

3.手全体をマッサージする

最後に手をマッサージしましょう。手首から指先に向かって、もみほぐしていきます。両手を握り合わせほぐしたり、ツボを押したりすると血流が良くなり手の乾燥も防ぐことができます。

ツボ押しは「合谷(ごうこく)」がお勧めです。合谷は親指と人差し指の間のまたの部分にあり、体の痛みの緩和や血行促進に効果的な「万能のツボ」とも言われています。ハンドクリームを塗るときに、ついでに合谷を押さえるようにしましょう。

朝起きたときなどに「なんだか手がこわばっている」「手や指が痛い」と感じたことはありませんか。近年、長時間のパソコン作業やスマートホンの操作で私たちは知らない間に手を酷使しています。見た目を美しく保つためだけではなく、手をいたわりお手入れやマッサージなどでケアしてあげるようにしましょう。

ハンドクリームは何を選ぶべきか

市販に存在するハンドクリームの価格はピンキリです。「手に年齢が現れるのであればハンドクリームは高級なものがいい」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、高いハンドクリームをチビチビ使うより安いハンドクリームをたっぷり使う方が手の保護につながります。

高級なハンドクリームと安価なハンドクリームの主な違いは「ブランド」「香り」「パッケージ」の3つです。

お気に入りのブランドやかわいいパッケージのハンドクリームを持ち歩くだけで「気分が上がる」という方はその選び方でかまわないと思いますが、「高級なハンドクリームの方が効果がある」と思って選んでいる方は考え直してみてください。

その理由としてハンドクリームに特別な美容成分を配合することは少ないからです。仮に特別な成分が配合されていたとしても、石鹸などで簡単に洗い流れてしまい「効果はない」と考えられます。

高級なハンドクリームとそうでないものの決定的な違いは「香り」にあります。天然の精油などを用いた香料は原料コストが非常に高く、価格にそのまま反映されます。しかし天然の精油の香りはリラックス効果などもありハンドクリームを塗るたびに香りを楽しむことができます。

もちろん高価格のハンドクリームでは上質な油を選んでクリームをつくっているので使用感の違いもあります。しかし一日に何度も手を洗ってしまうので、その度に高級なクリームを塗るのはもったいないのではないでしょうか。その分のお金を顔に塗布するスキンケア化粧品に回した方が賢明だと考えられます。

それでは安価なハンドクリームはどのように選んだらよいのでしょうか。

お勧めは「尿素」が配合されているハンドクリームです。尿素とは、体に元々存在する天然保湿因子の一つで肌にうるおいを与えます。また、角質を柔らかくするため肌をなめらかにする作用もあります。

尿素は医薬品としても使用されており、ひび・あかぎれ・しもやけといった手荒れの症状に効果的です。ただし炎症がひどい手荒れの場合は皮膚のバリア機能を壊してしまう可能性があるので使用は避けましょう。

尿素は古くから使われており安全性の高い成分ですが、作用が強いため肌に使用するスキンケア化粧品に高配合されることは稀です。手やボディに尿素配合のクリームは適しているのですが、顔の皮膚は非常に薄いため刺激につながってしまうのです。

尿素は原料コストが安いため安価なハンドクリームにも配合されています。従って、ハンドクリームには尿素配合のリーゾナブルな商品を選ぶのがお勧めです。

美白ハンドケア

顔には紫外線対策を徹底的に施して美白ケアも行い色白をキープしていても、手のケアを何もしないでいると顔と手で肌の色に差がでてしまうことがあります。顔を美白するなら手の美白ケアも行いましょう。

紫外線対策

手は何度も洗うので日焼け止めを塗ってもあまり効果が得られないと前述しました。しかし、日差しの強い日やレジャースポーツをするときなどはウォータープルーフの日焼け止めを手の甲にもしっかり塗りましょう。日焼け止めは一度塗りではなく、何度も塗り重ねることが重要です。

そして普段はアームカバーや手袋を活用して極力、手が太陽光に直接当たらないように気をつけましょう。

美白クリームを活用

夜は美白スキンケア用品でお手入れをしましょう。夜寝る前に顔に使用している美白クリームを手の甲に塗るだけです。「顔用の美白クリームがない」「手につけるのはもったいない」という方はドラッグストアなどで販売されている安価な顔用の美白クリームを用いると良いです。

さらに、その上からコットンの手袋をはめて寝ると寝ている間に保湿パックされて翌朝の手のうるおいが全く異なります。手荒れや乾燥がひどい場合は美白クリームの使用はやめてハンドクリームを塗り、同様に手袋をはめて寝ると症状の改善が期待できます。

スクラブ剤でケア

スクラブ剤は、細かい粒子に汚れや古い角質を吸着させ摩擦力によって肌の表面をきれいにする働きがあります。汚れや古い細胞が剥がれることで肌の透明感がアップしたりくすみがとれたりします。表面のシミを薄くする効果も期待できるのです。

しかし、スクラブ剤は物理的な刺激を与えるため皮膚の薄い顔のケアでは慎重に行う必要があります。反面、手の皮膚は顔よりも厚みがあるため負担がかかりにくいと考えられます。

毎日の使用は避けた方が良いですが定期的にスクラブ剤を用いたハンドケアを取り入れると良いでしょう。

ハンドパック

ドラッグストアやインターネットなどでは様々なハンドパックの商品が販売されています。ハンド用のパック剤を手に塗り広げた後数分間放置して洗い流すものや、そのまま拭き取るタイプのもの、クリームが固まるまでパックしその後剥がすピールオフタイプのものなどが存在します。

中でもお勧めはハンドシートマスクです。ハンドシートマスクは、シート状やビニール状でできた手袋にローション液が含まれています。その手袋をはめてローションパックすることでしっとり潤います。寝る前のケアに適しています。

ただ、ハンドシートマスクは1回の使い切りタイプで数百円程度かかります。「手のケアにそこまでかけたくない!」という方も多いのではないでしょうか。しかし、自宅にあるもので簡単にハンドシートパックをする方法があります。

自分の手のサイズより少し大きめの使い捨てビニール手袋を用意して、その中にとろみのある化粧水を含ませてパックすれば特にお金をかける必要はありません。この時、特に高価な化粧水を用いなくても安いものでかまいません。さらに、量を少な目に使いたい場合は手にたっぷりローションをつけてビニールの手袋をするだけでも大丈夫です。

数分間置くとしっとり潤いを感じることができます。手の乾燥がひどい時などに試してみてください。

爪のケアも忘れずに!

手をきれいに見せるためには爪のケアも重要です。

マニキュアやジェルネイルをしている爪はもちろん、何もデコレーションをしていない爪にも定期的にケアをしましょう。

爪のケア

爪のケアをしないでいると爪が割れたり、爪の形が悪くなってしまったりします。爪をきれいに伸ばし、美しく見せることで手全体の年齢が若返ることが期待できます。ネイルケアの基本は以下の3つです。

・爪の形を整える

爪切りや、やすりを用いて爪の長さや形を調整します。爪切りを使用する際はお風呂上りの水分が行き渡った状態で行うと爪に負担がかかりにくいです。爪の形は丸みのあるものや四角い形などがあり、形によっても手の印象が変わってきます。

また、爪の長さも長くすることで手指を長く見せることができます。しかし爪が割れたりひっかかったりといったリスクを伴うので、ほどほどの長さにしましょう。

・甘皮処理、爪磨き

甘皮は爪の根元にある薄い皮のことで爪と皮膚の境目の部分です。甘皮を処理することで爪をきれいに見せたり、マニキュアやデコレーションネイルの持ちを良くしたりすることができます。一方で甘皮は雑菌が体に侵入することを防ぐ役割を果たしています。

従って下手に処理をしてしまうと感染を起こしてしまう可能性があり、素人が行うのはお勧めできません。ネイルサロンなどでプロに行ってもらうようにしましょう。

また、爪表面を磨くことで爪に光沢を与えることができます。爪の表面を磨く専用のやすりを用います。最近では素人でも扱いやすい電動のものや表面が特殊加工されているやすりなどが販売されています。

爪に光沢があるとそれだけで手が美しく見えます。

・ネイルオイルでケア

爪の乾燥によって爪が割れやすくなったり爪にスジがついてしまったりします。ネイルオイルを使用することで爪の乾燥を防ぐと同時に爪にツヤを与えることができます。

ネイルオイルには香りがついているもの、先端が筆タイプの便利なものなど様々なバリエーションがあります。

これらの基本のケアにトップコートをプラスすると爪を保護したり光沢を与えたりすることが可能です。爪のお手入れは見た目ですぐに効果を感じることができるため、楽しみながらできるのではないでしょうか。

肌を白く見せるネイルカラーを選ぶ

マニキュアの色やデコレーションネイルのカラーを選ぶ際、手の色を白く見せる色があります。その色は手の色によって変わってきますが、赤色やサーモンピンクは一般的に肌の色を白く見せることができると言われています。

茶系やベージュなどのカラーは色によって、肌をくすんで見せたりシミを目立たせたりすることがあるので注意が必要です。

自分の肌に似合う色は、塗った時に肌の色が白く健康的に見えます。カラー選びは肌に直接合わせてみると良いでしょう。

まとめ

手のケア・指先のケアの方法についてご紹介しました。

手や爪先のきれいな人は若く見えるだけではなく、生活に余裕があってエレガントな印象を与えることができます。

今日から是非、「日常的に取り入れるハンドケアの習慣・スペシャルケアの方法・手を美白にする方法」を身につけて、ハンド美人さらにはネイル美人を目指しましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い