小鼻の周りにシミがある方は、紫外線が原因ではなく間違った毛穴ケアによってシミがつくられている可能性があります。毛穴の黒ずみが気になる方は多いと思いますが、間違った毛穴のケアを続けているとシミが増えていきます。

「それなら毛穴の汚れは放置しておくべきなのか」というと、それもまたシミをつくる原因になってしまうのです。

毛穴の黒ずみや詰まりは正しくケアする必要があります。今回は「シミをつくらせない毛穴のケア方法」について紹介していきます。

毛穴は黒くて当然

毛穴詰まりの改善について説明する前に、知っておくべきことがあります。それは、「毛穴は元々黒い」ということです。

毛穴が黒く見えるため「毛穴に皮脂や汚れが詰まっている」と思い込んでいる方も多いと思いますが、毛穴は黒く見えて当然なのです。なぜなら毛穴は「穴」だからです。つまり、毛穴が目立つのは必ずしも汚れのせいではないのです。

毛穴が詰まっていないのに毛穴の汚れを除去しようとしても、意味がないどころか肌に負担をかけてしまうだけです。定期的に毛穴ケアを実施しているにも関わらず毛穴が黒く見える場合は、何も詰まっていない可能性が高いので必要以上にケアをしたり気にし過ぎたりしないようにしましょう。

毛穴の構造

毛穴とは毛が生えるための「穴」で、その奥には「皮脂腺」が存在します。皮脂腺からは皮脂が分泌されて、肌の表面を覆う皮脂膜を作り肌の潤いを守っています。また、皮脂は雑菌が繁殖しないようにバリア機能も担っています。

皮脂分泌に対してネガティブなイメージを持つ方も多いと思いますが、皮脂は肌の上で保湿・保護・殺菌作用といった重要な役割を果たしているのです。

そして毛穴は皮脂を分泌するための「通り道」とも言えます。従って毛穴が汚れで完全にふさがっている状態は、皮脂が十分に機能できず肌にとってマイナスです。

目立つ毛穴の種類

目立つ毛穴には大きく2タイプ存在します。

・詰まり毛穴

過剰な皮脂やメイク汚れ、古い角質などが混ざって毛穴の出口で「角栓」が作られます。角栓は空気に触れることで酸化して黒くなります。これにより、詰まり毛穴は黒く見えます。

・たるみ毛穴

たるみ毛穴は皮膚の老化によるものです。皮膚の弾力を維持するコラーゲンやエラスチンが弱ることで毛穴を支えきれなくなり、しずく状に垂れ下がった毛穴として目立ちます。

たるみ毛穴が連なるとシワになってしまいます。

毛穴がふさがると、シミの原因につながる

シミの原因は紫外線だけではありません。

毛穴が汚れ(角栓)によってふさがると、毛穴の奥で菌が繁殖しやすくなり炎症を引き起こします。長引く炎症によってメラニン細胞が刺激されメラニン(シミの元となる色素)が放出し、やがてシミとなります。

また、角栓自体が細胞を傷つけて炎症を引き起こし毛穴に存在するメラニン細胞を刺激してシミをつくることもあります。

このように毛穴詰まりは放置していると、場合によってはシミの原因となってしまうのです。

間違った毛穴ケアがシミをつくる

「詰まり毛穴を放置するとシミの原因につながる」と説明しましたが、だからと言ってやみくもに毛穴のケアをするのは要注意です。間違った毛穴ケアもまたシミをつくってしまうからです。

以下の毛穴ケアは危険と言えます。

・爪で角栓を押し出す

毛穴を爪で挟んで強く押すと、詰まった角栓が出てきます。確かに一時的に角栓は取れますが、皮膚には強いダメージが残ります。皮膚の構造が壊れてたるみ毛穴になったり、皮脂分泌が過剰になり、さらに毛穴が詰まりやすくなったりする悪循環に陥ります。

また、この強い刺激はメラニン細胞も刺激してシミの原因にもつながります。

「コメドプッシャー」と呼ばれる角栓を絞り出すための専用の器具が販売されています。爪で行うよりはマシですが、やはり肌に大きな負担がかかるのでお勧めできません。

・毛穴パック

専用のシートを鼻に貼って一定時間置いて剥がす毛穴パックは、一気に角栓を除去することができます。毛穴パックの直後は確かにきれいに見えますが、シートを剥がす際に肌に必要な角質や皮脂まで取り除いてしまいます。その結果、過剰に皮脂が分泌されたり、毛穴に雑菌が侵入しやすくなって炎症を引き起こしたりすることがあります。

頻繁に毛穴パックを使用していると皮脂分泌が過剰になって肌質がオイリー肌になることもあります。その結果、毛穴が詰まりやすくなったり、毛穴パックの刺激で炎症が長引き、シミにつながったりすることも考えられます。

・スクラブ剤

ジェルなどの中に「スクラブ」と呼ばれる小さな粒子を配合したスクラブ剤は、スクラブが角栓を吸着して毛穴の汚れを改善するものです。しかし肌をスクラブでこするので物理的な刺激がかかり肌に負担となります。

シミをつくらせない!毛穴ケアの方法とは?

それではシミをつくるきっかけを与えることなく、毛穴のケアをするにはどうしたらよいのでしょうか。「肌への負担を抑えて角栓を除去する方法」「毛穴のスキンケア方法」についてそれぞれ紹介します。

肌への負担を抑えて角栓を除去する方法

肌に極力ダメージを与えずに角栓を除去するには、「スチーマー」「酵素洗顔」「ピーリングジェル」がお勧めです。

・スチーマー

スチーマーとは、水の蒸気を顔に当てる美顔器です。通常の蒸気よりも細かい粒子が肌に浸透するため保湿効果があります。

またスチーマーの蒸気によって、毛穴が開いて汚れを浮き上がらせる効果も期待できます。毛穴ケアに用いる場合は、まずクレンジング剤でメイク汚れをきれいに落とした後、スチーマーを浴びて毛穴の汚れを浮き上がらせてから洗顔をすると良いでしょう。

スチーマーの蒸気は粒子が細かく肌に浸透していくため、メイクの上から浴びるとメイクの汚れが一緒に吸収されてしまう可能性があるので気をつけましょう。

また、洗顔後は開いた毛穴を閉じるため最後に冷水で洗って毛穴を引き締めましょう。

・酵素洗顔

酵素とは、「体内の化学反応を促進させるための物質」です。酵素は食べ物を分解・消化したり、体内で必要な物質を合成したりする働きを示します。

酵素洗顔に配合されている酵素は、タンパク質と皮脂を分解する目的で配合されています。通常の洗顔フォームは皮脂や油の分解のみでタンパク質にまで作用しません。酵素洗顔によって毛穴に詰まった角栓が分解され、毛穴がきれいになることが期待できます。

酵素洗顔で一般的に使用されている「パパイン酵素」はパパイヤの果実から抽出された天然酵素です。脂肪・タンパク質・糖質を分解することができるため、酵素洗顔以外にも入浴剤や洗剤、ダイエット効果を期待したサプリメントに用いられています。

パパイン酵素は、角栓を分解するだけでなく肌をやわらかくする作用もあります。角栓が詰まっている毛穴の周りの皮膚は、厚く硬くなっていることがあります。パパイン酵素が肌をやわらかくすることで毛穴の出口をふさがないようにすることができます。

さらに、メラニンを含んだ古い角質を除去するためシミの改善効果も期待できます。

酵素洗顔は毛穴の黒ずみを改善し、肌をやわらかくして美白効果まで期待できる優れものですが、日常使いにはお勧めできません。なぜなら酵素洗顔の作用は強く、毎日使用していると必要な角質や皮脂まで分解してしまう可能性があるからです。

また、パパイン酵素はアレルギーを生じるリスクがあるという報告もあります。アレルギー体質の方や敏感肌の方は慎重に使うようにしましょう。

従って、「毛穴の黒ずみが目立ってきた」という時のみ使用するようにしましょう。初めて使用する場合は、毛穴の気になるところに部分的に用いるようにすると肌への刺激を減らすことができます。

酵素洗顔をする注意点として、「酵素は低温では機能しない」ことが挙げられます。従って、冷水ではなく、ぬるま湯でしっかり泡立てて使いましょう。また酵素は湿気に弱いため保管するときは水が入らないように気をつけましょう。

・ピーリングジェル

スクラブ剤や毛穴パックは物理的な刺激が強いため、毛穴のケアにはお勧めできないと前述しました。しかし、スチーマーや酵素洗顔では除去できない頑固な毛穴詰まりも起こります。このような場合には、「ピーリングジェル」を用いましょう。

「ピーリングジェル」といっても酸の力で角質を溶かすタイプのものではなく、「角質ポロポロジェル」と呼ばれるアイテムを使います。

角質ポロポロジェルは、「肌をこするだけで角質がポロポロ取れる」と謳われています。しかし実際にポロポロ浮き出ているのは、配合されている高分子です。この高分子には汚れを吸着させる作用があります。

そのためピーリングジェルを使用後、毛穴の黒ずみが浮き出ているのが目に見えて分かると思います。それを絶対に無理に爪などで押し出してはいけません。スチーマーを当て毛穴を開いてから洗顔したり、酵素洗顔を用いたりすると角栓を除去できるでしょう。

しかし、ピーリングジェルも肌への負担が無いわけではありません。日常使いは避けて、毛穴が目立っているときのみ用いるようにしましょう。

毛穴のスキンケア方法

毛穴ケアでは、角栓をオフすることばかりに意識を向ける方も多いと思いますが、毛穴が詰まりにくい肌状態へ導くスキンケアも重要です。毛穴ケアに効果のある美容成分として「レチノール」「ビタミンC誘導体」が挙げられます。

・レチノール

レチノールとはビタミンAの一種です。レチノールには、肌の奥で弾力を維持しているコラーゲンを増やす働きがあります。そのため、肌の弾力を回復させてシワを改善する効果があります。

さらにレチノールは、肌の老化でコラーゲンが減り縦長に伸びてくる、たるみ毛穴に有効です。毛穴が開いたり、角栓が詰まりやすくなったりするのを防ぐ作用もあります。

・ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は多くの美白化粧品に有効成分(国に効果が認められた成分)として配合されています。シミの元となるメラニンの生成抑制作用、できてしまったメラニンの色を薄くする作用を持っています。

その他ビタミンC誘導体には、「皮脂の分泌を抑制する働き」「コラーゲンを増やす働き」があるのです。

毛穴で角栓が詰まりやすくなる原因として、過剰な皮脂分泌が挙げられます。ビタミンC誘導体が皮脂量を抑え角栓の生成を抑制します。またコラーゲンを増やす働きによって毛穴の開きやたるみ毛穴を防ぐことが期待できます。

わざわざレチノールやビタミンC誘導体が配合されている「毛穴ケア専用スキンケア用品」を揃える必要はありません。レチノールはシワをケアする多くのアイテムに配合されています。ビタミンC誘導体も多くの美白化粧品に配合されています。

今使用しているスキンケア用品の表示成分を確認してみましょう。それらのスキンケア用品を用いて、毛穴・毛穴の周りにもしっかり塗布するようにしましょう。

毛穴が目立たないようにするための生活習慣

毛穴を目立たないようにするには生活習慣の見直しも重要です。

・食事に気をつける

皮脂が過剰に分泌されると毛穴は詰まりやすくなります。皮脂分泌をコントロールするには、食事に気をつける必要があります。脂っこい物の摂りすぎに注意し、皮脂分泌を抑える働きのあるビタミンB1・B2を積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミンB1は豚ひれ、豚もも、豚ロース、うなぎ、海苔、ピーナッツ、たらこ、玄米、鶏レバー、そばに多く含まれています。ビタミンB2は豚・牛・鶏レバー、納豆、うなぎ、たらこ、卵、ブリ、椎茸に多く含まれています。

これらの食品を意識的にメニューに加えるようにしましょう。

・紫外線対策を怠らない

紫外線を浴びるとコラーゲンが壊れ、たるみ毛穴を招きます。紫外線対策は毛穴ケアに限らず美容の基本です。

紫外線のダメージは少しずつ肌に蓄積していきます。今は特に目立った肌悩みがなくても、年齢を重ねるたびにシミが出てきたり、シワになったり、たるみ毛穴が増えたりする可能性があります。

外出する日は必ず日焼け止めを塗布して1年中気を抜かずに紫外線対策を行いましょう。

・クレンジング、洗顔をしっかりする

洗顔をするとき「ぬるま湯」で洗っているでしょうか。冷水で洗顔しても毛穴は閉じてしまうため毛穴の中の汚れを取ることはできません。お風呂の中で毛穴が開いた状態のときに、ぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

またメイク汚れを肌に残さないように、しっかりメイクをした日、日焼け止めを何度も塗った日はクレンジング剤を用いて汚れをきれいに落としましょう。

・ホルモンバランスの乱れに気をつける

不規則な生活、タバコ、無理なダイエットはホルモンバランスを崩します。ホルモンバランスの乱れは肌荒れを引き起こすだけでなく、毛穴を開いてしまいます。

まとめ

生まれつき毛穴が目立たない人が存在する一方で、スキンケアをきちんとしているのに毛穴が大きく目立つ人もいます。このような個人差は男性ホルモンの分泌量が影響しており遺伝的に決まります。

従って今回紹介したような正しい毛穴のケアを行っても「どうしても毛穴が目立つ」という方は、角栓が詰まっているわけではないかもしれません。無理な毛穴ケアはシミをつくるきっかけになってしまうので、「毛穴が目立つことを受け入れる」ということも大切です。

目立つ毛穴はベースメイクをきちんとすればカバーすることは簡単です。

また今以上に毛穴が目立たないようにするために、レチノールやビタミンC誘導体が配合されたスキンケア用品を使用したり、生活習慣の見直しを行ったりして毛穴が開かないように気をつけましょう。

毛穴の汚れは放置しても間違ったケアをしてもシミにつながってしまいます。美白肌を目指すのであれば、定期的に毛穴のケアを行いましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い