「スキンケアは面倒くさい」「日焼け止めは塗らない」というズボラな習慣が身についているあなたでも、美白ができる方法があるなら試してみたいのではないでしょうか。

これまでに張り切ってスキンケア用品・日焼け止めを揃えても「結局使わなかった」という方も多いと思います。美白は1日でできるものではありません。日々のスキンケア、生活習慣が大切です。

また、10代・20代前半までは多少ズボラなスキンケアをしていても肌の細胞の生まれ変わりが活発なため、肌がきれいに見えます。しかし20代後半、30代に突入すると急激に蓄積されたダメージが肌の表面に出てきます。

シミが急に大きく濃くなり、シワやたるみが目立ち始めます。スキンケアに疎い方は、肌の老化サインに対してどのようにケアしていいか分からない方も多いと思います。

20代までは同年代の女性の中で見た目に大きな差は見られませんが、年齢を重ねるにつれて「スキンケアをきちんとしてきた人」と「そうでない人」の差が歴然と分かるようになります。

しかし「こんな年齢だしもう手遅れ」と悲観する必要はありません。実はスキンケアをきちんとしてきた人よりも、スキンケアを行ってこなかった人の方がスキンケアの効果は得られやすいと言われています。

今回は、これまでほとんどスキンケアをしてこなかった人でも始められる「ズボラ美白の方法」を伝授したいと思います。

ズボラ美白のスキンケア方法

ズボラな方がいきなり化粧水・乳液・クリーム・美容液を使用するのは難しいと思います。そこでまずは乳液かクリームのいずれかをスキンケアとして毎日使うようにしましょう。

2アイテム塗布することに抵抗がない方は「化粧水と乳液」あるいは「化粧水とクリーム」という組み合わせでスキンケアを行いましょう。ミストタイプの化粧水を選べば手間はかかりません。

また、2アイテム使う場合「1つ目のアイテムが肌によく浸透するのを待ってから次のアイテムを使う」と考えている方も多いと思います。しかし浸透を待つ必要はありません。特に化粧水の場合はほとんどが水分なので、油分を含むアイテムでフタをしなければ蒸発してしまいます。

実は、この蒸発の時に気化熱が必要になりこの熱によって肌内部の水分まで奪われてしまって、より乾燥してしまう可能性すらあるのです。

従って化粧水の後すぐに乳液あるいはクリームを塗りましょう。そうすればスキンケアの所要時間は1分以内で済みます。

始めは乳液かクリームのどちらか1アイテムのみでもかまいません。慣れてきたら2アイテムに増やすようにしましょう。これならズボラな方でも「やってみよう」と思えるのではないでしょうか。

また、1アイテムでスキンケアが完了する「オールインワンゲル」というアイテムも存在します。化粧水・乳液・クリーム・美容液・パックの全ての機能を1つにまとめたアイテムとして位置づけられています。

「それならオールインワンゲルで十分」と思う方も多いのではないでしょうか。しかしオールインワンゲルは水分から成るゲルに少量の油と、いくつかの美容成分を加えてつくられています。

オールインワンゲルの保湿力は化粧水と乳液の間程度に留まると考えられます。また、ゲルをつくるための「ゲル化剤」が大量に配合されているため刺激が強いというデメリットも存在します。

スキンケア初心者や時間のないときにだけ使う時短アイテムとしては優秀なオールインワンゲルですが、長期間使用するなら先に述べた2アイテムを継続して使用する方がアンチエイジング、美白効果が期待できるでしょう。

アイテム選びのポイント

1つあるいは2アイテムで美白ケアをする場合は、有効成分が配合された医薬部外品の美白アイテムを用いるようにしましょう。

有効成分とは、「厚生労働省に効果を認められた成分」のことです。有効成分が配合されたスキンケア用品は化粧品ではなく「医薬部外品」に分類されます。有効成分にはシミの生成を防ぐ、いわゆる美白効果以外にも炎症を抑えるもの、あせもやニキビを防ぐものなどがあります。

1アイテムで美白したい方は、有効成分が2つ配合されている「ダブル主剤」のスキンケア用品を選ぶとより高い効果が期待できます。

有効成分が2種類配合された乳液やクリームを選ぶには、パッケージの表示成分を見れば分かります。

このように有効成分には印が入っています。

ダブル主剤の場合は以下のように有効成分が2つ並びます。

ちなみにこちらは「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸ジカリウム」のダブル主剤です。「トラネキサム酸」は美白有効成分で「グリチルリチン酸ジカリウム」は抗炎症成分です。

「抗炎症成分は美白とは関係ない」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、抗炎症成分は「炎症性色素沈着のシミ」を防ぐのに有効です。シミの原因は紫外線だけではなく、長引く炎症がシミをもたらすことがあり、それを「炎症性色素沈着」と呼びます。

ダブル主剤の組み合わせは商品によって様々です。一概に「この組み合わせがいい」とは断定できませんが、美白有効成分が一つ以上配合されているものを選びましょう。

美白有効成分について

ここでは一般的に用いられている美白有効成分について説明します。

目的に合わせて有効成分を選びましょう。

・シミをこれ以上増やしたくない

シミの生成を抑制する効果のある、アルブチン・トラネキサム酸・ビタミンC誘導体・コウジ酸・エラグ酸・プラセンタエキスなどの有効成分が効果的です。

・今あるシミを改善したい

シミの色を薄くする働きを示すビタミンC誘導体、シミを肌の外へ排出する働きのあるプラセンタエキスが効果的です。

ビタミンC誘導体は一般的に使われている美白有効成分で、シミの抑制と改善の両方に効果を示す優れものです。ビタミンC誘導体の表示名称は「アスコルビン酸~」「~アスコルビル」と表記されます。

美白有効成分を含む医薬部外品のスキンケア用品を初めて使用する場合は刺激や肌荒れに注意してください。通常の化粧品よりも高い濃度の成分が配合されていることが多く、肌に合わないこともあります。

なるべくサンプルを試してから購入するようにしましょう。ただ、一度試した美白化粧品が肌に合わなかったからといって美白スキンケア用品全般が合わないわけではありません。

「たまたまその有効成分が合わなかった」あるいは、同じ有効成分でも他の成分との相性や配合比率によって刺激に感じる場合とそうでない場合もあるのです。

一つ一つ製品を試してみましょう。

ズボラ美白の紫外線対策

紫外線対策は美白に限らず美容の基本です。

徹底的な紫外線対策をするのであれば、まず日焼け止めを2~3回塗ってからベースメイクをしていきます。そして外出先でもこまめに塗り直す必要があります。

しかしズボラな方がいきなりそのような徹底した紫外線対策を行っても継続できないでしょう。続かなければ意味がありません。従って継続できることを重視した紫外線対策法を説明します。

メイクをしない方はシートタイプの日焼け止めを!

普段メイクをしない方にとって顔に何かを塗るということ自体、抵抗があるのではないでしょうか。しかし、日焼け止めは液状やクリームタイプのものだけではありません。

「日焼け止めシート」というシート状の日焼け止めアイテムが存在します。汗ふきシートのようなシートに日焼け止め成分が配合されています。

「日焼け止めクリームはどうしても塗布後のベタつきやきしみが気になる」という方でも日焼け止めシートなら気にならないのではないでしょうか。メイクをする方であれば、メイク前に使うことも可能です。

日焼け止めシートの良い点は片手でサッと塗布できること、塗り直しも手軽に行えることです。片手に日焼け止めクリームを出して鏡を見ながら、もう片方の手で少しずつ塗り広げるといった煩わしい手間はかかりません。

時間がない場合は家を出て歩いている途中にでも塗ることもできます。

さらに、カバンの中に入れておけばどこでも塗り直しが可能です。

ただし日焼け止めシートには、「紫外線カットの効果が弱い」という弱点があります。紫外線を防御する強さはSPF(Sun Protection Factorの略で紫外線UVBを防ぐ指標)とPA(Protection grade of UVAの略で紫外線UVAを防ぐ指標)の二つで表されます。

日焼け止めクリームであれば「SPF50+、PA++++」といった強力なものも存在しますが、日焼け止めシートの場合は「SPF25~30、PA++」のものが主流です。日常使いであれば日焼け止めシートで問題ありませんが、日差しの強い日、海水浴や登山など長時間炎天下で過ごす日などには向いていません。

従って日焼け止めシートと強力な日焼け止めクリームを用意しておくと良いでしょう。

また、日焼け止めシートを使用するさいは力加減に注意してください。力強くこすってしまうと肌が炎症を引き起こし炎症性色素沈着につながったり、肌の構造を壊してシワやたるみを引き起こしたりしてしまう可能性があります。

これはスキンケアについても同様です。スキンケアをする際は、優しく肌に触れるようにしましょう。

ボディにはスプレータイプの日焼け止めを!

日焼け止めシートは便利なアイテムであることを紹介しましたが、ボディ用の日焼け止めとしては向いていません。顔は面積が小さいため簡単に使えますが、足や腕全体をシートで拭くのは手間がかかります。

ボディ用としては「スプレータイプの日焼け止め」がお勧めです。ワンプッシュで広範囲に日焼け止めを塗布することができるからです。

「それなら顔にもスプレータイプの日焼け止めを使った方が楽ではないのか」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、エアゾール製品と呼ばれるスプレータイプのアイテムには「LPG」が使用されています。

LPGとはスキンケア・メイク用品、ヘアスタイリング剤など幅広く使われている液化石油ガスです。LPGによってモコモコの泡を瞬時につくったり、細かな霧を広範囲に噴射したりすることが可能なのです。

しかしLPGは、刺激が強く肌に負担がかかることがあります。デリケートな顔の皮膚に使うのはなるべく避けた方が良いでしょう。

いくら楽でも肌にダメージを与えていてはズボラ美白とは言えません。

まとめ

スキンケアは美白用乳液かクリームの1アイテムのみ、日焼け止めは片手で塗れるシートタイプ、本当にこれだけで美白できるのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、何もしないよりは効果が期待できます。

特にこれまでスキンケアや紫外線対策をきちんとしてこなかったが、毎日ズボラ美白を継続することで肌の変化を感じることができるでしょう。

今回紹介したズボラ美白は、スキンケアあるいは美白ケアの入門者向けの方法です。「何もしないよりズボラ美白をした方がいい」という程度に捉えてください。スキンケアを始めて変わっていく肌に「楽しさ」や「喜び」を感じることができたら、ズボラなスキンケアから卒業して本格的に美白スキンケアを開始してみましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い