resize2-badesalz-1620255_640

あなたは何を基準に美白化粧品を選ぶのでしょうか。

「含まれている成分」「パッケージのかわいらしさ」「商品の価格」「ブランドのイメージ」など、このときの基準は人それぞれです。

ブランドやデザインなどの良し悪しについては個性ですので何もいえませんが、美白化粧品を成分から見て選ぶ場合にはポイントがあります。

美白化粧品の場合、「シミを消したい」「お肌のトーンを明るくしたい」など求めていることはある程度共通していると思います。そこでこれらの美白効果を推測する上で重要なパッケージの表示について解説していきます。

医薬部外品か化粧品か

まずチェックすべきことは、医薬部外品か化粧品かという点です。

医薬部外品とは、薬機法(旧薬事法)に基づき、医薬品と化粧品のちょうど中間に位置する「人体に作用する緩やかなもの」を示し、厚生労働省の許可が必要になります。一方、化粧品とは「体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする作用を持つもの」を指します。化粧品の場合は厚生労働省による許可は必要ありません。

美白化粧品で医薬部外品のものには、厚生労働省が美白効果を認めた成分(有効成分)が一定濃度配合されています。

確かな効果を求めるのであれば医薬部外品の美白化粧品を使うことをおすすめします。気になった美白アイテムが医薬部外品であるかどうかをまずは確認しましょう。

ちなみに日本では薬機法によって、健康食品では「栄養を補える」「体重を維持できる」などの表現を記載できます。一方で、化粧品では「肌のキメを整える」「肌にはりを与える」などの表現が認められています。しかし、化粧品は医薬部外品ではないため訴求できる内容は厳しく制限されています。

そのため、「メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ」などの美白の訴求ができるのは、医薬部外品のみです。化粧品では美白効果を謳うことはできません。よって化粧品の場合、商品のホームページやパッケージには美白を匂わせる、イメージさせる言葉を上手に使っています。

たとえば「ホワイト美容液」という商品名の化粧品の場合、製品の名前から美白美容液だとイメージさせることができます。

このように私たちは商品名やパッケージなどのイメージだけでその化粧品の効果を、勝手に想像して思い込んでいることがあります。印象だけで美白化粧品だと決めつけずに、パッケージやウェブサイトに「医薬部外品」の表示があるかどうかをまずは確かめましょう。

また、商品名に「薬用」とつけられるのも医薬部外品のみです。例えば「薬用スキンローション」と名付けられている商品があれば、それは厚生労働省の認めた有効成分を配合する化粧水であることがわかります。

医薬部外品として認められている美白の有効成分

それでは、医薬部外品の美白の有効成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

医薬部外品には必ず1つ以上の有効成分が含まれています。その成分による肌への働き方はそれぞれです。また肌質によって効果のでる人、でにくい人がいます。また、そもそもお肌に合わないケースもあるので、自分に合った有効成分を見つけるために、美白の有効成分を含んだ化粧品をいくつか試してみてください。

まず、試供品を用いて実際に肌につけてみましょう。「ピリピリしないか」「チクチクしないか」「赤くならないか」など、肌にあっているか確認してください。合う、合わないは数回使用すれば判断できます。

美白有効成分の中には、化粧品メーカーが独自に開発し、厚生労働省に使用を認められた成分もあります。こうした成分は特許で守られているため、どの化粧品会社も同じ美白有効成分を使えるわけではありません。

美白有効成分の2つの作用ポイント

医薬部外品の有効成分に共通していることはシミの元になる黒色色素「メラニン」に直接あるいは間接的に働きかける点です。

メラニンの生成を抑えることができれば、肌が黒くなるのを防げますし、シミの生成も予防できます。すでに生成されたメラニンの色を薄くする作用を持つものもありますので、これらが結果として美白効果を生み出すのです。

以下、美白有効成分の主な作用について記します。

1. メラニンをつくらせない(生成抑制)

シミの生成を防ぐための予防的な働きです。紫外線を浴びると肌の奥でメラニンが生成されるため、その過程をブロックします。

2. メラニンを除去・移送抑制する

有効成分の中には、溜まったメラニンの排泄・除去をする成分が存在します。

また、肌の奥で生成されてしまったメラニンは表面に移送され、やがてシミになります。このメラニンの移送を食い止める働きをします。

美白化粧品の中には有効成分が2つ以上配合されているものもあります。「メラニン生成抑制」と「メラニンの除去・移送抑制」の両方の役割を果たす成分がそれぞれ配合されていると、高い美白効果が期待できます。

美白有効成分について

それでは、美白効果をもたらす有効成分について具体的に記します。「メラニン生成抑制」「メラニン除去・移送抑制」「両方の働きを有する有効成分」の3つのグループに分けて成分の詳細をご説明します。

1. メラニン生成抑制

・アルブチン:

コケモモという植物から抽出された成分です。

・エラグ酸:

ラズベリーやザクロなどのフルーツから抽出された成分です。

・カモミラET:

カモミールという植物から作られた成分です。これは花王が独自に開発した美白有効成分です。花王がプロデュースする美白化粧品にしか使われていません。

・トラネキサム酸:

のどの痛みを抑えるなど医薬品としてもトラネキサム酸が活用されています。シミの一種であり、女性ホルモンによる影響によって生じる肝斑(かんぱん)にもトラネキサム酸は効果があります。

・リノール酸:

ベニバナ油から抽出された成分です。

・t-シクロアミノ酸誘導体:

大豆や卵黄から抽出された成分です。資生堂が開発し2002年に使用を認められた成分です。資生堂はその後開発した「4-メトキシサリチル酸カリウム塩(後ほど紹介します)」の方がより美白効果が高いとわかったため、現在はあまり使っていないようです。

・コウジ酸:

発酵食品である、お酒・醤油・味噌などの製造過程でコウジ菌によってつくられる成分です。日本酒造りの職人さんの手が白く透き通っていることからヒントを得て開発された美白有効成分です。

・ルシノール:

モミの木の成分を基にポーラとクラレによって共同開発された独自の美白成分です。

・マグノリグナン:

漢方薬としても使われている厚朴(こうぼく)と呼ばれる生薬を基に、カネボウによって開発された美白有効成分です。

2. メラニン除去・移送抑制

・ニコチン酸アミド:

ビタミンの一種であり、マックスファクターが独自に開発した美白有効成分です。

・アデノシン-リン酸二ナトリウム

大塚製薬が独自に開発した成分であり、エナジーシグナルAMPという商標(名前)で表記されています。肌細胞の代謝を促し、メラニンを排泄する働きをもちます。

3. 両方の美白効果を併せもつ

・ビタミンC誘導体:

ビタミンCを安定した形で浸透しやすくしたものがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はメラニン生成抑制、除去の両方に働きかけるすぐれものです。シミがつくられるのを防ぐだけではなく、色素沈着によるシミにも効果があります。

・4-メトキシサリチル酸カリウム塩:

サリチル酸の誘導体で資生堂が独自開発した成分です。メラニンを生成抑制するだけではなく、溜まったメラニンを排出する働きも持ちます。4MSKという商標(名前)で表示されています。

・プラセンタエキス:

動物の胎盤から抽出された成分です。

表示成分で見るべきポイント

美白化粧品を選ぶ際、医薬部外品か化粧品なのかを確認した後に、見るべきポイントは表示成分です。表示成分はパッケージの後ろ、あるいはボトルに記載されており、またインターネットでも見ることができるようになっていることがほとんどです。

表示成分から分かることは、含まれている成分と、含まれている分量の目安です。表示成分として記載される順番にはある程度の規則があります。

医薬部外品の場合

医薬部外品の場合は、全表示成分の義務はありません。有効成分はかならず表記しなければなりませんが、含まれている成分すべてを記載する必要がないのです。

メーカーによっては、企業秘密にしたい成分が存在します。こうした成分は記載しなくていいことが認められています。また、表記の順番についても必ずしも分量の多いものから並べる必要はありません。会社独自のルールで表示が可能なのです。

化粧品の場合

一方で化粧品の場合、基本的には配合されている成分を全て表記しなければなりません。さらには表記の順序は分量の多いものから並べる必要があります。

しかし、配合濃度が1%以下は各社の判断で表示の順番を自由に変えることができます。

中身の成分、分量の多さが推測されると他社に真似されてしまう可能性もあるので、1%以下はあいうえお順にするなどわざと並びかえることがあります。これは会社の判断ですので1%以下でも分量通りに表記しているメーカーも存在します。

表示成分の注意点

医薬部外品と化粧品では、表記の際にこうした違いがあります。化粧品の場合、ある程度化粧品の処方を読み取られてしまうのですが、一方で医薬部外品の場合は難しいといえます。

広告や紹介文だけを鵜呑みにせずに表示成分を見て、どのようなものが配合されているかきちんと把握しましょう。そうしておくと肌トラブル、アレルギーのときに原因の特定がしやすいです。

特に化粧品の場合、1%以上の配合成分は「分量の多いもの順」に並んでいるため、表記されている成分のうち初めに並んでいる成分は特に確認しておいた方がいいでしょう。目安としては、箱の裏やパッケージに記載されている表示成分の1~2行目あたりが1%以上である可能性が高いです。

また、「化粧品には美白効果がない」と考えている方は多いですが、必ずしもそういうわけではありません。

化粧品にも美白の有効成分を配合することは可能です。さらに、医薬部外品では有効成分は一定量(決められた量)しか配合することができません。そこで、より高い効果を得るために有効成分を医薬部外品の規定量以上配合して、化粧品として販売している商品もあります

ただ、有効成分を多く含んだとはいっても、美白効果が高いから必ず品質もいいともいえません

例えば、カネボウが独自に開発した美白有効成分「ロドデノール」で白斑(はくはん)という皮膚の色素が抜けて白くなる病気が発覚したことがあります。これは、厚生労働省も認めた美白成分を含む化粧品を使用した一般消費者に健康被害がでたという事件です。強すぎる美白作用は皮膚を漂白してしまう危険性があるのです。

独自に新しく開発された有効成分は安全性のデータが少ない分、副作用の危険性があることを頭の片隅に置いておいてください。

美白アイテムを取り入れるなら何を選ぶべきか?

いきなり美白ラインナップ商品を全て購入するのはお金もかかるし肌に合うかどうかもわかりません。

そこでまずは美容液または乳液を美白用にすることをおすすめします。理由は3つあります。

1. 美容液、乳液は浸透する

一般的にスキンケアでは化粧水を1番に使うと思います。化粧水が肌への通り道をつくり次に使うアイテムの浸透をよくしてくれます。

この後に美容液や乳液を使うと高い浸透が期待できます。メラニンは肌の奥でつくられるので浸透力は大切です。

2. 「水に溶けやすい成分」「油に溶けやすい成分」の両方を配合可能

基本的には、化粧水だと水にとけやすい成分しか配合することができません。一方でクリームだと、油にとけやすい成分を中心に配合します。

美容液、乳液はちょうど中間の性質をもち、どちらの成分も配合できます。美容液も中間のものが多いと思いますが、価格が高く設定されていることが多いです。肌に合わなかったら意味がないので、まずは乳液から取り入れていき、肌に合えば他のアイテムを増やしていくことをすすめします。

3. 肌荒れしにくい

「美白化粧品を使うと肌が荒れる、ピリピリする」ということをよく聞きます。美白化粧品にはさまざまな成分を配合している分、肌に刺激を与えることもあります。

化粧水は乾燥した肌に1番につけるアイテムなので、敏感な肌にはあまり何も入っていないシンプルな化粧水が合っていることがあります。一方で2番目以降に塗布するアイテムは、少し肌がなじんだ後につけることになるので刺激を感じにくいといったメリットがあります。

もちろん肌に合っていない場合の継続使用は辞めましょう。

また、最近はさまざまなメーカーがお試しセットを販売しているのでそれを使用してみるのもおすすめです。お試しセットであれば、安い値段で化粧品を試すことができます。

まとめ

美白化粧品の選び方のポイントは、最初に医薬部外品か化粧品かをチェックすることからはじめましょう。その後、どのような有効成分が入っているか確認し、表示成分や成分の分量の目安をチェックします。

そしてまず取り入れるとしたら美容液か乳液を使ってみましょう。もちろん、お試しセットであればすべての商品を安く活用できるため、これらを使ってみて肌に合うかどうか、効果があるかどうかを検討するのもおすすめです。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い