妊娠は体に様々な変化をもたらします。お腹に突如現れる「妊娠線」「正中線」もそのひとつです。産後、妊娠線や正中線が目立って「ビキニが着られない」という方もいらっしゃいます。

妊娠線・正中線はきちんとケアをしないと産後も残ってしまいます。一方で、妊娠中から適切なケアをすることで予防が可能です。

妊娠線・正中線の予防と産後ケアについて詳しく見ていきましょう。

妊娠線とは?

妊娠線とは、「ストレッチマーク(肉割れとも呼ばれます)」のひとつで皮膚が急激に伸びることで生じる線のことです。ストレッチマークは女性に限らず男性にも現れます。

例えば、成長期で急激に身長が伸びたり、急激に太ったりするとストレッチマークができてしまいます。

ストレッチマークができるメカニズム

皮膚は表面から表皮・真皮・皮下組織と3つの層に分かれています。妊娠などで、皮下組織に存在する皮下脂肪が急激に増えると、表皮はある程度伸びるものの、真皮・皮下組織はその伸びについていけず断裂が生じます。

真皮では肌の弾力を維持しているコラーゲンやエラスチンなどの弾力繊維が切れてしまい、凹凸ができて肌表面からは断裂面がくっきり見えるようになってしまいます。

亀裂の入り方には個人差があり、スイカのような模様になったり、稲妻のような線ができたりします。

妊娠線は消えないが予防は可能!

一度切れたコラーゲンやエラスチンは元に戻ることはありません。従って、一度できてしまった妊娠線は残念ながら消えないのです。

しかし妊娠線を含むストレッチマークは、「保湿すること」「体重をいきなり増やさないこと」で予防することができます。

保湿すること

お腹が大きくなり始めたら妊娠線の予防ケアを始めましょう。「お腹が大きくなり始めるサインが分からない」という方もいらっしゃるかと思いますが、妊娠4ヶ月頃からお腹が膨らみ始めます。また、その頃お腹が急にかゆくなることもあるのですが、それも皮膚が引っ張られている証です。

従って妊娠4か月頃、あるいはかゆみを感じ始めたら妊娠線予防のケアを始めましょう。

ではどのように保湿ケアをしたら良いのでしょうか。

最近では、様々な妊娠線予防のスキンケア商品が販売されています。妊娠中は特に肌に使用するものに対して慎重になると思います。従って、なるべく余計な成分が配合されていないシンプルな処方設計の商品を選ぶようにしましょう。

妊娠線予防アイテムには乳液タイプ・クリームタイプ・オイルタイプなど様々な剤型があります。お勧めはオイルタイプです。

乳液やクリームには界面活性剤(油と水を混ぜるための成分)が配合されますが、オイルの場合はより自然な成分のみで作ることが可能だからです。

さらに保湿力が高い上に伸びが良く、肌を柔らかくする作用もあります。マッサージにもオイルは適しています。

価格は張ってしまいますが、なるべく天然のオイルを使用した商品を選ぶようにしましょう。

そして毎晩お風呂上りに、皮膚が最も伸びるお腹を中心に、他にも妊娠線ができやすいバストや太もも・お尻の辺りも塗るようにしましょう。

特にお腹はマッサージをしながら塗布すると、皮膚が柔らかくなり伸びやすくなるためより効果的です。

ただし、お腹が張っているときのマッサージは控えましょう。

体重をいきなり増やさない

妊娠線の予防に保湿と同じくらい重要なことが「体重の増加に気をつけること」です。妊娠中の体重管理は高血圧や糖尿病の発症リスクを抑えるためにも大切です。

妊娠中の体重増加の目安は標準的な体型で7~10キロに抑えることが理想的と言われています。妊娠線を予防するためにも、体重増加の範囲を7~10キロで守るようにしましょう。さらに、妊娠線の予防ではこの体重を徐々に増加していくことがポイントになります。

体重が急激に増えると皮膚が急に伸びることになり皮膚の断裂を招きやすくなります。一方で徐々に体重を増やすことで少しずつ皮膚が伸びるため、妊娠線ができにくくなるのです。

このように妊娠線は保湿と体重管理を徹底することで予防できます。

また、妊娠線は体質・その時の状態によってできやすい場合とそうでない場合があります。以下に妊娠線ができやすい人を示します。

・乾燥肌の人

乾燥肌の人は、皮膚が伸びにくい状態ですので肌に断裂が入りやすい状態と言えます。

・双子あるいは三つ子を妊娠中の人

双子や三つ子を妊娠中の妊婦さんは通常の妊娠よりもお腹の膨らみが大きくなるため妊娠線もできやすくなります。

・小柄な人、やせ型の人

小柄な体型ややせ型の人は、元々持っている皮膚面積が狭いためよりお腹が引っ張られてしまいます。

・高齢出産の人

年齢と共に肌を支えているコラーゲン・エラスチンといった弾力繊維は減ってきます。従って高齢出産の場合、皮膚に断裂が生じやすくなってしまいます。

このように妊娠線ができやすい方はより注意してケアするようにしましょう。

続いて妊娠線と同様、妊娠によって目立つ正中線について説明します。

正中線とは?

正中線は妊娠線とは異なり、妊娠が原因でできるものではなく男性も女性も元々生まれたときから存在します。それが妊娠によって目立ってしまうのです。

私たちの身体は細胞分裂を繰り返してできています。そのため体の中央部分には細胞分裂の痕とも言える線が残っているのです。お腹の正中線以外にも、鼻の下の線やあごの割れ目は細胞分裂の痕です。

正中線が目立つメカニズム

それではなぜ妊娠によって正中線が目立ってしまうのでしょうか。それにはふたつの理由があります。

一つ目はお腹が膨らむことによって正中線が浮き上がってしまうからです。

二つ目は「メラニン」が原因です。妊娠中は女性ホルモンが増加し、メラニン細胞を刺激することでメラニン色素が放出されシミができやすい状態になります。そのメラニン色素が正中線に蓄積することで、色の濃いくっきりした縦線(正中線)になってしまうのです。

正中線は美白ケアで薄くすることが可能!

妊娠中の正中線はお腹が膨らんでいる限り、目立たないようにすることはできませんが産後きちんと美白ケアすることによって薄くすることが可能です。

前述した通り、正中線は元々目立たなかった線がお腹の膨らみとメラニン色素の蓄積によってはっきり見えるようになってしまいます。

産後お腹の膨らみは元に戻りますが、蓄積したメラニン色素はきちんとケアをしない限り消えません。

「正中線をなるべく早く目立たないようにしたい!」という方は妊娠中から正中線の部分に美白アイテムを塗るようにしましょう。

顔用に使っている美白アイテムをそのまま塗ってかまいません。「正中線専用クリーム」も販売されていますが、中身の割に価格が高く設定されています。

中にはインターネットなどで「正中線専用のクリームでなければならない」と言われているのを見かけますが、メラニンをターゲットとした顔用の美白スキンケアで十分に効果が期待できます。

また「顔と体の皮膚の構造が違うから体用の美白商品を使うべき」という声も目にしますが、メーカーが美白商品の開発で力を入れるのは「顔用のアイテム」です。ボディケアよりスキンケアにお金をかけるお客さんが圧倒的に多いからです。

従って普段使用している美白クリームなどを正中線の部分に塗布するようにしましょう。

色の濃くなった正中線にはメラニンの色を薄くする効果のある「ビタミンC誘導体入りの美白商品」を使いましょう。また、メラニンの排出を促す効果のあるピーリング作用のあるアイテムも正中線を薄くする効果が期待できます。

まとめ

妊娠線は妊娠中の保湿ケア・体重のコントロールによって予防が可能です。正中線は美白ケアによって予防・改善の両方が可能です。

妊娠中・産後はなかなか自分のケアに時間を取れないことも多いとは思いますが、毎日数分間ケアに充てることでその後のボディの美しさも変わってきます。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い