「いくら美白化粧品を使用してもシミが改善されない……」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そのシミは、肝斑の可能性があります。肝斑は美白化粧品のみでは改善が難しいシミの一つで、美白化粧品と併せた他のアプローチが必要です。

今回はシミの種類・肝斑の原因、そして肝斑を治したいときにやるべき4つのことについて述べていきます。

シミの種類

シミにはいくつかの種類があります。肝斑だと思い込んでいるシミが、実は違う種類のシミかもしれません。まずはあなたのシミがどの種類かを特定することが重要です。

・老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

シミの中で最も多いのが老人性色素斑です。紫外線を浴びることで生成し、次第に濃く大きくなっていきます。頬骨の高い位置にできやすく、数ミリから数十ミリの丸い色素斑の形状をとることが多いです。

・肝斑(かんぱん)

肝斑は一般的に左右対称に出ます。女性ホルモンの影響が大きく妊娠中やピルの服用などで肝斑が現れることがあります。30代~40代の女性に多く見られます。

・脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

シミが隆起してイボのようになっているものを「脂漏性角化症」と呼びます。表面がボツボツしているのが特徴です。老人性色素斑が何年もかけて脂漏性角化症になっていくことがあります。

・雀卵斑(じゃくらんはん)

いわゆる「そばかす」です。小さなシミで遺伝的なものを指します。遺伝的なソバカスは10代からでき始め、鼻を中心に散らばるようにできるのが特徴です。そばかすは三角や四角い形をしたものが多いです。

また、白人や日本人では色白の人に多いと言われています。

・炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

炎症性色素沈着は、ニキビ跡や傷跡などが茶色くシミとなって残ったものを指します。長引く炎症によってメラニン細胞が刺激されてシミがつくられてしまうのです。

・花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

急激な日焼けによって肩から背中にできる小さなシミを「花弁状色素斑」と呼びます。円ではなく花びらのような形をしているのが特徴です。

・後天性真皮(こうてんせいしんぴ)メラノサイトーシス

表面にできる一般的なシミとは異なり、後天性真皮メラノサイトーシスは肌のより深い部分でメラニンがつくられます。そのため茶色いシミではなく青色のアザのように見えることがあります。

シミ・そばかす・肝斑の見分け方

あなたのシミが、「一般的なシミ(老人性色素斑)」なのか「ソバカス」なのか「肝斑なのか」を見分ける具体的な方法について説明します。ただし、1ケ所に複数の種類のシミが混在していることもあります。

シミ・ソバカス・肝斑の違い

老人性色素斑の場合、濃さや大きさにバラつきはありますが、シミの部分の境界線がくっきりしています。色は薄い茶褐色から濃い茶色まで様々です。

そばかすは茶色く小さい点状のシミが鼻を中心に左右の頬に広がります。

肝斑は左右対称に目の際を避けるようにして頬骨からこめかみに向かって発生します。色は薄い褐色で老人性色素斑よりも境目がはっきりせず太いハケで塗ったようなベタっとした広いシミになることが多いです。

肝斑が現れる場所

肝斑が現れる場所は、人によって異なります。必ずしも左右対称ではなく、左右で大きさや位置が異なることもあります。また額や眉の上に現れることもあります。また肝斑と同じ場所に他のシミがあることもあります。

女性ホルモンと肌の関係

女性ホルモンと肌は密接な関係にあります。

中でも「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つの女性ホルモンは肌との関わりが深いと言えます。

エストロゲンは月経後に増加して、肌の潤いや弾力に関与するヒアルロン酸やコラーゲンの生産量を高めます。一方で、プロゲステロンは月経の前に増加していき皮膚の皮脂分泌を促します。

このように女性ホルモンは一定のサイクルで分泌量が変わっていきます。

しかし、妊娠・ピルの服用など女性ホルモンのバランスが大きく変わると肌にも様々な影響が生じます。その一つとして「肝斑」が挙げられます。

肝斑の原因

肝斑の原因は、女性ホルモンの乱れが大きく影響しています。女性ホルモンがメラニン細胞を刺激してシミの元となるメラニン色素が放出されます。メラニン色素が過剰につくられ続けることで肝斑となって目立つようになります。

肝斑で悩む女性は50代くらいまでで、閉経後は肝斑が薄くなることもあり、高齢者では肝斑は発症しないと言われています。

肝斑を治したいときにやるべき4つのこと

「閉経後に肝斑は自然に薄くなることもある」と聞いても、やはり女性なら肝斑を治したいと思うでしょう。

そこで、肝斑を改善する方法をお伝えします。

美白化粧品を使う

女性ホルモンが原因で引き起こされる肝斑ですが、メラニン細胞が刺激を受けてメラニン色素を生成するメカニズムは紫外線によって引き起こされるシミの場合と同じです。従って、美白化粧品やシミ用化粧品が有効です。

また、シミの排出を促す作用のある「ピーリング」も効果が期待できます。2週間に1度程度の間隔でピーリングケアを取り入れてみましょう。

触らない・こすらない

「肌をこすらない」ように意識するだけで肝斑が改善されることがあります。特に美顔ローラーなどを使ってマッサージをしている方は肝斑やその他のシミを悪化させる可能性があるので止めましょう。

前述したピーリングケアも、こするタイプのものではなく「ピーリング乳液」など肌に塗布するタイプのものを選びましょう。

また、クレンジングをする時、スキンケア化粧品を塗布する時、タオルで顔を拭く時など常に「優しく触れる」ことが大切です。ゴシゴシこすったり、ひっかいたりするのは厳禁です。

特に顔に直接触れるタオルやマスクなどは素材の良いものを選びましょう。

薬を服用する

肝斑に有効な内服薬(飲み薬)が存在します。

・トラネキサム酸

皮膚の中でメラニン色素がつくられるとき、「プラスミン」と呼ばれる活性因子の働きが必要であることが分かっています。トラネキサム酸はこの活性因子の働きを阻害します。つまり女性ホルモンがメラニン細胞に刺激を与えてもプラスミンが作用しないため、肝斑がつくられないのです。

トラネキサム酸の内服薬は皮膚科以外にも市販で購入することが可能です。2ヶ月程度で効果が現れると言われています。ただしトラネキサム酸は、どんな肝斑にも効果があるわけではありません。

2ヶ月服用しても肝斑に改善が見られない場合は服用を止めましょう。

なぜなら、内服するトラネキサム酸は医薬品だからです。出血を止める止血剤やアレルギー反応・炎症反応を抑制する薬として使われています。効果がないのにダラダラ飲み続けていると副作用の危険性があります。

・ビタミンC

ビタミンCはトラネキサム酸と併用して服用することが多いです。ビタミンCにはメラニンの生成抑制とメラニン色素の色を薄くする作用があります。従って肝斑の予防と改善が期待できます。

ビタミンCは老人性色素斑にも有効です。また、トラネキサム酸と違ってビタミンCはビタミン剤なので安心して服用できるでしょう。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

「桂枝茯苓丸」は漢方薬の一つです。桂枝茯苓丸にはホルモンバランスを整える作用があるため、生理不順や更年期障害に用いられます。肝斑の原因も女性ホルモンのバランスの乱れと言われているので桂枝茯苓丸が有効です。

漢方薬は体質による向き・不向きがあり、桂枝茯苓丸は赤ら顔で体格ががっちりした人に向いていると言われています。

桂枝茯苓丸についても皮膚科以外に市販やインターネットで購入できます。

・加味逍遥散(かみしょうようさん)

加味逍遥散にはホルモンバランスを整える作用に加え、血流改善効果があります。肌の生まれ変わりを高めて肝斑のシミを排出する効果も期待できます。加味逍遥散は体力がある人に向いています。

また、大きなシミは皮膚科や美容クリニックで「レーザー治療」を施して治すことがあります。しかし基本的に肝斑はレーザー治療が不向きと言われています。肝斑にレーザー治療を施して肝斑が悪化したケースも報告されています。

紫外線対策をする

肝斑の原因は女性ホルモンによる刺激と考えられていますが、肝斑が紫外線を浴びることでさらに大きく濃くなっていく可能性があります。従って肝斑を治したい方は紫外線対策が必須です。

一年中日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。また、いくら強力な日焼け止めを使用していてもこまめに塗り直さなければ効果は継続できません。

さらに、目から紫外線を浴びることで脳から肌に「メラニンをつくれ」という指令が出されます。サングラスを着用して目を紫外線から守りましょう。

肝斑を予防するにはどうしたらいいのか?

「肝斑は無いから大丈夫」と安心するのは危険です。肝斑がまだ肌の表面に現れていないだけかもしれません。既に肌の表面にある肝斑を治すには時間がかかりますが、肝斑を予防することでシミに悩まない生活を送ることができます。

肝斑を予防するためのポイントを述べます。

・規則正しい生活習慣を心がける

生活習慣はホルモンバランスに大きな影響を与えます。ストレスや睡眠不足・不規則な生活習慣はホルモンバランスの乱れを引き起こします。また、食事の内容にも気をつけましょう。ファーストフードやインスタント食品の摂りすぎは自律神経に支障をきたしホルモン分泌に影響を与えます。

偏った食品ばかり摂取せず、栄養バランスの摂れた食事を意識しましょう。そして肌のためにも睡眠時間は6時間以上確保するのが理想です。毎日規則正しく生活するように心がけましょう。

・美白化粧品(シミ用化粧品)を使用する

美白化粧品はシミの改善だけでなく新たなシミを予防する働きがあります。従って美白化粧品を使うことで肝斑を予防することが可能です。

・ピルの服用中・妊娠中は注意

ピルの服用や妊娠によって体内のホルモンバランスは大きく変化します。従ってピルの服用中・妊娠中はいつも以上に肝斑に気をつけなければなりません。特に昔から第二子出産後に肝斑が現れる女性が多いと言われています。

しかし妊娠中でのトラネキサム酸や桂枝茯苓丸の服用は基本的にできません。美白化粧品を使用して予防しましょう。

まとめ

あなたを悩ませているシミが肝斑であれば、今回説明した方法で改善が期待できるでしょう。同じ様なシミでも種類によってケアの方法はそれぞれ異なります。

肝斑は美白化粧品のみでは改善が難しいシミの一つです。まずは美白化粧品と内服薬を併せて治していきましょう。

また、肝斑を改善するにはホルモンバランスを意識した生活習慣の見直しや紫外線対策も重要です。

「まだ肝斑がない」という方も、予防をきちんとすることで将来肝斑に悩まずに済みます。1日でも早くから対策を行いましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い