敏感肌ブランドの「ディセンシア」をご存知でしょうか。「ディセンシア」を知らない人でも恐らく大手化粧品メーカー「ポーラ」は聞いたことがあると思います。ディセンシアはポーラが開発している化粧品ブランドの一つです。

ポーラは私が個人的に好きな化粧品メーカーです。研究力が高く、質の良い化粧品の開発から製造まで全て自社で行っているため、信頼できるブランドです。

ディセンシアの中の美白ラインである「サエル」のトライアルセットを実際に試してみました。トライアルセットは初回限定1480円(税込)で送料無料です。

サエルのトライアルセットが家に届いた

ゆうパケットにて以下のようなボックスが届きました。

中を開けてみると、トライアルセット以外にディセンシアのブランドブック、サエル商品リーフレット、お手入れガイド、注文案内のパンフレット、20%オフの割引券が同封されていました。

そして、トライアルセットは以下の4点です。10日間分お試しサンプルが入っています。

左からホワイトニングローション・ホワイトニングエッセンス・ホワイトニングクリームです。さらに1回分のお試しサンプル「ホワイトCCクリーム」も入っていました。

大きな箱が届きましたが実際のサンプルはこれだけです。

少し大袈裟に包装されているなと感じました。

ポーラ・オルビスグループ、ディセンシアについて

先ほども触れましたが、ディセンシアはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドとしてつくられました。ポーラは創業1929年、従業員数は1000人を超える大企業の化粧品メーカーです。

ポーラが扱う化粧品ブランドは百貨店のカウンセリング化粧品から、サロン専用品、ホテル・スパリゾートで扱うアメニティ商品、ネット販売専門ブランドなど数多く存在します。

ディセンシアについて

敏感肌向けブランドのディセンシアには敏感肌用ベーシックケアの「つつむ」、敏感肌用アンチエイジングラインの「アヤナス」、そして敏感肌用美白ラインの「サエル」の3つのスキンケアラインが展開されています。

ディセンシアでは「ヴァイタサイクルヴェール®」という特許技術が用いられています。肌表面をぴったり覆うバリア膜が肌のバリア機能を高め、外界からの刺激による肌荒れを防ぐだけでなく、同時にうるおいを閉じ込めてみずみずしい肌へと導きます。

「ヴァイタサイクルヴェール®」が実際にどのような膜なのか気になったので調べてみました。このベールは主に「ベントナイト」と「セラミドナノスフィア」の二つで構成されています。

・ベントナイト

「ベントナイト」とは、天然の粘土鉱物のことです。化粧品では吸着剤・増粘剤・乳化安定剤として用いられます。一般的にベントナイトはクレンジングやパック、メイク用品に使われています。

正直「敏感肌ブランドのスキンケア用品にベントナイトが配合されているの?」と驚きました。しかしよく調べてみると、ベントナイトが配合されているのはホワイトニングクリームと化粧下地のCCクリームのみでした。

ベントナイトの吸着力によって肌をぴったり覆い、バリア機能を高めます。従って肌にフタをする役割を果たすクリームの機能を高めると考えられます。

・セラミドナノスフィア

難しい名前がつき、難しい説明がされていますが、肌のバリア機能に欠かせない美容成分である「セラミド」に保湿成分を加え、それをナノサイズにしているということでした。

「ナノ化」「ナノテクノロジー」と聞くとなんだかよく分からない技術が使われているような印象を受けると思いますが、「圧力をかけてエネルギーを与えることでサイズを細かくしている」と説明すればイメージしやすいのではないでしょうか。

このような特許技術が使われた商品を実際に使用してみるのが楽しみです。敏感肌だけではなく、肌のバリア機能が低下しているアトピー体質の方にも使えるスキンケアブランドかもしれません。

トライアルセットを実際に使用してみた感想

それでは1アイテムずつサンプルの使用感や成分内容について見ていきましょう。

・ホワイトニングローション クリアリスト14ml

通常価格125ml、4500円(税別)です。有効成分としては美白成分「アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)」と抗炎症成分「グリチルリチン酸2K」の2種類が配合されています。

ビタミンC誘導体はメラニン(シミの元になる色素)の生成を抑制するほか、シミ自体の色を薄くする働きも示します。グリチルリチン酸2Kはニキビや肌荒れの改善・予防だけではなく、長引く炎症によって生じるシミを防ぐことができます。

外観は、透明なみずみずしい化粧水です。さらっとしたつけ心地ですがしっとり潤います。口コミ評価を見てみると評判は悪いですが、個人的に好きな使用感でした。125mlで4500円という価格であればそこまで高くないのでたっぷり使えるのも魅力的です。

・ホワイトニングエッセンス クリアリスト8ml

通常価格30ml、6500円(税別)です。有効成分は美白成分「アルブチン」です。アルブチンは、メラニンの生成を抑制します。美容液なのであえて他のアイテムとは異なる有効成分を配合し、様々な角度から美白にアプローチしています。

ホワイトニングエッセンスは美白美容液です。通常「化粧水・乳液・クリーム・美容液」という順序でスキンケアラインを展開しているブランドが多いですが、サエルには乳液が存在しません。従ってサエルのスキンケアでは、化粧水・美容液・クリームの順序でお手入れすることを推奨しています。

外観は、美容液というよりは化粧水に近いと思いました。使用感も正直なところ化粧水のような感じで美容液という特別感はありません。さらっとしたつけ心地で保湿力もホワイトニングローションと変わらないです。全成分を確認しましたが、美容成分の数も化粧水やクリームとたいして変わりません。

これで30ml、6500円は割高だと思います。さらに化粧水の後に乳液を使う習慣のある方はこの美容液だけだと物足りなさを感じるのではないでしょうか。

・ホワイトニングクリーム クリアリスト9g

通常価格30g、5000円(税別)です。有効成分はホワイトニングローションと同様美白成分「アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)」と抗炎症成分「グリチルリチン酸2K」のダブル主剤です。

外観は、少しクリーム色のついたツヤのあるきれいなクリームです。使用感は「みずみずしいけどコクのある濃厚なクリーム」という印象を持ちました。

ホワイトニングクリームには前述したポーラの特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」が使われています。確かに塗布後に肌の表面はさらっとした感触があるのですが、膜感が強いです。ただ、この膜感は好き嫌いがはっきり分かれると思います。

私は夜のお手入れでホワイトニングクリームを塗布すると、この強い膜感に息苦しさを感じてしまい好きではありませんでした。しかし、朝のお手入れで同じように用いてメイクをしたところ、化粧のりが良く、さらにいつもより崩れにくいと感じました。強い膜感によってメイクや皮脂から肌が守られているという感じです。

従って、夜のお手入れ用のクリームとしては個人的に好きではありませんが、朝に使うクリームとしては最適だと思いました。

・ホワイトCCクリーム クリアリスト0.6g(1回分)

通常価格25g、4500円(税別)です。SPF(UVBを防御する指標)50+、PA(UVAを防御する指標)++++です。「SPF50+」とはSPFが「50以上」ということを意味します。従ってホワイトCCクリームには非常に強力な日焼け止め効果があります。

それにも関わらず、肌に悪い「紫外線吸収剤」は使われていません。非常に高機能な日焼け止めですが、敏感肌にも優しい処方設計でつくられています。

CCクリームとは化粧下地にスキンケア効果に加え、肌色の補正効果も兼ね備えたオールインワンアイテムです。

また、ホワイトCCクリームはシミを目立たせる原因である「くすみ」をカバーするために、3色のパールが配合されています。青ぐすみにはオレンジのパールを、赤ぐすみには緑のパールを、黄ぐすみには紫のパールを配合することでより素肌を美しくみせることができます。

個人的にポーラの商品は化粧下地がお気に入りです。私は化粧崩れしやすい肌なのですがポーラの化粧下地は崩れにくく使用感もよく、ほどよいカバー力で長年愛用しています。

外観はファンデーションのように色がしっかりついています。

塗り広げてみると、毛穴もカバーされ、ツヤのあるきれいな仕上がりになりました。ただ、伸びが悪いのが残念な点です。しかしSPF50+、PA++++という高機能な日焼け止め兼、化粧下地としては優秀だと思います。

ホワイトCCクリームは夏の紫外線の強い日に使いたいアイテムです。

サエルの商品展開と価格について

サエルの商品展開は非常にシンプルです。トライアルセットに入っていた化粧水・美容液・クリーム・CCクリームのみです。クレンジングアイテムなどは存在しません。

サエル全体の価格帯としては中価格帯のスキンケアブランドといえます。同じサエルの中でも、美白化粧水は割安で、美白美容液は割高に感じました。

サエルは化粧水・美容液・クリームの3点セットで定期便を申し込むと10%の割引で金額は14400円(税別)です。また、2回目まではお試しキャンペーンにより20%オフの12800円(税別)で購入できます。

購入方法は、電話・FAX・郵送・インターネットから選ぶことができます。サエルは通販専門ブランドなため、店舗販売は残念ながら行っていません。

定期便のコースは30日・45日・60日から選べるので60日にした場合、2ヶ月で14400円です。高校生には厳しい出費となりますが20代以降であれば払えなくもない値段だと思います。

しかし、個人的には全てのブランドにいえることですがライン使いをする必要はないと思います。それぞれのブランドのお気に入りのアイテムを組み合わせて自分に合ったスキンケアラインをつくれば良いです。

私はクレンジングや洗顔料など洗い流すアイテムにはお金をあまりかけないようにしています。化粧水もたっぷり使いたいのでコスパ(コストパフォーマンス)のよいものを、乳液・クリーム・美容液はこだわった商品を使用しています。

サエルを試した総合的な感想

サエルのトライアルセットを使った良い点・残念な点を挙げてみました。

良い点

・ポーラ独自の美容成分が配合されている

サエルにはポーラが独自で開発した美容成分「白様雪(セラミド産生促進)」「エスクレシド(メラニン合成抑制)」「セイヨウノコギリソウエキス(メラニン移送抑制)」などが配合されています。

自社で美容成分を開発するためには設備の整った研究所と高い技術力が必要となってくる上、開発コストもかかります。従って多くの化粧品メーカーは原料メーカーから美容成分を選んで購入して配合しているだけで自社で美容成分えお開発することは少ないのです。

ポーラのようにメーカー独自の美容成分を開発できるのは、やはり長年のノウハウを蓄積している大手化粧品メーカーだからこそです。

・化粧水と日焼け止めが優秀

サエルのスキンケアアイテムではホワイトニングローションとホワイトCCクリームが気に入りました。

ホワイトニングローションは有効成分が2種類配合されており、美白や肌荒れ・ニキビにも効果的です。高機能な化粧水ですが価格が高くなく、コスパの高いアイテムといえます。

ホワイトCCクリームも紫外線吸収剤不使用であるにも関わらず高機能な化粧下地でした。夏は日常使いしても良いと思いました。

残念な点

・美容液はイマイチ

ホワイトニングエッセンスは特別さを感じられないアイテムでした。この美容液を使うより他の「アルブチン」を有効成分とする乳液を使う方が良いと思います。

・無香料

私はスキンケア化粧品の香りも楽しみたいタイプなので、無香料だと物足りなさを感じてしまいました。しかし、無香料とはいってもホームページ上では「天然植物成分ローズとローズマリーで賦香」と表記がありました。残念ながら私にはほとんど香りがしませんでした。

ただ、無香料は敏感肌の方や、「香料が苦手」という方にとってはうれしい点であると思います。

ディセンシア「サエル」の商品レビューまとめ

多くの化粧品メーカーが研究にはあまり力を入れずに商品開発に注力する中、ポーラは高い研究力を持ち、新しい技術を次々に開発し商品に活用していく企業姿勢が信頼できます。

そんなポーラが開発する敏感肌専用美白ブランド「サエル」は「敏感肌だから美白スキンケアは無理」だと諦めていた方や、敏感肌ではなくても「新しい美白化粧品」を探している方などには試す価値があります。