まず始めに、なぜ20代ではなく「30代からのメイク法」なのか疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

10代・20代のうちはあまりメイク法にこだわらず、様々なメイクに挑戦した方が良いと思います。自分に似合わないメイクや、明らかにおかしいメイクを実際に体感して学んだ方が、よりメイクのテクニックが身につくでしょう。

また、10代・20代のうちは肌にシミやシワがなくツヤ・透明感があり、ある程度何をしても似合う年齢です。それが30代になるとそれまで目立たなかったシミやシワ、たるみなどが徐々に現れてきます。

メイクで上手くカバーすることもできますが、間違ったメイクをしていると逆にそれらの年齢サインが際立つことがあります。さらに10代・20代のメイクと同じメイクを続けていると「イタイ顔」になってしまいます。

従って、今回は「30代から身につけたいメイク法」について解説していきます。

メイクの思い込みを捨てる

メイクに興味のある方であれば、化粧品に興味を持ち始める10代の頃に一通りのメイクアイテムを揃え、フルメイクを当然のようにしていたのではないでしょうか。しかし、メイクは足し算引き算が重要です。

まずは、「アイシャドウ・マスカラ・アイライナー・チーク・口紅といったポイントメイクを全てしないといけない!」という思いこみを捨てましょう。アイメイクをしっかりする日はリップとチークは薄めに、アイメイクを軽くした日は濃い色のリップにはっきりチークを入れるといった具合に調整することが大切です。

また、コスメ雑誌や化粧品カウンターのBA(ビューティーアドバイザー)さんの言うことは絶対ではありません。化粧品メーカーではコスメアイテムを少しでも多く購入してもらうために様々なアイテムを用意しています。

勧められる通りに全てを使うと非常に厚化粧になってしまい、いわゆる「ケバい顔」になります。30代からは、いろんなアイテムを取り入れるよりも薄めで自然なメイクの方が若く見えるのです。

30代から身につけたいメイク法

具体的なポイントを以下に挙げました。

口紅は必ず塗る

10代・20代は唇の血色が良く、口角も下がっていないため口紅は塗らずリップクリームやグロスのみで済ませていた方も多いのではないでしょうか。また、口紅を塗ると「ケバくなる」と思い込んでいる方も多いと思います。

確かに10代・20代では、口紅は似合わない人の方が多いかもしれません。しかし年齢を重ねるたびに口角が下がる上、唇のラインがぼやけてくるため口紅を塗らないと老けた印象を与えてしまいます。

口紅を塗ることで、はっきりした締まりのある顔に仕上げることができます。

「いきなり濃い色の口紅を使うのに抵抗がある」という方は、まずベージュ系のヌーディーなカラーから試してみると良いでしょう。

アイシャドウは色選び・塗り方を間違えると老け顔になる

10代・20代は目元の広い範囲に濃い色のアイシャドウを入れるメイクを取り入れていた方も多いのではないでしょうか。しかし、30代からは濃い色のアイカラーは目の際のみ、あるいは薄い色に変えることをお勧めします。

濃い色のアイカラーを広い範囲で入れると目元に重い印象を与え、どうしても目が下がって見えてしまうからです。

毎日濃いアイカラーを使う習慣のある方が薄い色に変えるのは勇気がいるかもしれませんが、一度試してみてください。「若い頃は濃いアイシャドウを入れないと顔が締まらなかった」という方も、「しない方が若く見える!」と思えるでしょう。

そしてアイシャドウのベースカラーは白や薄いベーシュのパール入りを選びましょう。これらの色には、くすみを目立たなくする効果があります。「アイシャドウはグラデーションで入れないといけない」という思いこみを捨てましょう。

目元全体にベースカラーを塗ってアクセントカラーなどを使わずマスカラやアイライナーに重点を置くと、ナチュラルで目元がすっきり見え若返り効果が期待できます。

アイライナーは太さと位置を間違えると目が小さくたるんで見える

アイライナーの基本は「まつ毛の根本を埋める」ことです。アイラインを太く入れると、その部分が強調されて目が小さく見えてしまうのです。アイライナーはできるだけ細く点を描くように入れましょう。

また、30代になっても目の周りをアイライナーで囲む「囲み目メイク」をしている場合は、そろそろ卒業しましょう。目が小さく老けて見えるだけでなく、囲み目メイクはクレンジングによる肌への負担が大きいからです。

目の際に入れたアイライナーをきれいに取り除くには、ある程度クレンジング剤でこすらなければなりません。毎日このような物理的な摩擦を加えていると、その刺激によってシミの元になるメラニンが放出されます。

また強い力でこすると、肌の弾力を維持しているコラーゲンやエラスチンが切れたり細くなったりして目元がたるんできます。

つまり囲み目メイクは見た目を老けさせるだけでなく、シミの生成やたるみの要因となって肌自体の老化を進めてしまうのです。

また、目尻を太く強調した「タレ目メイク」と呼ばれるアイライナーの描き方をすると、目尻が重くたるんだ印象を与えてしまいます。年齢と共に目尻は下がります。タレ目メイクよりは「つり目メイク」を取り入れた方が良いでしょう。

さらにアイライナーを引かないでメイクしてみるのもお勧めです。クレンジングが楽な上、肌への負担が少なくなります。

つけまつ毛は目尻のみにつける

つけまつ毛は目力を一気に上げることができる便利なメイクアイテムです。しかし、つけまつ毛はまぶたにとって「重さ」があるため目元が下がってみえます。

そこで、つけまつ毛を使用したいのであれば目尻のみに使うようにしましょう。まぶた全体につけまつ毛をつけるより、目尻のみの方が自然な仕上がりになります。そして、つけまつ毛の長さや太さにこだわりすぎるよりも「軽さ」を重視した方がまぶたに重みがかからず負担を減らすことができます。

また、「まつ毛エクステ」についても注意が必要です。つけまつ毛よりも自然な仕上がりになるまつ毛エクステですが、つけまつ毛と同様まぶたには重みになります。まつ毛エクステの場合、一度着けると24時間まぶたに重みがかかることになり、たるみにつながります。

従ってまつ毛エクステの場合も本数を少なくしたり、あまり長すぎないものを選んだりしてまぶたへの負担を減らしましょう。

ファンデーションはリキッドタイプがお勧め

まずは、パウダーファンデーションとリキッドファンデーションの特徴についてそれぞれ説明します。

・パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは油分や水分がほとんど含まれていません。皮脂や汗などを吸う力が強いため、皮脂分泌が盛んな方に向いていると言えます。マットな肌に仕上がります。

・リキッドファンデーション

油分・水分がバランスよく混ざったクリーム状あるいは液状のファンデーションです。少量で伸び、カバー力が高いのが特徴です。ツヤのある肌に仕上がります。

皮脂分泌の盛んな10代・20代はリキッドファンデーションよりもパウダーファンデーションを使っていた方が多いのではないでしょうか。リキッドファンデーションには油分が含まれているため肌の水分の蒸発を抑えることができます。

夜間の保湿ケアと同様に日中も乾燥対策が重要です。肌が乾燥しているとシワが目立ち老けた印象を与えてしまいます。

従って、30代からはオイルリッチなリキッドファンデーションを選ぶようにしましょう。

また、これまでBAさんから「リキッドファンデーションを塗布してからパウダーファンデーションを使う」と勧められてきた方もいらっしゃると思います。しかし、両方使うと「厚塗り感」がでてしまいます。

化粧品メーカーとしては、消費者に両方使用してもらう方がたくさん商品を買ってもらえることになるため推奨しているだけです。リキッドファンデーションの後のベタつきが気になる場合は、ティッシュで軽く押さえるかフェイスパウダーを上から少し塗布しましょう。

オシャレメガネ(ダテメガネ)を活用してみる

フレームのはっきりとした大きなメガネをファッションアイテムとして取り入れるのが人気です。実は、オシャレメガネは肌悩みをカバーする上でも非常に役立つアイテムと言えます。

自分の肌の色に合ったメガネをかけることで肌が白く見えたりシミやくすみ、シワが目立たなくなったりします。

オシャレメガネのメイクポイント

オシャレメガネを用いる場合は、思い切ってアイメイクをするのはやめましょう。メガネだけでインパクトがあるので、その上にアイメイクをしっかりするとケバい印象を与えてしまうからです。

オシャレメガネのメイクポイントは「コントラストをつくること」です。アイメイクはしませんが、チークや口紅は色の濃いものをつけるとアクセントになります。

また、色の濃い大きなフレームのダテメガネをかける場合はボーイッシュになりがちなので、チークや口紅によってかわいらしい印象を与えコントラストをつけると良いでしょう。

「メガネは似合わない」と思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが年齢を重ねて表情が変わり、メガネが似合うようになっている可能性もあります。また、シワやシミが目立たなくなることで若く見える効果も期待できます。

店頭で似合うメガネを店員さんに探してもらったり、アプリを使って似合うメガネを見つけたりすることも可能です。

是非オシャレメガネをメイクの一部として活用してみてください。

メイク直しよりも日焼け止めの塗り直しが大切

1日1回はメイク直しをすることがあると思いますが、あなたは何を一番優先していますか。「口紅」「ファンデーション」と答える方が多いと思いますが、最も重要なのは「日焼け止めの塗り直し」です。

肌の老化対策で最も重要となるのは「保湿」と「紫外線対策」です。特に紫外線対策は日中のケアが大切です。日焼け止めは朝にきちんと塗っても1日中効果を持続させることは難しく、汗や皮脂で落ちてしまいます。

メイクの上から日焼け止めを塗り足すことに抵抗を感じるかもしれませんが、美白を目指すのであれば必須です。メイク直しの順序として以下を参考にしてください。

1. ティッシュを顔に当てて皮脂や汚れをオフする

2. 頬など乾燥しやすい部分に保湿クリームを塗る

3. アイメイク以外の部分に日焼け止めを塗る

4. リキッドファンデーションあるいはパウダーファンデーションをつける

5. 口紅などのポイントメイクを直す

化粧ポーチは大きくなってしまいますが、メイク用品だけでなく日焼け止め・保湿クリームも持ち歩くようにしましょう。

まとめ

30代になり、これまでフルメイクを当然にしてきた方が、いきなりメイクを大きく変えるのは抵抗があるかもしれません。しかし「今日はアイライナーを無しにしてみよう」「今日はアイシャドウをベースカラーのみにしてみよう」と少しずつ薄くしていくと、「意外とこっちの方がいい」と思えるでしょう。

メイクに対する固定概念を捨てて、毎年メイクを見直すようにしてみてください。年齢に合わせた自分に似合うメイクをすることで、より若く見えるようになります。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。