「シミを消すなら、やはり高級な化粧品を使わなければいけない」と思い込んでいる方は多いのではないでしょうか。化粧品の効果は必ずしも値段に比例しません。最近では低価格の化粧品でも良いものがたくさんあります。かといって「とにかく安い化粧品ばかり使う」というのもお勧めできません。

お金をかける部分とプチプラ(プチ・プライス:お値打ち)化粧品で済ませる部分とを、使い分けることが大切です。

使用するスキンケア化粧品のブランドを統一したいと考えている方の中には、プチプラアイテムを組み込むことに抵抗を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、スキンケア商品はライン使いする必要はありません。

むしろアイテム毎に使い分けた方が経済的な上に、自分の肌の調子によって自由に変えられます。

今回は、プチプラアイテムを上手く活用してシミを改善する方法を伝授したいと思います。

プチプラ化粧品を使っても大丈夫?

「プチプラ化粧品は本当に使って大丈夫なのか」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

一つ10万円もする高級クリームもあれば、一つ1000円以下で買えるプチプラなクリームも存在します。また美白効果のある商品についても、高級な化粧品とドラッグストアなどで購入できる美白化粧品には大きな価格差があり、どれだけの違いがあるのか疑問に思っている方も多いでしょう。

例えば10万円と1000円の商品では100倍の価格差がありますが、「100倍美容効果が異なる」「安いアイテムは100倍質が悪い」ということはありません。この価格差は「容器」「香料」「美容成分」が大きく占めると考えられます。

・容器

意外かもしれませんが、化粧品の中身よりも外側の容器やパッケージの方が高コストであることは珍しくありません。

例えば汎用の形状でないデザインにこだわった容器の場合、金型(容器を成形するための型)をイチから起こす必要があり、それだけで100万円から200万円程度かかると言われています。

高級な化粧品は、きれいな箱の中のこだわりの容器に入っています。その容器のフタを開けると、内フタが付いていてさらにスパチュラ(中身を取るためのヘラ)や容器を置くための台まで付いていることがあります。また、丁寧に書かれた説明書も入っています。

これら一つ一つにコストがかかっており、商品代に含まれています。

一方で、ドラッグストアで販売されているプチプラアイテムは基本的に箱に入っていることは少なく、コストを重視した定形の容器に入っています。汎用の形状である容器の場合は、新たに金型を起こす必要はないので容器代を抑えることができます。プチプラ商品の場合、説明書きは容器の側面にびっしり書いてあります。

「全く関係のないブランドなのに使われている容器が全く同じ」ということに気づいたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、レフィル(詰め替え用)を別売りしている商品も多く見られます。容器代のコストを抑えることができるため本体価格よりも安く販売できます。

・香料

安い化粧品か高級な化粧品かどうかは、「香り」の質に大きな差があります。天然の精油は香りが弱く、いい香りを持続させるためにはそれなりの配合量が必要です。そのためプチプラ商品に高品質の精油を配合することは難しいといえます。

プチプラ商品の多くは無香料あるいはコストの安い合成香料を使用しています。この場合、石油系の原料から合成された香料が配合されているプチプラアイテムより、無賦香(無香料)の方が安心できるのではないでしょうか。

・美容成分

「プチプラアイテムと高級化粧品の違いはどこか?」と尋ねた場合、恐らく大半の消費者は「美容成分」と答えるでしょう。

代表的な美容成分として、「セラミド(肌に元々存在するバリア機能を高める物質)」や「プラセンタ(動物の胎盤から抽出した成分で保湿・美白作用がある)」、「フラーレン(ビタミンCの100倍以上の抗酸化力がある)」などが挙げられます。

これらの美容成分は原料費が高くプチプラアイテムに高配合することは難しいでしょう。一方で、高級化粧品であれば高配合することで高い美容効果が期待できます。

しかし、美容成分の中にはいわゆる「トーク成分(商品を販売する上で一番売りにしている成分)」も多く含まれています。

例えば、「幻の植物から抽出に成功したエキス」の様に希少性や新規性をアピールした成分は、ほとんどの場合がトーク成分です。トーク成分の配合量は極端に少なく、その美容効果は期待できないでしょう。

また使用実績のない新規美容成分の場合、アレルギーのリスクや肌トラブルなど副作用が生じることも考えられるため「肌に影響を与えない程度の量」になってしまうのです。

従って、使用実績が長く効果が分かっている美容成分は高級化粧品とプチプラ商品で配合量に大きな差が生じますが、トーク成分や新規美容成分はあまり差がないと言えます。

シミのケアに使うプチプラアイテムを選ぶときのポイント

プチプラアイテムを活用してシミのケアを行う際のポイントについて説明します。

化粧品は選ばない

プチプラアイテムを使ってシミを消したい場合、「化粧品」ではなく「医薬部外品」の美白アイテムを選びましょう。

美白効果を謳う医薬部外品は、美白有効成分を制限内で一定量配合する必要があり、さらに国が承認しているので安全性と効果が十分に考慮されていると言えます。

高級なシミ消しアイテムの場合、美白成分を高配合するためにあえて医薬部外品ではなく配合量の規制がない化粧品で開発することがあります。しかしプチプラアイテムをシミのケアに用いる場合、化粧品だと美白成分がほんのわずかしか配合されていない可能性があります。

従ってプチプラアイテムであっても、医薬部外品の美白用品なら安心して使えるのではないでしょうか。

「しっとりタイプ」か「さっぱりタイプ」を選ぶならしっとりタイプを選ぶ

同じスキンケアシリーズの中で、「しっとりタイプ」「さっぱりタイプ」から選べる化粧水や乳液が存在します。このような場合「しっとりタイプ」を選ぶことをお勧めします。

美容成分など基本となる成分は同じですが保湿力が異なります。

特に化粧水の場合、グリセリンなどの保湿剤を用いて保湿力を上げるには限界があります。そのために油を溶かすことがあるのですが、水に油は溶けません。そこで高圧処理をして粒子を細かくすることで油を水に溶かすことがあります。

このように「しっとりタイプの化粧水」と「さっぱりタイプの化粧水」では配合されている成分が異なるだけではなく、製造工程も異なる場合があります。つまり、しっとりタイプの方が原料コスト・製造コストがかかっていることもあり、「しっとりタイプ」の方がお得と言えるでしょう。

中には、「使用感的にさっぱりタイプが好き」という方もいらっしゃると思います。もちろん自分が心地良く使えるアイテムを選ぶのが一番ですが、「さっぱりタイプ」を使用して肌が乾燥するようであれば、やはり「しっとりタイプ」を用いるべきです。

保湿は美容の基本です。肌が乾燥しているとメラニン(シミの元になる色素)が蓄積しやすくなったり、紫外線のダメージを受けやすくなったりします。その結果シミが増えたり、今あるシミが大きく濃くなっていったりする可能性もあります。

またシミだけでなく、シワやたるみなどアンチエイジングのためにも肌がしっかり潤った状態に導くことは大切です。

大手化粧品メーカーが販売しているプチプラ商品を購入する

プチプラ商品を選ぶ際は、販売製造元のメーカーをよく見て選びましょう。以下は避けた方が無難です。

・聞いたことない名前の化粧品会社

・ドラッグストアやスーパーのプライベートブランド商品

・100円ショップで売られているスキンケア化粧品

上記はいずれも商品開発力に欠ける可能性があります。一方で大手化粧品メーカーが販売しているネット通販専用ブランドやドラッグストアなどで展開しているスキンケアブランドは安心して使うことができます。

プチプラを活用できるアイテムは?

プチプラアイテムをスキンケアに取り入れるなら「クレンジング」「洗顔フォーム」「化粧水」「シートマスク」がお勧めです。

・クレンジング、洗顔フォーム

クレンジングや洗顔料など「オフするアイテム」は肌に接する時間が短い上、結局洗い流すためお金をかける必要はありません。しかし前述した通り「1円でも安い商品」を選ぶのではなく、大手化粧品メーカーが販売しているプチプラ商品を選びましょう。

・化粧水

化粧水はケチケチ使わずにバシャバシャ塗布しましょう。コットンを用いるよりも手で直接つけることをお勧めします。コットンの繊維が刺激になるのと、たたいたりこすったりする行為が摩擦を生じて肌に負担を与えるためです。

また、いくら高級な化粧水を持っていても、少ししか塗布しないのであれば意味がありません。プチプラ化粧水なら惜しみなく使えるのではないでしょうか。

最近では500mlなどの大容量ボトルや詰め替え用リフィルを展開しているブランドも数多く存在します。

さらに化粧水を選ぶときは、前述した通り医薬部外品の美白化粧水あるいはシミ用化粧水を用いるようにしましょう。

・シートマスク

シートマスクはスペシャルケアとして使う方が多いのではないでしょうか。シートマスクも価格差が大きく、一枚10円以下のプチプラシートマスクから一枚3000円以上もする高級シートマスクまで存在します。

高級シートマスクを一度使用したからといって肌が劇的に変化することはあり得ません。高級シートマスクを月に一度使用するくらいなら、プチプラシートマスクを週2~3回使用する方が肌は潤うと考えられます。

一つ一つ個包装されたものではなく、このように大量に入ったシートマスクだとプチプライスで購入できます。

プチプラのシートマスクを自宅にストックしておいて「今日は紫外線をたくさん浴びたな」「肌が乾燥している」などと感じた時に、惜しみなくシートマスクでケアするようにしましょう。

シートマスクについては「医薬部外品」にこだわる必要はありません。医薬部外品の美白シートマスクはそれなりにコストがかかるため、プチプラにはならないからです。

お金をかけるなら、どのアイテム?

続いて、プチプラではなくこだわるべきアイテムについて説明します。

目立つシミに塗布する「部分用のシミ消しクリーム」

目立つシミは集中ケアをしなければ改善されません。また、顔全体に美白化粧品やシミ用化粧品を塗布していると、全体がトーンアップして大きなシミが余計に目立つことがあります。

従って、目立つシミには部分用のシミ消しクリームを塗布しましょう。クリームは流動性が低いので部分ケアに向いています。

クレンジング・化粧水・シートマスクをプチプラで済ませる分、部分用シミ消しクリームにはお金をかけても良いのではないでしょうか。

油の量が多い乳液・クリームは高品質なものを使う

ほとんどが水で占められる化粧水とは異なり、乳液・クリームは油と界面活性剤(水と油を混ぜるための成分)が使われています。高品質な油はそれなりの原料コストがかかるため、乳液・クリームにはある程度お金をかけた方が良いと言えます。特に油の配合量が多いクリームは使い心地にも差が生じます。

かと言って「高級なクリームでなければいけない」というわけではありません。こだわって開発されたクリームを一つ一つ試してみて、お気に入りの美白あるいはシミ用クリームを見つけると良いでしょう。

まとめ

この記事を読んでお分かりかと思いますが「お金をかけずにシミを消す」のではなく、「プチプラアイテムを組み込んでコストを抑えた分、こだわるべきところにお金を回してシミを消す」ことをお勧めしています。

このように、クレンジング・洗顔料・美白(シミ用)化粧水・シートマスクにはプチプラアイテムを取り揃え、部分用シミ消しクリーム・美白(シミ用)乳液・美白(シミ用)クリームには少しこだわった商品を選びましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い