smile-122705_640

白く透き通る肌をしている女性であっても、黄色い歯であるとがっかりしてしまいます。

肌が白いと歯の黄ばみはよけい目立ってしまいます。美白ケアを始めたのであれば、同時に歯のホワイトニングケアも行ってみましょう。

特に日本人は欧米人に比べて歯に対する美意識が低いといわれています。

白い歯と共に、健康な歯は美肌にも直結しています。白い歯も目指すと共に歯の健康も意識すれば、美白にも美肌にも磨きがかかるでしょう。

歯が白くきれいであることの重要性

第一印象で最も重視するポイントは「口元」だといわれています。好印象を与えるには、笑顔を見せたときに白い歯であることが大前提です。

例えば、アメリカでは面接の際に歯の白さも評価されます。歯が黄色いと「この人は自己管理ができない人」だと判断されてしまうそうです。「アメリカに住まないから関係ない」と思われる方はいるかもしれませんが、第一印象は日本社会でも重要です。歯が白いに越したことはありません。

また、歯の白さだけではなく、歯と歯茎が健康であることは美肌にも直結しています。なぜなら歯が抜けてしまったり、歯茎に病気があったりすると口の筋力が弱ってしまうからです。その結果、顔がたるんだり、ゆがんだり、シワをつくったりしてしまいます。

顔の左右バランスが悪かったり、急なたるみやシワができたりした場合、原因は口の中にあるかもしれません。この場合はいくら高級な化粧品を使っても改善は期待できないでしょう。まずは歯を治すことから始めなければなりません。

つまり歯を白くきれいに保つことを心がけることで歯、歯茎の健康も意識することができます。「歯を健康に保つ=アンチエイジング」ということを忘れずに、美容の一環として歯のホワイトニングも取り入れてみてください。

歯磨き粉でホワイトニング

歯並びはすぐに改善できませんが、歯の色は自分の努力次第で改善できます。それでは、自分でできるホワイトニングケアについて紹介します。

歯磨き粉を選ぶさいはホワイトニング効果のあるものを選びましょう。ホワイトニング効果のある成分は以下の通りです。

・ヒドロキシアパタイト

ヒドロキシアパタイトはリン酸カルシウムの一種で歯や骨の成分にも含まれています。歯磨き粉の中でヒドロキシアパタイトは研磨剤として配合されています。

歯の表面の汚れたところを磨いて削ぎ落とし、歯をきれいになめらかにします。化粧品でいうとピーリングに近いイメージです。

・シリカ

シリカは無水ケイ酸とも呼ばれ、歯磨き粉だけでなくメイクにも広く使われている原料です。ヒドロキシアパタイトと同様に研磨効果があります。

・PEG-8

PEG-8はポリエチレングリコール8の略で、化粧水などにも刺激を減らす目的で用いられています。安全性の高い成分です。PEG-8にはタバコのヤニなど歯に色をつけてしまう色素性沈着物を溶かす作用があります。

・PEG-600

PEG-600はポリエチレングリコール600の略でスキンケア用品の保湿剤として使われています。PEG-600にも色素性沈着物の溶解作用があります。

・ポリリン酸ナトリウム

ポリリン酸ナトリウムは変色防止の目的で食品添加物として利用されています。歯磨き粉の中では、歯の汚れの着色除去の作用があります。

・ピロリン酸ナトリウム

ピロリン酸ナトリウムも食品添加物として使われている成分です。ピロリン酸ナトリウムは歯の表面の汚れを化学反応で浮き上がらせて除去することができます。

歯磨き粉を購入する際はこれらの成分が配合されているものを選びましょう。

日常生活で気をつけること

ホワイトニング効果のある歯磨き粉の使用だけではなく、日常生活でも歯のホワイトニングや歯の健康のためにできることは取り入れましょう。

ステインの多い飲み物はなるべく避ける

ステインとは、歯の着色汚れの原因になる色素性沈着物のことです。ステインを多く含む飲み物にはコーヒー、紅茶、緑茶、赤ワイン、コーラなどがあります。

「赤ワインやコーヒーは毎日飲む習慣があるから辞められない」という方は量を減らしたり、飲んだ後は水を飲んでステインが歯の上に残らないように気をつけたりしましょう。

タバコをやめる

ヘビースモーカーの人の歯を見るとわかると思いますが、タバコのヤニは歯を黄色くします。たばこ自体が肌だけでなく歯にも体にも悪いものです。1日でも早くタバコをやめましょう。

やめられない人はタバコを吸った後、こまめに歯磨きをするとステインの予防になります。

口呼吸をやめる

口呼吸は唾液を乾燥させてしまいます。唾液には殺菌作用があるため、唾液が減ると虫歯や歯周病にもつながります。これらの病気は、口の中の老化だけではなく肌の老化にもつながります。

また、口呼吸は歯並びを悪化させたり、歯の着色をすすめたりします。前歯は、呼吸によって圧力が直接かかるので、日常的に圧がかかると出っ歯になってしまいます。また、前歯は特に空気に触れやすいので、ステインが付着するとそのまま乾燥して色が定着しやすくなります。

「自分は口呼吸をしていない」と思っている方でも無意識のうちに口が開いていたり、寝ているときに口呼吸になったりしてしまいます。日常的に「口を閉じること」を意識するようにしてください。

手磨きに加え、歯間ブラシ、電動歯ブラシも活用する

手で磨く歯ブラシだけではなく、歯間ブラシ(フロス)や電動歯ブラシも併用しましょう。

特に歯の健康には歯間を清潔に保つことが大切です。歯間に詰まった小さな食べカスが腐ることによって、虫歯や口臭、歯周病といった口の中のトラブルを招くことがあります。

隙間の細い歯間には歯ブラシは届きません。歯磨きの後は歯間ブラシやフロスを使って歯間もきれいにするように習慣付けるとよいでしょう。

また、電動歯ブラシも手磨きと併せて行うとより歯のホワイトニング効果が期待できます。人の手で動かすには限界がありますが電動歯ブラシは歯の表面をきれいに磨いてくれます。なめらかでつるつるした仕上がりになるのです。

ただ注意していただきたいのが、電動歯ブラシは仕上がりがつるつるなので細かく磨けた気になると思います。しかし電動歯ブラシは手で磨くときのように角度を変えられないため、歯の裏など歯ブラシが当たらない部分ができてしまいます。

そのため、手で磨く歯ブラシと併せて使用することをおすすめします。

まとめ

白い歯は第一印象を良くすることができます。美白を目指すなら歯のホワイトニングも同時に始めましょう。白い歯も大事ですが、それ以上に健康な歯を維持することがアンチエイジングにつながります。

歯のホワイトニングでは研磨剤やステインを除去する効果のある成分が含まれた歯磨き粉を使用するようにしましょう。

またステインの多い飲み物、タバコはさけて日常生活から改めましょう。口呼吸をしないように意識することも大切です。歯磨きに加えて歯間ブラシを使って歯間のケアを実践することも歯と歯茎の健康につながります。

ぜひ白い歯、健康な歯を手に入れて美白に磨きをかけましょう。


美白で失敗しない化粧品の選び方とは

シミやそばかすを退け、美しい美肌を目指すときに美白化粧品は欠かせません。化粧品に含まれる美白成分を活用することで、ようやく美しい肌を手にすることができます。

もちろん、このときは紫外線対策や生活習慣の改善も必要です。ただ、生活面での対策をすれば問題ないのかというと、それでは不十分です。美白化粧品を活用して、適切な美白対策をしなければいけません。

例えば、病気のときは「体の自然治癒力」に頼るだけでは不十分であり、薬によって症状を抑えることでようやく改善していきます。これと同じように、美白になるように化粧品によって補佐する必要があります。

ただ、美白化粧品は世の中にたくさん存在します。ただ、人によって肌質は大きく異なるため、適した化粧品はそれぞれ違います。そこで、どのような美白化粧品が良いのか厳選して掲載しました。化粧品選びでの失敗を避け、効果的な美白を実現させましょう。

オススメの美白化粧品と特徴の違い