「男は色白より色黒の方がかっこいい」と信じて、日焼けしてきた男性は多いと思います。確かに、色白よりもコムギ色の肌の方が男性はたくましくワイルドに見えるでしょう。

しかし、日焼けの代償にはシミがつきものです。鏡を見た時、突然目尻や目の下に大きなシミが出来ているのを発見して唖然とした方は多いのではないでしょうか。薄くて目立たなかったシミが日焼けすることで急激に目立つことはよくあることです。

特に目尻、目の周りのシミは顔の印象を一気に老けさせてしまいます。しかし、きちんとしたスキンケアを始めることでシミを改善することは可能です。

今回はシミで悩む男性の方にスキンケア方法を紹介していきます。

目尻・目の下のシミはとにかく目立つ!

こちらのイラストをご覧ください。

左と右の男性は全く同じ顔ですが、シミがあるのと無いのでこれだけ見た目に違いが生じます。明らかに右側の方が老けて見えます。逆に言うと、今あるシミを改善することで見た目が若返るということになります。

女性の場合は、シミができてもメイクである程度隠すことが可能です。しかし男性はメイクをするわけにはいきません。特に目尻や目の下のシミは視線が行きやすいので目立ってしまいます。

また、目尻や目の下は乾燥しやすくシワができやすい部分でもあります。従って、若々しい印象を保つためにもきちんと目尻のケアをする必要があります。

こんな男性は危ない!そのシミ、さらに大きく・濃くなる可能性が!

以下の項目に当てはまるものがあると、今あるシミはさらに目立つようになる可能性があります。

・日焼け止めを毎日塗らない

日焼け止めを毎日使用しているでしょうか。

「長時間強い日差しを浴びるときだけ日焼け止めを使う」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、日焼け止めを毎日塗らないと紫外線のダメージは肌に確実に蓄積されます。

・「化粧水・乳液・クリーム」などのスキンケア用品を使わない

保湿は美容の基本です。保湿をしっかりすることで日焼けしにくくシミのできにくい肌状態に導くことができます。

・毎日ひげを剃る

「ひげを剃る」という行為は肌に負担がかかります。特にカミソリを用いてひげを剃っている場合、傷ついた皮膚から細菌が入り炎症を起こすことがあります。長引く炎症を放置していると炎症性色素沈着のシミができることがあります。

極力カミソリよりも肌に負担の少ない電動シェーバーを使うようにしましょう。また、ひげを剃る際はシェービング剤を使用して、ひげを剃った後は後述するスキンケアを行いましょう。

・タバコを吸う

タバコを吸う習慣のある方は病気になりやすいだけでなく、肌の老化スピードが加速します。美肌を目指すのであれば禁煙は必須です。

タバコに含まれるニコチンが体内に取り込まれると、その有害物質を代謝するために大量のビタミンCが消費されます。ビタミンCは病気への抵抗力を高めたり、鉄の吸収を良くしたりする働きも示します。また、皮膚へのシミの生成を防いだり既にあるシミを薄くしたりする効果もあるのです。

さらに肌の弾力を維持するコラーゲンの合成にも欠かせないため、ビタミンCが不足するとシワやたるみにもつながってしまいます。

いかがでしょうか。上記に当てはまる項目のある方は、スキンケアを習慣化させないとシミは増えていくことになるでしょう。

また、既にあるシミは紫外線を吸収することでさらに大きく濃くなっていく可能性があります。

どのようにしてシミは出来るのか

そもそもシミがどのようにして出来るのか知っていますか。

シミを改善したいと考えているのであれば、そのメカニズムについて知っておきましょう。

まずは肌が紫外線を浴びると、「エンドセリン」などの情報伝達物質(細胞内あるいは細胞間で情報を伝えるための物質)が分泌されます。この情報伝達物質を通じてメラニン色素(シミの元)をつくりだす細胞「メラノサイト」に「メラニンをつくれ!」という指令が出されます。

指令を受け取ったメラノサイトではメラニン色素がつくられ始めます。まずは「チロシン」というアミノ酸がつくられて「チロシナーゼ」という酸化酵素によってメラニン色素ができます。

メラノサイトでつくられたメラニン色素は肌の表面の細胞に徐々に受け渡されて、やがて肌の生まれ変わりと共に肌の一番表面に押し出されます。これが「シミ」として目立つようになるのです。

美白化粧品ではこれらのシミ生成のメカニズムに働きかけてシミを予防・改善します。

例えば情報伝達物質が伝わらないようにしたり、「チロシナーゼ」の働きを阻害したり、メラニン色素の受け渡しを抑制したり、メラニン色素の色を薄くしたりする、といった具合です。

スキンケアの誤解!「美白化粧品を使用しても白くはならない」

日焼け止めや美白化粧品・スキンケア用品の使用をためらう男性がいます。理由を聞くと「色白になりたくないから」と答えます。

しかし、日焼け止めを塗ったからといって色白になるわけではありません。もちろん、美白化粧品を使用したからといって急に白くなることもないのです。

基本的に、化粧品では地肌の色より白くなることはありません。「元々色白だから地肌の色に戻ったら困る……」という方は、シミの部分にだけ美白化粧品を使えば良いのです。

また、スキンケア用品を使うということ自体に抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、近年男性の美意識が高まり男性用化粧品が次々と市場に投入されています。

従ってスキンケアを行っているから「女々しい」「恥ずかしい」と思うことはありません。

むしろ早くからスキンケアを取り入れることで、10年後20年後の見た目の若々しさに大きな違いが生まれます。1日でも早くスキンケアを習慣付けましょう。

目尻のシミを消す方法

それでは目尻のシミを消す方法についてご紹介しましょう。ここで紹介する方法は目尻以外のシミにも有効です。

・顔全体のスキンケアは1アイテム(乳液あるいはクリーム)で良い

美容の基本である「保湿」は肌悩みの有無に限らず行いましょう。洗顔後、お風呂上りの後、ひげを剃った後に保湿効果のあるスキンケア用品を塗布します。

本来、化粧水・乳液・クリームの順にスキンケアを行いますが、いきなりたくさんのアイテムを塗布しようとすると継続しない可能性があります。

従って保湿効果のある「乳液」か「クリーム」のみでかまいません。特に伸びがよくベタつきにくい乳液がお勧めです。

また、男性用化粧品にこだわる必要はありません。むしろ男性用化粧品の場合は仕上がりがさっぱりしたものが多いため、保湿効果が弱い可能性があります。

・医薬部外品の「美白クリーム」を目尻など気になる部分にのみ使う

男性の場合は「顔全体を美白したい」というより「気になるシミを改善したい」という方が多いと思います。従って、気になるシミの部分にのみ医薬部外品の美白化粧品を用いてケアしましょう。

しかし「医薬部外品の美白化粧品」と言っても、どれが医薬部外品の美白化粧品なのか分からないと思います。

医薬部外品とは、国が効果を認めた有効成分を配合し厚生労働省が許可したものを示します。基本的に「美白」という言葉は医薬部外品にしか表記できないことになっています。

パッケージをよく見て「美白○○」といった商品名のものを選ぶようにしましょう。

続いてアイテムについてです。

目尻のシミに使える「部分用美白美容液」や「部分用美白クリーム」が販売されています。部分用のものや美容液は分量が少なく、割高な価格設定になっています。いくつかの美容成分を少し加えただけであり、内容的には「美白乳液」や「美白クリーム」と大きく変わりません。

従って「部分用」や「美容液」のアイテムにこだわる必要はありません。クリームは部分的に塗布するのに向いているので「美白クリーム」を用いるようにしましょう。

そうすることで価格を抑えることができます。

・美白有効成分は「ビタミンC誘導体」を選ぶ

前述した通り、美白有効成分には「シミの生成を防ぐ」ものと「シミの色を薄くする」作用を示す成分があります。ビタミンC誘導体はこれら両方の作用を持つ優れた美白有効成分です。

ビタミンC誘導体とはビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたものです。

ビタミンC誘導体はパッケージの表示成分では「アスコルビン酸~」と表記されます。

また、ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する働きがあります。特に男性の場合、皮脂の過剰分泌による顔のテカリを気にしている方は多いのではないでしょうか。その場合はテカリが気になる部分にも美白クリームを塗布するようにしましょう。

「顔全体を美白したい」という方は、保湿乳液を塗布した後に美白クリームを顔全体に用いましょう。

さらにビタミンCには、前述した通り皮膚の弾力を維持するのに必要なコラーゲンを合成する働きがあります。コラーゲンが不足すると皮膚の構造が崩れてシワやたるみにつながってしまいます。

ビタミンC誘導体を有効成分とする美白クリームを用いることで、シミを改善・予防するだけではなく皮脂の過剰分泌を抑え、シワやたるみの生成を防ぐことが期待できるのです。

・食生活にも気をつける

私たちの体は普段口から摂取している食べ物からつくられています。皮膚も皮脂も食べ物が分解・吸収されてできています。従って肌の状態を整えるためには、食生活に気をつける必要があります。

食品添加物や化学調味料がたくさん使われた食品は控え、和食を中心とした食事を摂るようにしましょう。

また、豊富なビタミンを摂取するために肉ばかりではなく野菜やフルーツも積極的に食べましょう。

まとめ

男性の場合、目の周りなどのシミが目立つようになっても「どのようにケアをしたらいいか分からないから放置している」という方が大半だと思います。そのまま紫外線を浴び続けていると、そのシミはさらに大きく濃くなっていく可能性があります。

今回紹介したスキンケアを行えばシミを薄く、さらにこれからできるシミを防ぐことができます。手間もお金も大してかからないので、継続できるのではないでしょうか。

また、美肌づくりは健康な体づくりにもつながります。できるだけ早くからスキンケアを取り入れることで、いつまでも若々しい外見を保つことが期待できます。

あなたも今日からスキンケアを始めてみてはいかがでしょうか。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い